ワーキングホリデー

ワーキングホリデーの仕事探し

ワーキングホリデーの仕事探しオーストラリアはワーキングホリデービザ発給数が世界一であり、年齢制限も30歳までとなっているため、学生から社会人まで数多くの人がオーストラリアへ訪れています。また、ワーホリビザを取得する年齢層の平均は26.2歳となっており、いったん社会に出て資金を貯めてからチャレンジする方が多いと言えるでしょう。ワーキングホリデーは限られた年齢の間に与えられた特権ですので、ワーホリビザを利用してオーストラリア生活を堪能しましょう。なお、ビザの申請条件については、以下のようなルールがあります。

Q1. 仕事は簡単に見つかりますか?

A.滞在する場所にもよりますが、選ばなければ見つかります。

ワーキングホリデーの仕事探しオーストラリアでは様々な仕事があり、求人数も多いため選ばなければ比較的簡単に見つけることができます。基本的には日系のレストランや、日本人向けにサービスを提供している企業となりますが、その場合あまり英語レベルは求められないため、より見つけやすくなります。日本食レストランではオーナーが日本人もしくは韓国や中国などのアジア系となるため、日常会話程度の英語力でも通用すると言えるでしょう。一方、日本人やアジア系が集まりやすい環境となるため、英語力の上達はあまり見込めないということになります。しかし、もし現地のネイティブ環境で働きたいということであれば現地系企業の仕事を探すことになります。そのためには高い英語力(TOEIC700~900点程度)が求められることとなります。

Q2. どんな仕事がありますか?

A.職種は様々ですが、アルバイトの範囲内で働くことになります。

ワーキングホリデーの仕事探しワーホリビザの場合はセカンドワーキングホリデーの期間を入れて、滞在期間が最長2年あるため、長期的に1つの企業で継続して働くことが難しくなります。そのためできる職種は限られており、基本的には「アルバイトの範囲内」ということになります。オフィスなどで事務職として働くイメージを持つ方も数多くいらっしゃいますが、実際はアルバイトとして働くとなるとかなり厳しいでしょう。看護師やエンジニア、美容師など手に職系の資格を持っている方はその分野での仕事を見つけることも可能です。英語力が高ければ高いほど、ネイティブ環境に入って働ける可能性は高くなります。英語力が十分でない場合は、日本資本の会社や日本人相手の仕事が多くなります。

現地でのアルバイトの例

  • キッチンハンド/ホールスタッフ
  • ツアーガイド(ツアー会社)
  • ファーム(牧場・フルーツピッキング・工場など)
  • ショップアシスタント(免税店、お土産屋など)
  • オフィスワーク(留学関連・携帯電話の販売など)
  • スーパーのレジ打ち・在庫管理など
  • ベビーシッター

Q3. 仕事はどのように探したらいいですか?

A.様々な方法がありますが、学校での口コミやインターネットが主流です。現地入り後、当社の方からもアルバイトの探し方は改めてアドバイス致しますが、概ねアルバイトは以下の媒体を通して探していく形となります。

アルバイト探しに利用する媒体

インターネットサイトから探す

日本人向けの情報サイトのクラシファイド欄で仕事を探すという方法です。現地系の企業サイトもありますが、全て英語での求人となります。

日本人向け情報誌の求人欄

定期的に発行される、現地日本人のためのマガジンの求人欄で仕事を探すという方法です。

現地新聞の求人欄

現地のオージー向けに発行された新聞の求人欄で仕事を探す方法です。現地の方向けの求人ですが、英語力と経験があれば採用して貰える可能性もあります。

周囲の口コミ

語学学校やホームステイ先で、すでに働いている人や滞在歴の長い人から情報をもらう方法です。運が良ければ先に帰国する人からそのまま仕事を紹介してもらえる可能性があります。

履歴書をもって直接飛び込み

自分で気に入ったお店を見つけたら履歴書をもって交渉する方法です。繁忙期は迷惑がかかる場合もあるため、一度電話を入れてから履歴書を持ち込んだ方が良いでしょう。

Q4. 時給/給料はいくらくらいですか?

A. 日本よりやや高くなります。相場は1,000円~1,500円になります。

ワーキングホリデーの仕事探しオーストラリアのアルバイトの時給の相場は、日系企業か現地系企業化で大きく違ってきます。アルバイト収入の平均は、日本食レストランやお土産屋さんで働いた場合だと$10~$12くらいとなりますが、現地系のカフェやレストランで働いた場合は$20以上もらえるところも珍しくはありません。また、ファームの仕事だと、給料の代わりに宿泊先と食事を提供しているところもあります。都市部から離れた郊外の田舎で働くということになるため、周囲の口コミで評判を聞いたところに行くのが確実でしょう。

フルタイムで働いた場合は生活費+αの収入となるため、現地の生活費を賄いながら生活することが可能です。土日も働く場合だと旅行資金や語学学校に通う資金などの貯金も十分可能な給料水準となります。

Q5. 仕事に英語力はどのくらい必要ですか?

A.職種によります。

ワーキングホリデーの仕事探し日本食レストランやお土産屋さんの場合は、それほど英語力は求められません。そのため、入国してすぐに仕事を始めるのは不可能ではありませんが、ほとんどの仕事では日常英会話レベルの英語力が必要とされます。まったく英語がわからない場合はほとんど求人がないと言えるでしょう。目安としては、日系の企業であればTOEIC300点~600点程度(初級~中級)の英語が求められ、現地系の企業であればTOEIC700~900点程度が(中上級~上級)求められることになります。英語環境かつ時給の高い現地系の企業で働きたいということであれば、現地の語学学校に通い英語力をアップさせてからでないと厳しいでしょう。または、フィリピン留学と組み合わせての2カ国留学で効率的に英語力アップを行い、その後にオーストラリアに入国するプランであれば、スムーズに仕事が見つけやすくなるでしょう。

Q6. 税金はどうなりますか?

A.雇用主が代わりに納めてくれます。

税金は日本と同様に、源泉徴収で雇用主が納めてくれることになっています。そのため、タックスファイルナンバー(TNF)という働く際に必ず必要となる管理番号を取得し、その番号を雇用主に提出するということになります。オーストラリアにてワーホリビザ取得者として働いた場合は、非居住者扱いとなりオーストラリア人よりも高い32.5%の税金を徴収されることになります。

カテゴリー: ワーキングホリデー パーマリンク
2カ国留学
無料カウンセリング
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング