HOME矢印 フィジー留学矢印 予算・費用について

予算・費用について

予算・費用についてフィジー留学というと欧米圏への留学に比べて格安で実現できるイメージがありますが、実際にはどの程度の金額掛かるのか気になります。フィジーは物価が日本より安いことに加え、具体的な予算プランを知ることで無駄な出費を抑えて、必要な予算を勉強に回すことができます。どの程度の予算を用意しているのかによっても留学プランは変わりますが、予算に応じて現地での生活スタイルや留学プランを変えたりする必要があります。以下、フィジー留学に必要な費用の目安をご紹介します。

学生ビザでホームステイをしながら3カ月語学学校に通う場合

以下は3カ月間学生ビザで語学学校へ通い、ホームステイをする場合の予算例となります。

項目 期間 詳細 合計
授業料 3カ月 約7万円×3カ月 約21万円
入学金   入学金約2万円 約2万円
ホームステイ費用 3カ月 約5万円×3カ月 約15万円
生活費 3カ月 約3万円×3カ月 約9万円
航空券   往復チケット約20万円 約20万円
海外旅行保険 3カ月 ※月18,000円で計算した場合
18,000円×3カ月
約6万円
合計  約73万円

学生ビザで寮に入り12カ月語学学校に通う場合

以下は、学生ビザで1年間滞在し、語学学校に12カ月、学校の寮の一人部屋に住んだ場合の予算の例です。

項目 期間 詳細 合計
授業料 12カ月間 約7万円×12カ月 約84万円
入学金   約2万円 約2万円
寮費 12カ月間 約3.5万円×12カ月 約42万円
生活費 12カ月間 約3万円×12カ月 約36万円
航空券   往復チケット約20万円 約20万円
海外旅行保険 12カ月間 ※月18,000円で計算した場合
18,000円×12カ月
約22万円
合計  約206万円

※為替レートの変動により、費用は変わる場合はございます。

日本で支払うもの

  • 学校の授業料

学校の授業料、入学金は原則日本でのお支払いとなります。入学前に全額支払いを行う形となり、原則クレジットカードでのお支払いはできません。

  • 滞在費(ホームステイ・学生寮の場合)

学生寮やホームステイに入る場合は、入寮前に日本でお支払いして頂く場合があります。ホテルへ滞在する際はクレジットカードか現地払い、寮ではなくルームシェアをする場合は現地でのお支払いとなります。

  • 海外旅行保険

海外での事故に備えて、海外旅行保険は加入必須となります。海外旅行保険は補償内容によりお支払い金額が変わるため、ご自身に合ったプランにご加入ください。日本で加入し、渡航前に日本でお支払をすることになります。

  • 航空券

フィジーへの航空券は、原則往復チケットが必要です。この際お支払いは日本で旅行代理店への支払いまたはクレジットカードでのお支払いとなります。航空券の手配が不安な場合は、弊社の旅行代理店で手配することもできるため、お気軽にご相談ください。

現地で支払うもの

  • 生活費/交際費

現地で支払う主なものは、生活費や交通費です。食費、交際費、ルームシェアの際の家賃などは現地でのお支払いとなり、現金が必要になることもあります。現地ですぐに現金を引き出せる国際キャッシュカードを持っておくと安心です。

  • 教材費

教材費は現地の学校で支払になる場合があります。現金でのお支払いになる場合があるため、現金は多めに持っておくと安心です。

留学費用を抑えるコツ

留学費用を抑えるためには、ルームシェアや4人部屋の学生寮に入ると良いでしょう。また、当社のような手続き費用が掛からない無料エージェントに依頼して頂くことで、無駄な出費を抑えることができます。現地生活費などは為替レートの状況によっても変動するため、少しでも円高の時に両替することを意識するだけでも変わってきます。出発時期としては、飛行機チケットが割高になる年末年始、ゴールデンウィーク、お盆の時期、シルバーウィークなどを外して渡航するのがお勧めです。予算についてのご質問や詳しいお見積りに関しては、弊社までお気軽にお問い合わせください。

カテゴリー: フィジー留学 パーマリンク
2カ国留学
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
留学ドットコム
「一歩進んだ」留学に役立つ情報が手に入る!
ワーキングホリデー無料留学説明会
留学について思い立ったら…まずはコレ!
資料請求<無料>
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求