HOME矢印 ニュージーランド留学・ワーキングホリデー矢印 ニュージーランドのワーキングホリデー制度

ニュージーランドのワーキングホリデー制度

ニュージーランドのワーキングホリデー制度ワーキングホリデー(ワーホリ)制度とは日本とニュージーランド二国間の協定に基づいて、18歳から30歳(申請時)までの青少年に1年間の休暇(ホリデー)を目的とした入国および滞在期間中の資金を補うための就労を認めた海外留学の一種です。ニュージーランドへ渡航するためのワーキングホリデー制度は、広い国際的視野を持った青年を育成すること、2国間の相互理解や友好関係を促進することを目的として1985年から開始されました。ニュージーランドは豊かな自然と治安の良さから大変人気があり、自分のペースでのんびりとした時間の流れの中で自分探しをしたい方々にはニュージーランドのワーキングホリデーは最適な選択しとなるでしょう。

ニュージーランドでのワーキングホリデーの特徴

ニュージーランドでのワーキングホリデー制度は、ビザ発給定員が設けられておらず、就学可能期間が6カ月間と長いことが特徴です。さらに、同一雇用主の基での就労制限が定められていなく、ビザ期限内であれば同じ場所でずっと働くことも可能です。また、ワーホリビザの申請料も無料(健康診断費を除く)であり、他国に比べてワーキングホリデービザが比較的取得しやすく自由度が高いことも魅力的です。そのため、就学や就労を通して1年間を有意義かつ自由に過ごすことが可能です。また1年間のワーキングホリデー期間中に3カ月以上をファーム(農園や牧場)などで季節労働をした証明があれば、3カ月間のワーキングホリデービザ延長も認められています。

ニュージーランドのワーキングホリデービザ制度

項目 詳細説明
対象 18歳から30歳までの日本国籍を持つ独身者または子供を同伴しない既婚者
申請方法 ニュージーランド移民局のホームページにてオンライン申請
申請料 無料(健康診断費用のみ)
申請の条件 1.健康で犯罪歴がないこと。
2.滞在費としてNZ$4,200と、帰国時の航空券もしくはそれを購入できるだけの資金を所持していること。
3.ニュージーランドのワーキングホリデービザを過去に一度も所得していないこと。
必要な書類 ・申請時から1年3か月後まで有効なパスポート
・健康診断結果
滞在可能期間 1年間 ※季節労働をした場合、最大1年3カ月
就学 最大6カ月 ※複数の学校、複数のコース受講可
就労 就労に関する制限なし

※上記の内容は予告なしに変更される場合があります。ビザ申請前に必ずニュージーランド移民局ホームページより最新情報をご確認ください。

ニュージーランドでのワーキングホリデーの魅力

ニュージーランドはその豊かな自然に加え、穏やかな人々が暮らしている魅力のある国です。日本からは20代のワーキングホリデービザでやってくる留学生だけでなく、観光ビザや学生ビザを利用して中高生~シニア世代まで老若男女問わず幅広い年齢層から人気がある環境です。ワーキングホリデーをする際には様々なメリットがありますので、ここではニュージーランドならではのワーキングホリデー制度のメリットについてご紹介します。

1.リーズナブルで質の高い教育が受けられる

ニュージーランドのワーキングホリデー制度ニュージーランドのワーキングホリデー制度では6カ月間就学が可能ですが、合計就学期間が6カ月以内であれば複数の語学学校・複数のコースに通うことができます。ニュージーランド滞在期間中の目的に応じて、一般英語コースだけでなく多種多様なコースの受講が可能です。またニュージーランドの英語の訛りを心配される方もいますが、イギリスの植民地であった過去からイギリス英語を母体としたきれいな英語を学ぶことができます。特に語学学校の教師は、厳しい面接審査を突破し、質の高いトレーニングを積んでいるため、学生のフィードバックも好評です。生活水準も高く他先進国に比べても物価が安いため、リーズナブルに高品質の教育が受けられる留学地と言えます。

2.自然の中でアウトドアを満喫できる

ニュージーランドのワーキングホリデー制度ニュージーランドは旅行が好きな方やアウトドア、スポーツに興味のある方におすすめです。ニュージーランド人は大のスポーツ好きで、代表的なラグビーをはじめクリケット、ヨット、サイクリング、ネットボール、スカッシュなど老若男女問わず各地で運動している姿をよく見受けられます。また南島には南アルプス山脈が広がり、冬にはスキーの名所として人気があります。手つかずの自然も多いことから、ハイキングやキャンプを楽しむことのできる名所がニュージーランド全土に存在します。1カ月間キャンピングカーを借りて、ニュージーランドを一周しながらミルフォード・サウンド等の観光名所を巡る長期旅も魅力的です。人口よりも羊の数の方が多いと言われ、ファームステイに参加される方も多くいます。ファームステイを通じて、現地ニュージーランド人と文化交流し、自然に囲まれた穏やかな生活を送ることができます。

3.多国籍環境で世界中に輪が広がる

ニュージーランドのワーキングホリデー制度ニュージーランドは多民族国家であるうえ、観光地や留学先としても非常に人気があるため世界中から人々が集まってきます。このような多国籍な環境の中でワーキングホリデーをする最大の魅力は、シェアハウスでの出会いやアルバイト先、趣味などを通してより多くの人と出会えることです。語学学校に通えば様々な国籍の学生と知り合えることはもちろん、学校で企画しているアクティビティに積極的に参加することで、多様なバックグラウンドを持つ人々に出会うことができるでしょう。ニュージーランドにはさまざまな仕事があり、リゾートホテルでのアルバイトやインターンシップ、ファームでのピッキングなどの仕事は現地の人や外国人との交流を深める機会に恵まれています。

カテゴリー: ニュージーランド留学・ワーキングホリデー パーマリンク
2カ国留学
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
留学ドットコム
「一歩進んだ」留学に役立つ情報が手に入る!
ワーキングホリデー無料留学説明会
留学について思い立ったら…まずはコレ!
資料請求<無料>
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求