現地の生活情報

ニュージーランドの祝日

ニュージーランドはキリスト教徒の多い国であるため、クリスマス周辺の祝日の他にも日本では馴染みの少ないイースターなどの祝日もあります。ニュージーランドの祝日には語学学校はお休みとなり、祝日によってはお店やレストラン、スーパーマーケット等もすべて閉店となる場合があります。短期留学の場合は渡航期間中に祝日が被っていないか確認しておくことをお勧めします。年末年始は1週間、学校を閉校とする語学学校もあるため学校を検討する際にはご注意ください。渡航期間中にクリスマスやイースターの祝日があり、ホームステイでの滞在中であればニュージーランドらしい祝日を体験することができる良い機会となります。こちらではそれぞれの祝日についてご紹介します。下記の祝日の他にも、各都市によって定められた祝日もあるため、渡航都市が決定したら一度調べてみてください。

1月1日:元日(New Year’s Day)

ニュージーランドの祝日ニュージーランドでは年末年始は現地の学校の長期休暇中となっています。元日は語学学校が休校となり、また公共機関のほとんどが閉店します。コンビニエンスストアや土産店は開店している場合もありますが、スーパーマーケットやショッピングセンターなども閉店となるため、何か必要な物がある場合は年末に調達しておくことをお勧めします。ニュージーランド各地で年越しのイベントが開催されており、みなさんイベントを楽しんでいるため元日はゆっくりと家族と過ごしたりされる方がほとんどです。

1月2日:元日翌日(Day After New Year’s Day)

元日の翌日も日本と同じく休日となります。元日に引き続き、ゆっくりと家族や友人と過ごされる方がほとんどです。語学学校や公共機関はお休みとなっているため、必要な物がある場合はあらかじめ年越し前に購入しておくようにご注意ください。また開店していても通常よりも短い時間での営業の可能性もあるため、事前の確認が必要となります。

2月6日:ワイタンギデー(Waitangi Day)

ワイタンギデーは、ワイタンギ条約の記念日ということで祝日になっています。ワイタンギ条約は、マオリ族とイギリス王権との間で絶えなかった衝突を終結させるために1840年に結ばれた条約ですが、イギリスが支配しているような表現であったために1975年に再審議され、表現が変更されました。それ以降、記念日としてニュージーランドではお祝いの式典やイベントなどが開催されるようになりました。ニュージーランドの文化に触れられる祝日ということもあり、ぜひイベントに参加されることをお勧めします。

3~4月の復活祭前の金曜日から月曜日まで:イースター・ホリデー(Easter Holiday)

ニュージーランドの祝日キリスト教徒の多いニュージーランドでは、イースター・ホリデーという祝日が復活祭前の聖金曜日からイースター・マンデーまでの4日間設けられています。聖金曜日は、イエス・キリストが自ら選んで十字架刑により命を落とした日であり、3日後のEaster Mondayまでの4日間はキリスト教徒にとってはとても重要な日となっています。同じく祝日であるため、多くの公共機関が営業をお休みしています。

4月25日:アンザック記念日(Anzac Day)

ニュージーランドの祝日アンザック・デーは、第一次世界大戦のガリポリの戦いで戦ったオーストラリア・ニュージーランド軍団(ANZAC)の兵士たちを追悼するために設けられた休日です。各地で兵士を追悼する式典が開かれ、戦いに参加したすべての兵士のための記念日とされています。

6月第1月曜日:女王誕生日(Queen’s Birthday)

ニュージーランドはイギリス連邦に加盟している英連邦王国の一国であるため、イギリスの女王エリザベス2世の誕生を祝う日を祝日としています。6月の第1月曜日のため、前の週末から3連休のロングウィークエンドとなっており、多くの方が家族や友人との時間を過ごしています。またこの時期はニュージーランドではスキーシーズンの到来ということもあり、スキーに出かける方も多くいらっしゃいます。この日も学校は休校、公共機関のほとんどが営業していないためご注意ください。

10月第4月曜日:労働記念日(Labour Day)

この日は普段仕事をしている人も休みとなり、週末と合わせると3連休となるため小旅行に出かけたりする方が多くいらっしゃいます。日本の勤労感謝の日と同じような意味合いを持つこの日は、ほとんどの方がゆっくりと過ごされますが、市街地では労働者の権利を主張するパレードなども行われています。

12月25日:クリスマス(Christmas)

ニュージーランドの祝日ニュージーランドは南半球に位置しているため、ホワイト・クリスマスではなく常夏のクリスマスとなります。ですがお祝いの方法はアメリカやカナダのように、クリスマスツリーを飾りクリスマスらしいローストやハム、デザートなどを家族で囲んでお祝いをします。イースター同様とても重要な祝日のため、学校は休校、コンビニエンスストアなどを除くほとんどの公共機関が閉店しています。この時期にホームステイに滞在されていると、日本とは違ったクリスマスを体験できます。

12月26日:ボクシングデー(Boxing Day)

クリスマス翌日はボクシングデーと呼ばれる日で、日本では馴染みのない祝日で、元は貧しい人々のために寄付されたクリスマスプレゼントを開ける日としてはじまりました。今では各ショップがボクシングデーセールを開催し、洋服や電化製品などほとんどのお店で破格で買い物ができる日となっているため、多くの方がショッピングに繰り出します。普段はあまり並んだりする文化はありませんが、この日は目当ての品を購入するために、開店前の朝早くからお店の前に並んでいる姿も見られます。

カテゴリー: 現地の生活情報 パーマリンク
2カ国留学
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
留学ドットコム
「一歩進んだ」留学に役立つ情報が手に入る!
ワーキングホリデー無料留学説明会
留学について思い立ったら…まずはコレ!
資料請求<無料>
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求