HOME矢印 留学の目的矢印 短期留学/ホームステイ

留学の目的

短期留学/ホームステイ

短期留学/ホームステイとは

短期留学/ホームステイ1週間~3カ月までの短い期間の中で、海外で学ぶことを短期留学となります。1年前後の語学留学やワーキングホリデーと異なり長期留学ではなく、限られた期間の中での滞在となり毎年多くの社会人や大学生の方が休暇や夏休みを利用して留学しています。また、短期滞在となることから滞在先に関してはホームステイになることが多く、ホストファミリーと時間を共有することで現地の文化を学び、国際交流をすることによって語学力や異文化コミュニケーション力を身につけることができます。短い期間のため、語学の習得というよりかは観光や異文化交流を楽しむことをメインとした留学スタイルとなりますので、長期的に休むことが難しい人や視野を広げてみたいという方におすすめです。

短期留学/ホームステイでできること

数週間~3ヵ月程度までの短期留学では、滞在期間も限定的であるため、できることは英語学習に加えて観光をプラスアルファで楽しむというスタイルになるケースが殆どです。できる限り充実した時間を過ごすためにも、出発前のプランニングはしっかり組み立てておくことがポイントです。ココでは、短期留学及びホームステイで体験できる内容をご紹介します。

留学のスタイル 内容詳細
短期留学 短期留学では、語学学校に通いながらホームステイをするケースが一般的です。語学学校は1、2週間から受け付けている学校が多くなるため、短期の方でも安心して入学することができます。語学学校にはアクティビティや観光など様々なイベントに参加できるチャンスがあるため、積極的に参加をして海外の友人を作ることもできます。特に短期留学と言っても、1週間以上となるとそれなりにまとまった時間となるため、友達がいないと時間を持て余します。そのため、語学学校で友達を作って、会話の相手になって貰ったり旅行したりと時間を共有することを想定しておきましょう。語学を学び国際交流をしたい場合は、語学学校に通うことをおすすめします。
ホームステイ 短期・長期留学問わず滞在方法として人気の高いホームステイは、現地で暮らすファミリー宅で共同生活をする方法です。1週間程度の超短期滞在の場合には、語学学校に通わずにホームステイ滞在だけの方もいらっしゃいます。ホームステイ先には、ホストファミリー以外にも他国の留学生が滞在している場合もあり、様々な国籍の留学生たちと共同生活をすることも珍しいことではありません。共同生活のため家によってルールやマナーなどが異なりますが、語学以外に異文化を学ぶことができます。自分から積極的にファミリーに話しかけることで、良い関係を築くことが快適なホームステイを実現するポイントとなります。

短期留学に必要な費用

短期留学と言っても、どのくらいの費用がかかるのかは気になるところです。短期費用に必要な費用としては、学費、航空券代、ホームステイ代、保険代が主なものとなります。一般的には、欧米圏に留学する場合、以下の費用がかかります。

【1カ月欧米圏に留学した場合】

学費: 15~18万円

航空券代: 約10万円

ホームステイ費用: 約15万円

海外旅行保険代: 約2万円

=====================================================

合計: 約45~55万円

このように、1カ月間の海外留学で40~50万円前後は最低でも必要な資金となります。また、現地で観光をしたりする場合はより費用が上がってくる可能性もあります。留学手続きの際に有料エージェントを利用した場合はコチラの費用に加え5~10万円程度の手続き代行手数料が掛かる場合もあります。そのため、留学ドットコムのような手続き無料の留学エージェントを利用して頂くことで、無駄な費用を抑えつつ残りのお金を現地で有意義に使うことができます。

短期留学に必要なビザについて

短期留学/ホームステイ短期留学をする際に必要となるビザは、基本的には観光ビザとなります。ほとんどの国では3カ月~6カ月以内の滞在期間であれば観光ビザで渡航できるため、面倒な手続きは不要となります。カナダやニュージーランドなど、国によっては事前のビザ申請が必要ない場合もあります。しかし、オーストラリアやアメリカなどでは観光ビザであっても事前手続きが必要となりますので注意が必要です。また、通う予定の語学学校の授業時間によっては、短期滞在であっても学生ビザを取得しなくてはいけないケースもあります。学生ビザが必要と知らずに観光ビザだけで入国し、違反になってしまうケースもありますので、留学したい国のビザでよいか迷った場合には、プロの留学カウンセラーに相談しながら手続きを進めることをおすすめします。現在はビザ申請のほとんどがオンライン上での申請となっているため、申請書類を郵送する形式や、わざわざ大使館へ出向く機会は年々少なくなってきている傾向にあります。

短期留学で国際交流

短期留学/ホームステイ短期留学であっても、国際交流を楽しむことは十分可能です。海外の友人を増やしたい場合は、まずは語学学校に通うことが第1ステップとなります。語学学校では、世界中から集まった留学生たちと一緒に授業を受けることになります。その際に、同じ教室や学校主催のアクティビティ、パーティーなどで話す機会が増えることになりますので、一度仲の良い友人ができればその後は友人の友人という形でどんどん友達が増えていくため、あっという間に留学生の友人をたくさん作ることができます。現地人との交流を重視したい場合は、地域のボランティアやランゲージエクスチェンジへ出かけることで繋がりを作ることができます。また、ホームステイ先の家族と積極的に交流すれば、旅行に連れていってくれたり、現地の親戚や友人を紹介してくれたりする可能性もありますので、何事も怖がらずに自分から進んで留学生や現地の人に話しかける姿勢が大事です。海外に友人ができれば日本や友人の住む国を行き来したり、ホストファミリーとメールや手紙でお付き合いしたりするなど、一生モノの国際交流を楽しむことができます。

カテゴリー: 留学の目的 パーマリンク
2カ国留学
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
留学ドットコム
「一歩進んだ」留学に役立つ情報が手に入る!
ワーキングホリデー無料留学説明会
留学について思い立ったら…まずはコレ!
資料請求<無料>
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求