HOME矢印 留学の目的矢印 ワーキングホリデー

留学の目的

ワーキングホリデー

ワーキングホリデー

ワーキングホリデー

ワーキングホリデーワーキングホリデー「ワーキングホリデーって何?」
「ワーキングホリデーには年齢制限があるの?」
「どんな国でワーキングホリデーができる?」
「海外生活を満喫できる英語力の目安とは?」
「ワーホリ前に効率よく英語力UPできる?」
                  などなど…

ワーキングホリデーに関する素朴な疑問も丸分かり!
ワーキングホリデーに興味が湧いたらぜひご一読ください。

ワーキングホリデーとは?

ワーキングホリデーワーキングホリデー(ワーホリ)制度とは、日本が協定を結んだ国への休暇の機会と、滞在費用を補う程度の就労を認めるビザ制度と定められています。その目的は2国間の友好関係を深めるために国際的視野を持った青少年を育成し、両国間の相互理解と友好関係を促進することを目的としています。ビザの有効期限はほとんどの国で1~2年間となっており、日本人国籍であれば、定められた期間内で学業や就労など様々な活動をしながら海外に滞在が可能です。

ワーキングホリデー中はこうするべきであるという詳細な決まりが特にないため、ワーキングホリデーで滞在する期間内で自分なりのプランを立てて過ごすことができる自由度の高さが最大の魅力です。プランによっては何もしないでただアルバイトをしながら生活費を稼いでのんびりと過ごしたり、学校とアルバイトを両立させながら英語力を身につけたり、現地で就職活動やボランティア活動、専門的な資格を取得したりということもできます。自分でこういうことをしたいと目標がはっきりしている人、海外生活に興味があり期間限定で楽しんでみたい人、海外移住や現地就職を目指す人などにもおすすめのビザ制度です。

ワーキングホリデーの制限

ワーキングホリデー

ワーキングホリデーの制限

ワーキングホリデーのビザによる制限は国毎に異なりますが、一般的なワーキングホリデー制度であれば18~30歳までの心身ともに健康な若者であれば申請が可能です。語学学校に通える期間はおよそ3~6カ月程度となり、アルバイトに関しては特に制限がないというのが特徴です。(オーストラリアは一部制限あり)例を挙げますと、カナダやニュージーランドであれば6カ月まで語学学校へ通うことができますが、オーストラリアでは4カ月までと定められています。そのため、語学学校にできる限り長く通いたいという人にとっては、カナダやニュージーランドを選択肢にすると良いでしょう。

一方、学校は友達を作る程度で、アルバイトをメインにしたいという人はオーストラリア、自然の多いところでのんびり過ごしたいという人はニュージーランドといったように、個人の希望や目標によって選ぶ国が変わってきます。ワーキングホリデービザは申請に関する年齢制限がありますので、制限年齢ぎりぎりの申請は避けたほうがベターです。

ワーキングホリデー

現在様々な国でワーキングホリデー制度が利用できますが、英語圏のワーキングホリデー制度国に関しては、カナダとオーストラリアがアルバイトも見つけやすいこともあり、根強い人気があります。特に人気のある国BEST5をご紹介します!

ワーキングホリデー近年最も人気が高まってきているワーキングホリデー渡航先と言えばカナダが挙げられます。カナダの治安の良さや生活環境の良さ、また学校に最大6カ月まで語学学校に通えるという点が大きく、英語を学ぶにもアルバイトをするにも自由度が高いという面で人気があります。また、カナダでは綺麗なアクセントで英語が話されているため、聞き取りやすく学びやすいというメリットもあります。1年間のビザ発給制限数が決まっているため、毎年9月頃になると新規ビザの受付が終了するくらい人気のため、年明けにすぐに出発する方はビザの申請時期を早めに検討しておきましょう。

ワーキングホリデーワーキングホリデーと言えばオーストラリアというくらい、オーストラリアではワーキングホリデー制度が定着しています。そのため、ビザ申請もすべてオンライン上で行うことが可能です。特別なケースを除き書類を用意する必要がないため、申請から数日でビザが降りるというスピーディーさも魅力の1つとなっています。長期的にオーストラリアへ滞在したい人は、セカンドワーホリという最大2年まで滞在が可能というビザ制度を利用することもできます。海外生活をたっぷり堪能したい方は、2年間滞在できるメリットがあるため、多くの方がオーストラリアを留学地として選ばれます。

自然が多く、ゆったりとした雰囲気の中で過ごせる英語圏の国として人気がある国がニュージーランドです。学校は6カ月まで通学可能となっているため、しっかり腰を据えて英語学習することもできます。英語の学習を終えた人はファームへ移動したり、豊かな自然スポットを巡ったり、アルバイトに精を出したりとプランは人それぞれです。落ち着いた田舎の地域が多いため、アルバイトは少々見つけにくい場合もあるため、英語力や資金計画は重要です。しっかりとアルバイトで稼ぐというよりは、やや落ち着いた雰囲気でのんびりと休暇を過ごしたいという方に人気の国です。

ワーキングホリデー制度のある英語圏の国として、根強い人気がある留学国がイギリスです。イギリスのワーキングホリデービザは抽選となっており、発給数に限りがありますのでまず抽選に当たらなければ、ビザ申請ができません。ビザの発給制限数が圧倒的に少ないため、渡航者自体はカナダやオーストラリアに比べると少なくなりますが、抽選が開始されると毎年、応募が殺到するという人気ぶりです。イギリスのワーキングホリデー制度は2年間までの滞在が可能なため、ヨーロッパが好きで長期的にイギリスに滞在したい人におすすめです。

英語圏でも独特の文化と発展した都市で人気のある国と言えばアイルランドです。18~30歳までの申請が可能で、滞在可能期間は1年間となります。オーストラリアやカナダに比べると仕事はやや少なめとなりますが、日本食レストランなどの日系企業であればチャンスは十分にあります。特にアイルランドの文化や芸術に興味がある人におすすめです。イギリスのワーキングホリデービザが抽選に漏れた方が、すぐ隣のアイルランドを選ばれるケースも多くなります。アイルランドの生活の拠点を置きながら、観光ビザでイギリスを楽しむということも可能です。

ワーキングホリデー

ワーキングホリデーワーキングホリデービザで渡航するにあたり、最低限生活ができる英語力が必要となります。どのくらいの英語力があれば、現地で生活していけるのか、アルバイトの仕事が見つけられるのか明確な基準がないため分かりにくいものです。以下、あくまで目的別に目安として必要となる英語力について解説しています。

TOEIC 300点
海外旅行にいける

単語やカタコトの英語でコミュニケーションが取れるレベルです。海外旅行などの数日間程度の滞在であれば多少不自由があっても意思疎通ができます。

TOEIC 400点
現地で生活に必要な最低限のコミュニケーションがとれる

海外で長期的に生活するにあたり、日常会話で最低限のことが表現できるレベルです。カタコトのため、複雑なことを説明したり、明確な意思表示をしたりすることは難しいため、意志疎通の不便さも感じるレベルです。

TOEIC 500~600点
日系のアルバイトができる

日系のレストランやお土産屋さんで働くことができる、最低限のコミュニケーションレベルです。日本食レストランでは日本人というだけで英語力はあまり考慮されないため、基本的なオーダーや意思疎通が可能であればよしとされます。

TOEIC 700点
現地系のアルバイトができる

現地オーストラリア人やカナダ人が運営するカフェやレストランで、アルバイトができるレベルです。お客さんはほとんどが現地のネイティブスピーカーとなるため、ある程度複雑なことを言われても対処できる高い英語力が必要となります。

TOEIC 800点
ネイティブとスムーズに
会話ができる

現地の大学生や社会人と、スムーズに言疎通ができるレベルと言われます。ネイティブ同士で使われている高いレベルの語彙や文法、話題についていくには、まだ厳しさは残りますが、話の話題にはついていけるレベルとされます。

TOEIC 850~900点
英語を使って仕事ができる

現地や日本で英語を生かした仕事につく場合に必要となる英語力です。海外のビジネスマンとの商談や国際的な会議に対応できるレベルです。1年の語学留学であっても、なかなか到達困難なレベルになってきますので、このレベルを目指すためには計画的な学習プランを立てることが必要です。

お気軽にお問い合わせください
留学ドットコム

「一歩進んだ」留学に役立つ情報が手に入る!
ワーキングホリデー無料留学説明会
留学について思い立ったら…まずはコレ!
資料請求<無料>
ワーキングホリデーを有意義に過ごすためには?

ワーキングホリデーは基本的に欧米圏やアジアの先進国で導入されている制度となります。その中でもオーストラリアやカナダなどの英語圏でワーキングホリデーをされる方が圧倒的に多いため、現地で語学学校に通いながら英語力をつけてアルバイトで収入を得るという方が多くなります。しかし、英語ができないのにいきなり英語圏で生活するのが不安という方のために最近では2カ国留学という留学スタイルに人気が集まっています。

ワーキングホリデーワーキングホリデーのビザによる制限は国毎に異なりますが、一般的なワーキングホリデー制度であれば18~30歳までの心身ともに健康な若者であれば申請が可能です。語学学校に通える期間はおよそ3~6カ月程度となり、アルバイトに関しては特に制限がないというのが特徴です。(オーストラリアは一部制限あり)例を挙げますと、カナダやニュージーランドであれば6カ月まで語学学校へ通うことができますが、オーストラリアでは4カ月までと定められています。そのため、語学学校にできる限り長く通いたいという人にとっては、カナダやニュージーランドを選択肢にすると良いでしょう。

ワーキングホリデー 英語学習期間の目安
ワーキングホリデーのみの場合

ワーキングホリデー

英語力がないまま欧米圏の国へ直接渡航するため、最初に4~6カ月程度は語学学校に通う場合が殆どです。英語力が向上するまでは、友人作りやアルバイトを探すために時間がかかることもあります。また、ワーキングホリデービザ向けの職業訓練コースや試験対策コースなどは、中級以上の英語力が求められるため、規定の英語力に到達するまでは受講することができず、一般英語コースで基礎力を身に着ける必要性があります。

2カ国留学(フィリピン+欧米圏)の場合

ワーキングホリデー

フィリピンである程度の英語力を身につけてから渡航するため、2カ国目の欧米圏の語学学校に1~3カ月程度通う場合が多くなります。また、中級以上の英語力を身に着けていれば、欧米圏ならではの職業訓練コースや試験対策コースへの入学がスムーズです。語学学校でもある程度の意思疎通が可能なため、高い英語レベルの友人ができやすく、アルバイト先も日系ではなく時給が高く英語力が求められる現地系の職場で働ける可能性が高くなります。留学トータル費用に関しても、3分の2程度に抑えることが可能です。

2カ国留学
ワーキングホリデー

ワーキングホリデー
オーストラリア

ワーホリ先進国であり、人気の高いオーストラリアでは、毎年数多くの留学生を受け入れています。ビザはオンライン上で取得が可能な上に発給まで数日~1カ月というスピード感が取得しやすい理由のひとつとなっています。また、シドニーなどの都市部には語学学校や仕事が多いため多くの人が集まっています。学校に通える期間は4カ月までとなっており、アルバイトについては特に制限のないため自由度の高い国です。またセカンドワーホリ制度で2年間までの滞在が可能です。オーストラリアのワーホリ情報はコチラから確認することができます。

ワーキングホリデー
カナダ

近年人気の高まっているカナダは、住みやすい国として女性を中心として高い人気があります。また、語学学校に通える期間が長く、6カ月までは通うことができるため、しっかりと勉強したいけれどアルバイトでも稼ぎたいという希望が同時に叶う国のため、非常にバランスの取れたワーキングホリデー制度となります。ワーホリビザはオンライン申請となっており、取得まで2~4カ月程度かかり、発給数に限りがあるためカナダへ行きたい場合は早目に計画を立てることが必要です。カナダの情報はコチラから確認することができます。

ワーキングホリデー
ニュージーランド

のんびりとした雰囲気と、豊かな自然に囲まれた国であるニュージーランドは、落ち着いて1年間過ごしたいという方におすすめの留学先です。語学学校は4カ月まで滞在が可能で、アルバイト先もオークランドなどの都市部に集中しています。自然を生かしてファームステイをしながら旅行したり、週末はトレッキングに出かけたりなどリラックスした生活を送ることができます。

ワーキングホリデー
イギリス

歴史と伝統の国であるイギリスは、格式高いクイーンズイングリッシュを学べる国として人気があります。オックスフォードやケンブリッジなどの学術都市や、活気のあるロンドンなど魅力的な都市が多く、英語だけではなくお稽古留学も人気があります。ワーキングホリデービザは抽選制となっていますので、ビザが取得できるかどうかは運次第となります。ビザが取得できた場合は2年間まで滞在可能なため、様々なことに挑戦することができます。

ワーキングホリデー
アイルランド

独特の民族文化が発達したアイルランドでは、自然が多く、フレンドリーな人たちに囲まれて充実の留学生活を楽しむことができます。日本でも有名なアイリッシュパブには週末さまざまな人が集まり、社交の場として栄えています。ワーキングホリデービザは18~30歳までとなっており、1年間の滞在が可能です。

ワーキングホリデー
シンガポール

東南アジアの経済センターとして急成長を遂げるシンガポールは多民族国家であり、エネルギッシュな雰囲気を味わうことができます。シンガポールのワーキングホリデービザは18~25歳まで申請が可能で半年までの滞在が許可されています。しかし、取得できる条件として学歴がありますので、一部の大学の在学生と卒業生のみ申請が可能となっている点は注意が必要です。

ワーキングホリデー
フランス

美食の国として知られているフランスは、数多くの観光地があり文化的な留学地として人気があります。学校や就労に関しても特に制限がないため、自由度の高いビザとなります。18~30歳まで申請が可能で1年間の滞在が許可されていますので、憧れのフランスで優雅な生活を楽しむことができます。

ワーキングホリデー
ドイツ

ドイツのワーキングホリデー制度は、日本の若者にドイツの文化や暮らしを知ってもらう機会を提供するために始まりました。18~30歳であればビザ申請が可能ですが、日本人の場合はドイツに入国してから外国人局で申請ができるところが他国との大きな違いとなります。ドイツ人の気質は日本人と共通点が多いことで知られていますので、日本人に合った留学先と言えるでしょう。

ワーキングホリデー

無料カウンセリング

  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
留学ドットコム
「一歩進んだ」留学に役立つ情報が手に入る!
ワーキングホリデー無料留学説明会
留学について思い立ったら…まずはコレ!
資料請求<無料>
カテゴリー: 留学の目的 パーマリンク
2カ国留学
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
留学ドットコム
「一歩進んだ」留学に役立つ情報が手に入る!
ワーキングホリデー無料留学説明会
留学について思い立ったら…まずはコレ!
資料請求<無料>
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求