HOME矢印 マルタ留学矢印 マルタ生活について

マルタ生活について

マルタ生活についてマルタ留学している時、1日のスケジュールはどのようになっているのでしょうか。観光地であるマルタは、語学学校にて数多くのアクティビティが用意されています。そのため、午前中は英語の授業を受け、午後からは「英語+アクティビティ」と言う形のエンターテイメントを追加したコースも一般化しており、英語学習と観光どちらも楽しむことができます。ここでは、マルタでの留学生の一般的な1日の流れと、マルタの税金やホームステイ、物価などの基本的な生活情報をご紹介しています。事前にマルタ島の生活スタイルをイメージすることによって、現地での生活をより有意義にしましょう。

1日のタイムスケジュール例

時間 内容詳細
9:00~10:10 授業(1限目)
10:10~10:20 休憩
10:20~11:30 授業(2限目)
11:30~11:40 休憩
11:40~12:30 授業(3限目)
12:30~13:30 ランチタイム
13:30~15:00 英語+アクティビティ
15:00~ 自由時間

マルタでの生活情報

項目 内容詳細
ホームステイ マルタの一般的なホームステイ先は、マルタ原産の石であるハニーストーンを原材料として作られた一軒家が多くなります。通常、一家に留学生が数人程度暮らすスタイルとなり、国が定めた基準によって一軒に4人以上の留学生が滞在することはありません。他国と比べアットホーム感が強く、週末には一緒に出掛けたりすることも珍しくありません。
シェアルーム 1つの部屋を数人でシェアするスタイルのシェアルームは、基本的にはキッチン用品や家具、電化製品などは揃っている場合がほとんどです。相場としては2人部屋で週160ユーロからが平均的な家賃となっており、食事・洗濯・掃除などは各自で行います。
食事・外食 マルタでは外食は安価で楽しむことができます。街中に個人商店が多く、15~20ユーロもあればコース料理を食べることができます。良心的な価格設定のため、食費が高いと感じることはないでしょう。
インターネット 街の至る所にネットカフェ環境があるため、生活する上で不便を感じることはありません。
公共交通機関 マルタでは各家庭、車での移動がメインとなりますが、公共交通機関としてはバスが主になります。運賃は1~6ユーロ程度と安く移動ができます。
マルタの電圧やコンセント マルタのコンセントは日本のものと違いBF、B3タイプとなりますので変換プラグが必要となります。電圧も230Vと日本より高めになりますので、日本製品を使う際は必ず変圧器をご用意ください。
治安 マルタは観光客が多いため全体的な治安は良く、夜街を歩いても危険を感じるレベルではありません。エリアによっては治安の悪いところもありますので、好奇心だけで近寄らないようにしましょう。
医療機関 マルタの医療水準は先進国と変わらないため、病気になった際は付近の病院にて診察を受けることができます。
ショッピング関連 マルタは大きなショッピングモールというよりは、個人経営で小規模のお店が多くなります。そのため予告なくお店が閉まっていたり、土日は開けていなかったりすることもよくあるため、買い物をする際は余裕をもって行動しましょう。
現地物価 マルタの物価は、日本と比較するとやや低めになります。為替レートの変動によりトータル費用は変わりますが、自炊中心であれば1カ月あたり6~11万円程度で暮らすことができます。
マルタの税金 消費税が18%と日本に比べると高めに設定されています。
カテゴリー: マルタ留学 パーマリンク
2カ国留学
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
留学ドットコム
「一歩進んだ」留学に役立つ情報が手に入る!
ワーキングホリデー無料留学説明会
留学について思い立ったら…まずはコレ!
資料請求<無料>
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求