HOME矢印 フィリピン留学・セブ留学矢印 留学準備に関して

留学準備に関して

留学準備に関して留学準備はいつ頃からスタートして、何をどのように準備を進めて行くか分からない方も多いはずです。具体的な留学準備をはじめる前に、留学計画を具体化し、そのプランを実現させるためにはどの程度の費用が必要で、どの程度のアルバイトでの稼ぎが必要なのか、などを整理する必要性があります。

フィリピン留学される方の中には、その後にオーストラリアやカナダなどへの2ヶ国留学される方も多くいます。1年以上の海外生活になるため、より具体的なビジョンと資金計画が重要になります。充実した留学生活を実現させるために、早め早めに動きましょう。

留学計画をしっかり固めよう!

留学準備は早ければ早いほど良いでしょう。自分のやりたいことが固まってくると、その計画を実行するためにどの程度の予算が必要になるか、具体的な予算が見えてきます。その予算が自分の出発時期までにしっかりと貯められなければ、その計画は実現できません。必要以上に学費を削ったり、アルバイトに依存し過ぎるプランを立ててしまうと、留学中のどこかで歯車が狂った場合に修正ができなくなる危険性もあります。

早めに留学プランを決めて、具体的な予算を知るようにしましょう!

出発前の時間 補足事項
1年以上前

出発予定日から遡って、1年以上前の段階で留学プランを考えて頂いている方は、十分に余裕があります。この時点で出来る限り具体的に留学目的(目標)を固めて、どの程度の留学期間、どの程度学校に通うか、など整理をしておきましょう。

1年前

留学プランは具体的に固まっていなければ行けない時期です。具体的に準備を開始するのは4ヶ月前ですので、残された期間は8ヶ月間程度で必要予算を貯めなければいけません。計画が固まっていない方は、お早めにご相談ください。

9ヶ月前

コツコツ資金を貯めている段階です。社会人留学生の方は、退職時期など会社に相談しましょう。大学生で休学して留学する方は、大学側に休学に必要な手続きを確認しておきましょう。

6ヶ月前

目標予算がほぼ貯まっている時期です。この時期は具体的な学校選びを詰めて行く段階です。まだ学校が決まっていない方は、お気軽にご相談ください。

4ヶ月前

具体的な準備に入っていきます。フィリピン留学は、全寮制のため人気校は席が早めに埋まっていきます。4ヶ月を切ったら手続きを開始しなければ行けないと頭の片隅に入れておきましょう。

具体的な手続きの流れは、 手続きの流れ からご確認ください。

渡航前の準備

フィリピン留学だけの方、フィリピン留学後に欧米圏に2ヶ国留学される方、さまざまなプランがあります。基本的に手続きの流れは変わりませんが、欧米留学される方は同時に2ヶ国目の手続きも同時進行で進めていきます。留学するために必要な準備や手続きを項目ごとに整理してご案内します。

種目 補足事項
パスポート

留学を思い立ったら、すぐに申請してしまいましょう。また、パスポートの有効期限が半年未満の場合はビザ延長の場合に問題が生じる場合があるため、現在のパスポート期限が半年を切る予定の方は、パスポートの更新が必要です。

パスポート取得に要する日程は、2~3週間程度になります。

各種ビザの取得

フィリピン留学の場合、日本人国籍場合はビザが必要ありません。21日間まで滞在できるビザが入国審査時に貰う事が出来、21日以降も滞在する方は、ビザの延長を学校側がしてくれます。学生の皆さんは、ビザ延長費用を学校に支払うだけで、あとは自動的に学校がビザ延長してくれますのでご安心ください。

2ヶ国留学をされる方は、2ヶ国目に入国する留学地のビザを申請します。基本的に出発の3ヶ月前にはビザ申請することを強くオススメします。一般的にワーホリビザか学生ビザになると思いますが、各国によってビザの申請方法が異なりますので、2ヶ国目の国が確定した段階でご相談ください。

航空券の手配

フィリピン入国時には、フィリピン出国のチケットが必要になります。(片道チケットでは入国ができません。) フィリピン留学のみの方は、往復チケットを購入して頂きます。2ヶ国留学の方は、2ヶ国目に入国するための航空券(フィリピン→2ヶ国目)を購入します。出来る限り安いチケットを購入できるようにスタッフがアドバイスします。

海外旅行保険の手配

航空券購入後、出発日が確定し次第、海外旅行保険の手続きを行います。フィリピン留学では海外旅行保険は必須になりますので、必ず加入するようにしてください。フィリピン留学後2ヶ国留学される方は、別々に保険に入るのではなく、一括で保険に加入する形となります。海外旅行保険は1年までしか入れない保険会社もありますので、2ヶ国留学される方は1年以上入れる保険会社を選びましょう。

到着後の宿泊施設

フィリピンでは全寮制ですので、特に心配入りません。2ヶ国留学される方は、最初の宿として、ホームステイが一般的です。ホームステイ手配は、ホームステイ開始日から遡って1ヶ月以上前が原則です。日本で一緒に手続きして出発するのが一般的ですが、フィリピン滞在中に申し込みされる場合は、お申し込みが遅れないように十分にご注意ください。

現地で使うお金の準備

現地で使うお金の資金管理をします。現金は多くても2~3万円程度だけ用意し、それ以外は国際キャッシュカード(新生銀行など)を作成し、その口座に入金しておく形になります。手持ちのお金が無くなった際には、現地のATMでお金を引き出して使います。大金を持ち歩くこともなく、日本円でお金を管理できるので非常に便利です。

荷造りの仕方

荷造りは、通常数日でできます。当社の方で荷造りのマニュアルをお渡しするので、そのマニュアルに沿って荷物を準備して頂ければと思います。2ヶ国留学でカナダなど気候の違う地域に行かれる方は、冬物の衣類が必要になります。フィリピン出発時は、必要最低限だけ持つようにして、残りは家族に郵送して貰いましょう。または、フィリピン留学後に一度日本に帰国して、荷造りし直して出発される方もいます。

手持ちのお金の準備

空港でフィリピンペソを1~2万円程度を両替しておきます。2ヶ国留学される方は、2ヶ国目の通貨も1~2万円程度両替しておいて良いでしょう。

はじめて海外留学される方へ

はじめての海外留学はじめて留学される方は、不安は大きいと思います。当社にも毎日相談を頂きます。不安はあって当然ですが、不安をずっと考えていても体に毒です。これまでの先輩留学生の中にも、皆さんと同じ境遇の方は必ずいたはずです。全ての先輩留学生達は、これまで問題なく海外留学を実現できています。仮にトラブルがあったとしても、命まで取られることはありません。海外留学でトラブルが起きない方がおかしいですし、小さな~大きなモノまでどの程度のトラブルに遭遇するか分かりませんが、そのトラブルもまた勉強です。

何も始まっていない段階でネガティブな事を考えていても仕方がありません。皆さんの中にはそれ以上に期待を持っているからこそ、海外留学に挑戦するはずです。出発前はネガティブなことを考えず、「身に付けた英語力で世界中の人とコミュニケーションを取る!」 といった目標や 「TOEIC800点オーバー取って、帰国後に英語を武器としてキャリアアップするぞ!」 といった目標を強く意識してワクワクして出発して欲しいと思います。

出発前は何もスタートしていません。ネガティブな事を考えるのは極力避けましょう。

カテゴリー: フィリピン留学・セブ留学 パーマリンク
2カ国留学
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
留学ドットコム
「一歩進んだ」留学に役立つ情報が手に入る!
ワーキングホリデー無料留学説明会
留学について思い立ったら…まずはコレ!
資料請求<無料>
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求