HOME矢印 シンガポール留学矢印 シンガポールのワーキングホリデー制度

シンガポールのワーキングホリデー制度

シンガポールのワーキングホリデー制度東南アジアで目覚ましい経済発展を遂げるシンガポールは、毎年数多くの観光客やビジネスマン、留学生が行き交う活気の溢れる国として人気があります。シンガポールのワーキングホリデー制度はオーストラリアやカナダなどの一般的なものと違い、姉妹制度と呼ばれる特別なプログラムとして発足しました。ワーキングホリデーの本来の目的である休暇を楽しむというよりは、将来的に優秀な人材を確保したいというシンガポール政府の要望から始まったものとなります。そのためワーキングホリデービザの取得には厳しい制限がありますが、アジアトップレベルの経済発展を体感したい、現地での就職に興味があるという方に人気の高い制度となります。

シンガポールワーキングホリデーの特徴

シンガポールのワーキングホリデービザは、2012年以降に厳格化されたため、ある一定の条件をクリアした人のみが申請できるという制度となります。そのため、まずは条件をクリアしているかを確認した上で申請を行う必要があります。以下では、シンガポールのワーキングホリデービザの申請条件やルールをご紹介します。

項目 内容詳細
申請資格 1.申請時に18歳以上25歳以下であること。
2. 指定の世界大学ランキングで200位以内の大学の学部に3カ月以上在学もしくは卒業していること。
(Quacquarelli Symonds World University Rankings/Shanghai Jiao Tong University’s Academic Ranking of World Universities/Times Higher Education World University Rankingsのいずれかとなります。)
滞在期間 最大6カ月まで
申請時期 年間通じて可能
申請方法 ビザ申請は、オンライン上で手続きが可能です。英文在学証明書もしくは卒業証明書とパスポートのコピー、ワーキングホリデービザ申請書を添付しメールで送信となります。また、シンガポール大使館ホームページにてビザ申請代理店の紹介があります。
就労 制限の定めなし
就学 期間の定めなし

※こちらの内容は、変更になる場合もございます。必ず申請前にシンガポール大使館のホームページよりお確かめください。

シンガポールワーキングホリデーの魅力

目覚ましい経済発展を遂げたシンガポールでは、高い教育水準と、多民族が共生するインターナショナルな環境が人気の理由となっています。ワーキングホリデー期間が終了した後でも、就職先があれば就労ビザに切り替えることができますので、海外就職を目指す人にも人気の高い国となっています。

1.高い教育水準とアジアトップレベルの経済発展を遂げた国

シンガポールのワーキングホリデー制度シンガポールの教育水準は非常に高いことで知られており、海外からも子息の教育のために移住してくる外国人が数多く存在します。高等教育を受けたシンガポール人は英語、中国語のバイリンガルであり、その上3か国語を操るというケースも珍しくありません。PISAと呼ばれる国際学習到達度調査でも上海、香港に続き3位以内にランクインしており、その教育水準の高さを知ることができます。ビジネスの中心地として外資企業も多数進出しており、活気のある雰囲気の中で様々なことを学ぶことができます。

2.様々な文化を受け入れる多文化主義

シンガポールのワーキングホリデー制度シンガポールには様々な民族が住んでおり、全体の約70~80%が中華系、15%がマレー系、8%がインド系とそれぞれ独自の文化を持った民族が生活しています。海外から留学、移住、ビジネスと様々な理由によって移住してくる外国人も多く、アジアで最も多文化主義を感じられる環境となっています。そのため、外国人であることを理由に差別を受けることも少なく、異文化コミュニケーションを通して様々なことを学ぶことができます。将来的に多国籍企業で働きたい、世界中の人が話す英語に触れておきたいという場合にはぴったりの留学先です。

3.観光のしやすいリゾート地も多数

シンガポールのワーキングホリデー制度シンガポールは赤道直下に位置しているため、年中高温多湿の気候が特徴となります。そのため、リゾート地としても開発が進んでおり、シンガポールの中心からわずか20分程度の場所に位置するセントーサ島では気軽にレジャーを楽しむことができます。また、カジノやショッピングセンターなど外国人向けに開発された観光スポットでは週末や休暇を利用して思いっきり楽しむことができるのも魅力のひとつです。多文化が入り混じる環境の中で、世界各国料理を味わうこともできますので、勉強だけではなく娯楽を充実させたい人にもオススメです。

4.インターン制度が発達しており、現地就職を目指せる環境

シンガポールのワーキングホリデー制度シンガポールへ渡航する人で、現地での就職を目指す人は少なくありません。元々、シンガポールのワーキングホリデー制度は優秀な人材の確保を目的としているため、現地就職前のお試し制度という意味合いが強くなります。インターンシップ制度も充実しているため、現地でワーキングホリデーをする半年間の間に就職先が決まれば、そのまま就労ビザを取得して移住することも可能です。シンガポールは人種差別がほとんどありませんので、たとえ外国人であっても優秀な人材であれば雇用されます。したがって、国籍問わず働きやすい環境となっていますので、現地での就職のステップアップとしてワーキングホリデー制度を利用することができます。

カテゴリー: シンガポール留学 パーマリンク
2カ国留学
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
留学ドットコム
「一歩進んだ」留学に役立つ情報が手に入る!
ワーキングホリデー無料留学説明会
留学について思い立ったら…まずはコレ!
資料請求<無料>
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求