HOME矢印 フィリピン留学・セブ留学矢印 どの英語試験が最適?

どの英語試験が最適?

どの英語試験が最適?世界には様々な英語試験が存在していますが、その中でも日本人に最も馴染みがあるのがTOEIC、そして近年耳にするようになってきたのが、IELTS・TOEFL・ケンブリッジ検定などではないでしょうか。これから海外留学に挑戦するに当たって「英語試験を受けて目に見える結果を残したいが、どの英語試験を受験すればよいのか分からない」という方もいると思います。そこで、どの英語試験が自分に一番合っているのか、目的別にまとめましたので参考にしてみてください。

試験の種類 目的 特徴
TOEIC 日本企業への就職・転職の際に英語力をアピールしたい。

日本で最もメジャーな英語試験です。リスニングとリーディングの2つのパートのみで構成されるマークシート形式の試験となっています。ビジネスシーンを想定した問題が多く出題されます。日本での就職の際にはTOEIC高得点を持っているとアピール材料のひとつになります。

IELTS オーストラリア・イギリス・カナダ・二ュージーランドなどの英語圏への進学・移住を考えている。

読み・書き・聞く・話す全てのパートから出題されるため総合的な英語力が求められます。IELTSには2つのモジュールがあり、進学希望なら「アカデミックモジュール」、移住希望なら「ジェネラルモジュール」を受験するのが一般的です。日常生活に根差した内容メインで出題されるため、実践的な英語が身に付きます。

TOEFL アメリカの大学・大学院への進学を考えている。

大学、大学院進学後を想定したアカデミックな内容の試験になります。IELTS同様、読み・書き・聞く・話す全ての分野から出題されます。学術的かつ専門的な内容となるため、難易度が高いのが特徴です。日本の大学で交換留学する際の英語力基準としてもTOEFLスコアは利用されることが多いのが特徴です。

ケンブリッジ検定 生涯有効な英語資格が欲しい。

 

ヨーロッパを中心に多くの方が受験している歴史ある英語試験です。スコアではなく合否で結果が出ることと、有効期限がないことが特徴です。試験は基礎~最上級レベルまで5つのレベルに分けられています。

TOEICの学習を考えている方

基本的にTOEICは日本・韓国を中心に受験されている試験であるため、世界では認知度が低くなります。欧米圏の語学学校ではIELTSやTOEFL、ケンブリッジが主流のため、TOEIC対策コースを開講している学校数はごく限られます。そのため、TOEICのスコアアップを目指したい方は、日本人と韓国人が多く留学されるフィリピン留学がおすすめです。TOEICに特化した内容の授業を1日6~8コマ受講できるので、4週間で50~100点アップも期待できるのがフィリピン留学です。就職活動のためにTOEICのスコアが欲しい方、日本国内で独学にて勉強するのが難しい方は、是非短期でスコアアップが可能なフィリピン留学をご検討ください。

IELTSの学習を考えている方

IELTSは、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドなどでの大学進学や移住を考えている方におすすめの試験です。IELTSの試験はリーディング、ライティング、リスニング、スピーキングの全ての分野を網羅しています。さらには筆記での試験となりますので、TOEICのようなマークシート式試験ではないため、真の実力が求められる試験と言われます。移住や進学を考えてない場合でも、IELTS対策の勉強をすることで日常生活に基づいた実用的な英語力が身に付きますので、全体的な英語力をバランス良く伸ばしたいという方にもおすすめです。欧米の多くの学校でIELTS対策コースを開講しているので、フィリピン留学である程度の英語力レベルを身につけてから2カ国目の学校でIELTSにチャレンジするのも良いでしょう。短期間でスコアアップを目指す場合、フィリピン留学でもIELTS対策コースの開講している学校があるので、欧米かフィリピンかは自分の目標や留学期間に応じて選択することをおすすめします。

TOEFLの学習を考えている方

TOEFLはアメリカ英語圏での大学・大学院進学後、授業に付いていけるレベルの英語力があるかどうかを判断する英語試験になります。アメリカやカナダで進学を考えている方にはTOEFLのスコアを求められることになります。「進学後を想定」しているので、試験内容はアカデミックで専門的な内容になります。日常生活ができるレベルの英語力があればスコアが取れるといった簡単な内容ではありません。TOEFLはTOEICに比べると世界でも通用する試験ではありますが、進学に特化した試験であることからTOEFL対策コースを設けている学校は欧米圏に限らずフィリピンなどのアジア圏の留学地でも共に少ない傾向にあるのが現状です。もし、IELTSのスコアでも入学が認めて貰える学校である場合は、IELTSの学習をした方が、将来的に移住や英語資格としての証明としても使えるため、TOEFLではなくIELTSを学習する方がスタンダードだと言えます。

ケンブリッジ検定の学習を考えている方

ケンブリッジ検定は、イギリスの名門大学であるケンブリッジ大学によって研究・開発された英語検定です。世界レベルで正確性・公平性を保証された最も信頼度の高い英語試験として、ヨーロッパを中心に母国語を英語としない多くの人々に受験されています。ケンブリッジ検定は日本の英検と同じでレベル毎に分かれた試験を受験する形となります。各レベルに合格すると英語資格として有効期限がないため、生涯有効な英語資格が欲しい方や世界レベルで英語力を測りたい方におすすめです。オーストラリアにはヨーロッパから多くの留学生がケンブリッジ検定対策コースを受講しにやってくるので、多国籍な環境で勉強したい人にも最適です。

英語試験点数換算表

CEFR    
C2 ほぼ全ての話題を容易に理解し、考えや意見を非常に厳密かつ正確に表現することができるレベル

TOEIC 990
IELTS 8.0
TOEFL iBT 120
ケンブリッジ検定CPE

C1 その言語に不自由を感じず、適切な言葉を自然に用いて意見を順序立てて説明できるレベル

TOEIC 945~989
IELTS 7.0~7.5
TOEFL iBT 110~119
ケンブリッジ検定CAE

B2 複雑な文章や話題を幅広い話題を理解し、その言語を母国語とする人と流暢にコミュニケーションが取れるレベル

TOEIC 785~944
IELTS 5.5~6.5
TOEFL iBT 87~109
ケンブリッジ検定FCE

B1 予期しない状況でも自分の意見をまとめて話すことができるレベル

TOEIC 550~784
IELTS 4.0~5.0
TOEFL iBT 57~78
ケンブリッジ検定PET

A2 日常生活で起こりうるシチュエーションで言いたいことが伝えられるレベル

TOEIC 225~549
TOEFL iBT 18~56
ケンブリッジ検定KET

A1 ごく簡単な日常会話や、やり取りができるレベル

TOEIC 120~224

※CEFR(Common European Framework of Reference for Languages: ヨーロッパ言語共通参照枠)は、外国語能力の国際的な参照基準です。

カテゴリー: フィリピン留学・セブ留学 パーマリンク
2カ国留学
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
留学ドットコム
「一歩進んだ」留学に役立つ情報が手に入る!
ワーキングホリデー無料留学説明会
留学について思い立ったら…まずはコレ!
資料請求<無料>
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求