HOME矢印 語学試験対策矢印 TOEFL試験対策

語学試験対策

TOEFL試験対策

TOEFL試験とは

TOEFL試験対策TOEFLは、1964年に米国非営利教育団体であるEducational Testing Service(ETS)によって開発された英語力を測るテストです。英語を母国語としない人を対象に実施ており、リーディング・リスニング・スピーキング・ライティングの4つのスキルを図ることができます。TOEFLテストには、TOEFL® PBT テストという紙ベースのテストと、とTOEFL iBT®テストというインターネット上で受験が可能なテストの2種類がありましたが現在はオンライン上で受験可能なTOEFL iBT®のみの受験が可能となっています。TOEFLは語学力を測る試験の先駆けとも言えるため、世界中に多くの受験者がいることでも知られています。アメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、カナダといった英語圏の大学がTOEFLテストスコアを入学時の条件としており、進学者に対して高い人気があります。TOEFLテストは、現在までに約3,000万人以上が受験するほどの知名度を誇るテストのため、日本企業においても英語力を知るための基準として考慮されることもあります。近年では大学の交換留学の英語力証明として利用されるケースが多く、現在大学生で将来的にTOEFLのスコアが必要になる方は早めに試験対策に向けた学習を開始しましょう。TOEFLのスコアは特に北米圏で重視される傾向にありますので、将来的にアメリカやカナダなどの北米圏へ移住したい人や、就職したい人は受けておいて損はありません。

項目 詳細説明
スコア テスト結果は0~120のスコアで表示されることになっており、合格・不合格という形式ではありません。したがって、受験すればある程度の得点は取得できるということになります。TOEFLの採点方法は、自動採点システムe-rater®と人間によって採点をする仕組みとなっており、より精密な採点が可能とされています。各セクションにつき満点は30点となっており、トータルスコアと併せて各セクションのスコアも表示されます。
試験日 TOEFL試験は月に3回~4回、土日を中心に開催されており、ETSのTOEFLテスト公式サイトからオンライン予約が可能です。申し込みが完了すると申し込み番号やテストの日程、会場、時間などが表示されますので必ず印刷して当日は持参しましょう。なお、海外での受験を希望される場合には、所属している語学学校に担当スタッフがいるため、受験希望を伝えれば予約と会場までのアクセスを教えてくれます。

お申込期限は試験日の7日前までとなっていますが、Late Registrationという4日前までのお申込みも可能です。しかし、その場合は受験料が割高となってしまうためご注意ください。また、郵送でのお申し込みも受け付けています。

結果 テスト日から約10日後にテストの採点が行われます。採点終了後にオンライン上で結果を確認することができ、スコア証明書は1通分のみ無料となります。こちらは事前にオンラインでのテスト申込時に申請する必要がありますので、忘れないように行っておきましょう。
利用できる場面 TOEFLテストは英語力を測る試験としては先駆けとも言える存在のため、世界中の幅広い国々で受け入れられています。特にアメリカ、カナダといった北米圏の国で最もポピュラーなものとなり、130カ国の9,000以上の大学や機関が、TOEFLのテストスコアを入学条件や、英語力の証明として採用しています。試験内容はアカデミックなものが中心となりますので、北米圏の大学進学を考えている人は必ず取得しておきたい資格です。

TOEFL対策可能な国

TOEFL試験対策コースが受講できる国は、アメリカやカナダといった北米圏の大学や語学学校が多くなります。元々北米圏の大学へ進学を希望する留学生のために始まった試験のため、対策コースもアメリカやカナダで充実していると言えます。一方、イギリスやオーストラリアなどのイギリス英語圏でもTOEFL対策コースを用意している学校はありますが、北米圏に比べるとやや数が少なくなっています。TOEFLはアメリカンイングリッシュが主な発音となりますので、日常的に現地で生活し、アメリカやカナダでネイティブの発音に慣れたほうがが良いとされます。なお、フィリピンでもTOEFL試験対策コースを用意している学校は多く、4~12週間と決まった期間内で結果を出せるようにカリキュラムが組まれています。短期集中で結果を出したい人や、欧米圏の留学の前になるべく費用を抑えてTOEFLスコアが欲しい人はフィリピン留学がおすすめです。

TOEFL対策に強い国の比較表

アメリカ イギリス カナダ オーストラリア ニュージーランド フィリピン

TOEFL試験対策授業の内容

TOEFL試験対策TOEFL試験対策コースの授業は、スピーキング、リスニング、ライティング、リーディングの4セクション毎に実力判定が行われます。4~8週間の最低受講期間が設定されていることがほとんどで、定期的に模擬テストを行うことによってTOEFL試験の形式に慣れていくことができます。特に独学で学習が難しいスピーキング部門とライティング部門では、どのように自分の意見を表現したらよいのか、論理的な思考力と表現力が必要とされるアカデミックライティングのコツ、幅広い教養科目に対応するための数多くの語彙や表現を学ぶことができます。TOEFL試験のコツやテクニックを教えてくれる講師は、TOEFL専任の講師となっていることが多いため、プロの視点から得点アップのコツを聞き出すことが可能です。また、TOEFLスコアを最短で取得したい場合は、フィリピンのTOEFLコースで講師からマンツーマンで指導して貰い、弱点を徹底強化するプランが最適です。自分の進捗に合わせて授業内容の調整が可能であり、一定の条件下で適用される得点保障コースで最短でのスコア取得が可能です。

カテゴリー: 語学試験対策 パーマリンク
2カ国留学
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
留学ドットコム
「一歩進んだ」留学に役立つ情報が手に入る!
ワーキングホリデー無料留学説明会
留学について思い立ったら…まずはコレ!
資料請求<無料>
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求