予算・費用について

予算や費用についてフィリピン留学は、他の欧米圏の留学とシステムが多少異なります。全寮制のため、学費に予め滞在費が含まれていたり、ビザは現地で延長するため費用も現地で支払いを行ったりと、幾つかの違いがあります。

こちらのページでは、フィリピン留学に必要な予算や費用についてご案内します。

トータル予算の目安

トータルの予算は学校によって異なります。また、コースやお部屋割りも複数のタイプが用意されていますので、どのコースを受講するか、何人部屋に滞在するかなどによっても費用は変わってきます。学校の中には長期割引が適用される学校もあるため、その場合は滞在期間が長くなるにつれ、費用は割安になります。フィリピンの平均的な留学期間は、3~6カ月間となりますが、1カ月間の平均予算として17万円(授業料 + 宿泊費)ほどを想定しておくと良いでしょう。

フィリピン留学の基本費用

種目 補足事項
授業料 授業料は学校やコース種類によって大きく異なります。希望の都市や学校が決まりましたら、次にコースを決めます。それにより、最終的な授業料がいくらになるのか決まります。宿泊費は含まれた料金表になっている学校が多く、授業料・宿泊費・食事(1日3食が基本)を含めて、月17万円程度が一般的です。
宿泊費 ほとんどの学校では全寮制になっており、宿泊費が予め授業料の中に含まれた形で料金設定がされています。通常は授業料とセットになっています。
学校の入学金 基本的にどの学校でも、入学金が設定されています。この費用は、初回の1回限りのお支払いとなります。各学校により費用は異なりますが平均1~2万円程度です。詳細はお問い合わせください。

留学費用に含まれるもの

種目 補足事項
授業料 マンツーマン授業: 月~金
グループ授業: 月~金
無料クラスなど(土曜日に無料クラスが行われる場合もあります)
※授業時間数は学校やコースによって異なります。
宿泊費 滞在費は、部屋割りによって費用が異なります。基本的に全ての学校で、全寮制のシステムになります。なかには学校近隣のホテルやコンドミニアムを学生寮として使用している場合もあります。
食費 滞在期間中、基本的に1日3食の食事が含まれます。(土日祝日も含まれます)学校によっては、食事が含まれずオプションで付けることが可能となっている場合もございます。(その場合は追加費用が発生します)
その他 水道光熱費、掃除代、洗濯代、空港送迎費など
※電気代は使用分だけ学校側に支払うなど、各学校により異なります。
※空港送迎費は別途費用が発生する場合もございます。

留学費用に含まれないもの

種目 補足事項
航空券 利用する航空会社や渡航時期により費用は異なりますが、格安航空会社(LCC)をご利用の場合は、往復7万円程度でお手配が可能です。
海外旅行保険 滞在期間やお申し込みになるプランにより異なります。詳しくは資料としてお送りしている保険のパンフレットをご参照ください。
海外送金手数料 海外送金手数料は、海外の銀行口座へお金を振り込む際に必要となる手数料です。学校によって異なりますが、6,000円ほど必要となります。
お小遣い 現地生活の中ではお小遣いとして、アクティビティや旅行等に参加する費用、その他お友達と交流する際の交際費などが必要となります。それぞれの生活スタイルによって必要となる金額は異なりますが、無駄使いをしない限りは、月1~2万円程度が一般的です。
SSP、ACR I-Cardの発行費用 現地で学校側に直接支払います。
SSP: 期間に関わらず全員申請が必要です。申請費用は、約6,500ペソ(約18,200円)となります。
ACR I-Card: 59日を超えてフィリピンへ滞在される方は申請が必要です。申請費用は、約3,000ペソ(約8,400円)となります。
※これらの費用は予告なしに変更される場合がありますのでご了承ください。
ビザ延長費用 費用目安: 約1万円/月
ビザはSSPとは別に、毎月移民局を通じて現地にて延長します。 延長費用は学校や留学期間によって異なり、申請は各学校で行ってくれます。ビザ申請費用以外に500~600ペソ程度、学校側に支払う代行費用がかかる場合もございます。
5~8週間: 約3,600ペソ
9~12週間: 約8,800ペソ
13~16週間: 約11,000ペソ
17~20週間: 約14,000ペソ
21~24週間: 約15,000ペソ
※これらの費用は予告なしに変更される場合がありますのでご了承ください。

フィリピン留学の留学費用の目安

フィリピン留学の留学費用の目安は、約17万円/月になります。為替レートやコースの種類によっても変わりますが、その他の諸経費を含めても約30万円/月ほど必要となります。フィリピン留学後に2カ国留学を考えている方は、200万円程度の予算の想定をおすすめします。
フィリピン留学の費用の内訳をご案内致します。

▼フィリピンに6カ月間留学した場合の留学費用の目安

・授業料&学生寮&食費: 約17万円/月 × 6カ月間 = 約102万円
・航空券(往復): 約7万円
・現地費用(SSP/教材費/ビザ延長費/光熱費など): 約2万円/月 × 6カ月 = 約12万円
・お小遣い: 約2万円/月 × 6カ月 = 約12万円
・海外旅行保険: 約1.8万円/月 × 6カ月 = 約10.8万円

=====================================================

合計: 約143.8万円

▼フィリピン留学を6カ月、オーストラリアにワーホリで1年間滞在した場合

▼オーストラリア1年間の出費

(オーストラリア語学学校1カ月 + ホームステイ1カ月 + アルバイト11カ月した場合)
・語学学校費用: 約15万円/月
・ホームステイ費用: 約15万円/月
・生活費: 約13万円/月 × 11カ月 = 約143万円
・航空券(片道): 約8万円
・雑費(ビザ申請費): 約5万円
・海外旅行保険: 1.8万円/月 × 12カ月 = 約21.6万円
=====================================================
小計: 約207.6万円

▼フィリピン6カ月 + オーストラリア1年の合計

約143.8万円 + 約207.6万円 = 約351.4万円

▼月々のアルバイトでの収入

約16万円/月 × 11ヶ月 = 約176万円

▼最終的に使う費用

2カ国合計費用 – アルバイトでの収入
約351.4万円 – 約176万円 = 約175.4万円

※アルバイトでの収入は、時給10ドルで週40時間働いた場合を想定しています。アルバイト開始後の現地での月々の生活費は、アルバイトの収入でまかなえるかと思います。職場や仕事内容によって時給は異なりますので、もっと稼げる余地はありますが、お金が稼げる度合いは個人差がありますので、アルバイトへの依存度が強い資金計画はご注意ください。

2カ国留学をする際のワンポイントアドバイス!

2カ国留学の場合、一般的な予算が200万円ほどになります。フィリピンで6カ月ほど勉強される方は、時給の高い仕事(現地英語環境での仕事)ができるくらいの英語力に到達できます。最初にしっかり勉強し、英語力を高めておくことで、最終的に使うお金は大幅に節約できる計算になります。

現地のアルバイトで貯めたお金で、ワーキングホリデーの最後に再度学校に通うことができるほどの余裕も生まれます。通常のワーホリビザの方では学ぶことができない、ワンランク上の英語力(ビジネス英語やケンブリッジ検定資格取得)を身につけて帰国することが可能になります。フィリピン留学との組み合わせにより、TOEICで800点越えも決して難しくはありません。

払い戻し規定

払い戻し規定は、基本的に各学校共通になります。

  • 入学金は払い戻し出来ません。
  • 留学途中に個人的事情によって残り期間を取り消す場合、各学校の規定に基づき払い戻しになります。
  • 留学期間の残り期間が4週間未満の場合には、残金の払い戻しはありません。
  • お客様ご自身の都合による授業欠席・遅刻の場合は、払い戻しや再授業はございません。
  • 不可抗力による授業の中止の場合は、払い戻しを行いません。
  • 返金は帰国後1カ月以内に学校側より弊社に返金があり、弊社よりお客様ご指定口座へお振り込みとなります。
カテゴリー: フィリピン留学・セブ留学 パーマリンク
2カ国留学
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
留学ドットコム
「一歩進んだ」留学に役立つ情報が手に入る!
ワーキングホリデー無料留学説明会
留学について思い立ったら…まずはコレ!
資料請求<無料>
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求