HOME矢印 フィリピン留学・セブ留学矢印 フィリピンでTOEIC留学

フィリピンでTOEIC留学

TOEIC留学

就職・転職に必要な英語力を身につけよう!
格安&短期でハイスコアを狙えるフィリピン留学のTOEICプログラム

3カ月で200点アップを可能にするフィリピン留学のTOEICコース

フィリピン留学では、1日約8~10時間の授業の中でTOEICを知り尽くしたハイスコアを持った講師から、TOEIC試験対策のテクニックを徹底的に学ぶことができます。マンツーマンレッスン・少人数グループレッスンでTOEICに特化した授業を受けることができるため、短期間でも効率的にスコアを伸ばすことができます。また、いくつかの学校には、点数保証コースという制度もあります。このシステムでは、規定の期間を受講し学校が目標スコアに到達するまでバックアップしてくれる制度です。一定期間を受講しても保証点数に満たない場合は保証点数に達するまで授業料が無料になります。(各校につき、受講条件・保証条件はあります。)

仕事で使える英語力は、TOEIC700点以上が必要だと一般的に言われています。「就職活動・転職活動をするのに○○点は必須」、「社内の公用語が英語」という企業が増えていく中で、TOEICで高得点を取得しておくことは就職・転職をする際に大きく左右することになります。留学後の就職活動の際も、留学した成果を証明するために一番説得力のある証明材料となるため、帰国後に英語環境で就職を考えている方には、絶対的にスコアを取得して帰国したいものです。

フィリピン留学はTOEIC対策に非常に強い

フィリピン留学の授業は、マンツーマンレッスンを中心とする1日平均8時間以上の授業時間設定がされています。自分の得意とする分野はさらに伸ばし、弱点分野は丁寧に底上げをします。グループレッスンも少人数クラスのため、分からない箇所はすぐに講師に質問することができる環境が整っています。特にTOEIC専門コースに定評のある学校では、集中してTOEICスコアアップを狙うことができます。TOEICを徹底分析した教師陣が、TOEIC攻略の方法を最短で伝授してくれます。フィリピン留学での留学成果は、TOEICスコアで表すと1カ月間で50~100点程度伸ばすことができます。

TOEIC対策で効果的に成果を出すためには?

TOEICは英語スキルを判定するテストのため、きちんとテスト対策を行えば確実に点数を向上させることができます。英語の基礎力(日常会話)ができればTOEICでは700点近くのスコア取得が可能ですが、そこから800点以上のスコアを狙うためにはTOEIC試験を受講するためのテクニックが必要となります。しかし、英語の基礎力を理解しないでTOEIC対策コースに入り、応用問題を数多く解いても成果を得ることができません。

そのため一般英語コースで3~4カ月学び、その後TOEICコースで1~3カ月学ぶと短期間で効率的にスコアアップを狙うことができます。特にフィリピン留学後に欧米圏への2カ国留学を考えている方々は、仕事をするために英語力が求められるため、しっかりとTOEIC対策をしておくことをおすすめします。

TOEICスコアの到達ラインの目安

これまでフィリピン留学をされた留学生のTOEICスコアのアンケートを基に、統計学的にどのくらいの期間留学をすると、どの程度の成果を出すことができるかを把握しています。英語レベルが初心者(TOEIC400点未満)からTOEIC800点越えをしようとすると、欧米留学では1年間の留学期間が必要となりますが、フィリピン留学では欧米留学の半分の6カ月で到達することができます。ご自身がどの程度の英語力習得を目指すか、どの程度TOEICのスコアを目指すか目標を決定すると、どの程度フィリピンで学習する必要があるのかを決定することができるでしょう。

フィリピン留学期間 到達ライン TOEICスコア 欧米留学期間
1カ月 ぎこちなく会話が可能 500点 2カ月
2カ月 会話に抵抗がなくなる 600点 3カ月
3カ月 会話に自信が持てる 650点 4~5カ月
4カ月 仕事で使える会話力 700点 6~7カ月
5カ月 流暢な英会話 750点 8~10カ月
6カ月 プレゼン&討論レベル 800点 10~12カ月

※スタート時の英語力はTOEIC400点未満の初心者レベルを想定しています。上記の表はあくまで過去の留学生の結果による分析であり、必ず到達することを保障するものではありません。確実に到達したい場合は、上記の目安期間プラス1~2ヶ月で考えておくと、より現実的な留学プランとなるでしょう。

TOEICスコアアップを狙うならこの学校~定評のある学校をご紹介~

多くの学校でTOEIC対策を行っていますが、TOEIC対策のみに特化した授業を行う学校もあれば、1日数時間のグループ授業や選択授業としてTOEICクラスを開講している学校もあります。TOEIC試験対策に定評のある学校は、本格的にTOEIC対策に力を入れているためスコアの伸び方も変わってきます。そのため、短期間でスコアを上げるためには実績のある学校を選ぶことが重要です

人気ランキング 学校名 地域 補足事項
1位 SMEAG セブ TOEIC入門コースと、TOEIC点数保証コースを開講しています。全体的な英語力を伸ばしながらTOEICの勉強も取り入れたい方はTOEIC入門コースがおすすめです。ある程度の英語力やTOEIC受験歴があり、確実なスコアアップを目指す方には点数保証コースがおすすめです。SMEAGのTOEIC点数保証コースは目標スコアが600/700/800/900の4つのコースがあり、自分の目標に応じたコースの選択が可能です。(受講条件あり)点数保証コースは12週間のプログラムとなっており、目標スコアを12週間で達成できなかった場合は、13週目以降の授業料が無料などの保証が付きます。また、SMAEGはTOEIC公式試験会場に指定されているため日々学習し慣れているキャンパスでの公式試験の受験が可能となっています。
2位 English Fella セブ English Fellaでは、TOEICパートタイムコース(TOEIC + 一般英語)、TOEICフルタイムコース、TOEIC点数保証コースの3種類があります。TOEIC入門者には一般英語も一緒に学べるパートタイムコース、英語力が中級レベル以上で朝から晩までTOEIC漬けのコースを希望の方にはフルタイムコースがおすすめです。フルタイムコースのマンツーマン授業では、希望者はスピーキングテストOPIcの勉強もできるので、TOEIC高得点獲得だけではなく、スピーキング力の向上も可能です。さらに短期間でのスコアアップを目指したい方は、点数保証コースがおすすめです。700/800/900点を保証するコースがあり、12週間以上のお申込みで保証対象となります。12週間で目標点を達成できなかった場合は4週間分の授業が無料で受講できます。
3位 MMBS クラーク 授業時間は1日8時間で設定され、徹底的にTOEIC対策を行うことのできる学校です。指導する教師は、900点以上のスコアを持っているため、高得点を狙う学生への指導をすることが可能です。授業はスコア600点以上の生徒はアドバンスTOEICコースで数多くの問題をこなしながらスコアを上げ、600点未満の方はTOEICのテストに慣れていきながら英文法と単語を見直していくインターミディエットコースを受講します。また、25名以上の公式 TOEICテストの希望者がいる場合は、MMBS学校内で公式テストを開催することが可能です。
4位 C2 セブ TOEIC試験の傾向と対策を徹底分析した授業の提供をしています。語彙の強化や過去問を用いた頻出問題の対策、毎週土曜日の模擬試験による時間配分のコツなど幅広く対策をしていきます。マンツーマン授業が1日4コマ受講できるので、自分の弱点や強化ポイントに的を絞った試験対策ができるので効率的な試験対策が可能となっています。
5位 CIA セブ TOEIC入門コースとTOEIC点数保証コース(600/700/850)の2つがございます。TOEIC入門コースではTOEICだけではなく一般英語も学習していくので全体的な英語力の向上が期待できます。TOEIC点数保証コースでは、4週間、8週間、12週間から入校が可能です。4週間、8週間の場合は12週以降の授業料免除などの保証対象にはなりませんが、それぞれの期間で完結するカリキュラムを用意しているので、12週間のお申込みが難しいけれど短期間でのスコアアップを目指したいという方にもおすすめのコースとなっています。

TOEICコースの1日の流れ ~SMEAGの場合~

TOEIC点数保証コース
各問題の解き方から、難易度の高い問題の正解率を上げるためのスキルの向上までレベルに応じた内容で学習していきます。

【スケジュール例】

時間 内容
06:40~08:00 早朝クラス
08:40~09:25 1:1授業(リーディングパートA)
09:30~10:15 1:1授業(リーディングパートB)
10:25~11:10 グループ授業
11:15~12:00 グループ授業
13:00~13:45 1:4授業(リスニングパートA)
13:50~14:35 1:4授業(リスニングパートB)
14:45~15:30 グループ授業
15:35~16:20 グループ授業
16:30~17:15 1:1授業(単語・文法A)
17:20~18:05 1:1授業(単語・文法B)
19:00~19:45
19:50~20:35
夜間クラス

※グループ授業はTOEIC関連の授業となります。

TOEICコースの1日の流れ ~MMBSの場合~

アドバンスTOEICコース(600点以上の方)
数多くの問題を解きながら、2時間のテストに慣れ、TOEICのスコアアップを狙うコースです。間違った問題を徹底的に分析し、弱点部分を徹底的に無くしていく学習をします。

【スケジュール例】

時間 内容
07:00~08:00 朝食
08:00~10:00 TOEIC模擬テスト(リスニング&リーディング)
10:00~11:00 グループ授業(TOEIC単語)
11:00~12:00 単語テスト&TOEIC模擬テスト採点(テストカウンセリング)
12:00~13:00 昼食
13:00~14:00 グループ授業(TOEIC Part7)
14:00~15:00 1:1授業(リスニング)
15:00~16:00 1:1授業(リーディング)
16:00~17:00 1:1授業(TOEIC Part5)
17:00~19:00 夕食
19:00~ 自由時間
カテゴリー: フィリピン留学・セブ留学 パーマリンク
2カ国留学
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
留学ドットコム
「一歩進んだ」留学に役立つ情報が手に入る!
ワーキングホリデー無料留学説明会
留学について思い立ったら…まずはコレ!
資料請求<無料>
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求