フランス留学の流れ

フランス留学の流れ
フランス留学やワーキングホリデーをするにあたり、必要な各種手続きとその流れについてご紹介します。留学プランを決定するまでにも時間が掛かるため、事前に手続きの流れを把握し余裕を持って準備を進めましょう。フランスのビザはオンラインで申請が完了するカナダやオーストラリアとは異なり、ビザによって面接やフランス大使館への書類提出、健康診断が求められるため時間と手間がかかります。その他、学校や滞在先、航空券の手配など出発までに必要な手続きも多数あるため、出発希望日から逆算し、不測の事態が起こった場合も焦る事が無いよう時間に余裕を持って準備を進めることをお勧めします。

フランス出発までの流れ

フランスへ出発する1年~6カ月前

フランス留学についての情報収集 資料請求にて基本的な情報収集を行います。また、カウンセリングを重ねてフランス留学についての具体的なプランを固めて行きます。ご自分の希望や目標を設定し、どういったプランがありどのような手続きとどのくらいの予算が必要なのかを把握し、留学について徐々に明確なフランス留学のイメージを作っていく時期です。

フランスへ出発する6カ月前

留学プランの決定・パスポートの準備 集めた情報を基に、具体的なフランス滞在プランを確定していく時期いなります。パスポートを持っていない場合や期限が足りない場合は申請が必要なため、余裕を持って手続しておきましょう。

フランスへ出発する4カ月前

学校や滞在先の手続き開始 語学学校や滞在方法を決定し、実際の手続きを開始する時期です。それぞれのビザ申請に必要な書類を確認し、少しずつ準備を進めて行きましょう。ワーキングホリデーでの渡航予定の方は、この時期に健康診断も必要です。

フランスへ出発する3カ月前

ビザ申請・航空券の手配
海外旅行保険の加入
全ての手続きを完了する時期です。フランスの各種ビザは、学生もワーキングホリデーもご出発の3カ月前から申請が可能となります。前以て準備した必要書類を提出し、必要な手続きを進めていきます。また、この時期になると航空券の手配も進めます。フランスへの航空券手配が完了し、出発日が確定すると海外旅行保険の加入手続きを行います。
※特にワーキングホリデーを希望する方は、ビザ申請の際に海外旅行保険加入証明書の提出が必須となるため注意が必要です。

フランスへ出発する2カ月前~当日

フランス渡航前の最終準備 全ての手続が完了したら、徐々に荷造りを開始します。必要なものとそうでないものをしっかりと確認し、時間に余裕を持って荷造りしましょう。また、ビザや学校書類、海外旅行保険加入証明書など必要書類が全て揃っているかを確認し、出発当日は入国時に確認を求められても大丈夫なように手荷物に入れてお持ちください。

フランス到着後の流れ

到着日~入学前日

到着日に空港ピックアップをお申込みの方は学校スタッフが空港までお迎えに上がり、滞在先までご案内します。滞在先到着後はゆっくりと過ごし長旅の疲れを癒して学校初日に備えます。学校初日に道に迷うことの無いよう学校までのアクセス方法もしっかりと確認しておいてください。

学校初日

学校は通常月曜日から開始されます。初日には学校についてのオリエンテーションやクラス分けのためのレベルチェックテストが行われます。またほとんどの場合、持ち物としてパスポートや入学許可証、筆記用具が必要となります。学校によっても初日の持ち物は異なるため、出発前にはしっかりと確認しておきましょう。

フランス留学の準備に関するQ&A

Q. フランス留学のビザの選び方は?

フランス留学の流れA.フランスでの滞在が90日以下の場合はビザの申請が不要ですが、それを超えて滞在する場合は学生ビザもしくはワーキングホリデービザの申請が必要になるため、滞在目的に合わせてビザを申請してください。フランス語学習をメインに滞在したい場合は学生ビザ、現地でのアルバイトや学習、周遊など自由な滞在をしたい方はワーキングホリデービザとなります。ビザの申請はどちらも出発の3カ月前から行うことができ、それぞれのビザによって申請方法も異なるため、事前に確認して余裕を持ってビザ申請を行ってください。

Q. 海外旅行保険はどのように手続すればいいですか?

A.フランス留学中は慣れない環境や生活で体調を崩したり怪我をしてしまったりすることも少なくありません。現地で治療を受ける際に海外旅行保険に加入していないと、高額な治療費を自己負担しなければならないこともあります。事前にしっかりとプランを確認し、自分に合った保険に加入しておきましょう。海外旅行保険に関するご案内やアドバイスは、保険取扱いの資格が必要です。弊社では資格を持った専門スタッフより、最適な保険プランをご案内致しますのでご安心ください。

Q. フランス留学の荷物はどのくらい持っていきますか?

A.留学時の荷物の量には個人差がありますが、多くの方が大きめのスーツケース一つとボストンバックやリュックなどの手荷物を一つ持って行きます。滞在が1年近い場合はどのくらい持って行けばいいのか悩むと思いますが、実際には大抵のものがフランスでも手に入ります。これは絶対に必要というものを厳選し、できるだけ無駄な荷物は減らしましょう。また、飛行機に持ち込める荷物の重量や数は、航空会社によっても異なります。航空券を購入する際には、荷物に関しても確認しておくことも大切です。出発日が近づいてからの準備は無駄な荷物を入れてしまったり、必要な物を忘れてしまったりする原因にもなります。フランス留学は海外旅行とは異なることを忘れず、荷造りの時間には余裕を持って少しずつ荷造りを進めていきましょう。

カテゴリー: フランス留学・ワーキングホリデー パーマリンク
2カ国留学
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
留学ドットコム
「一歩進んだ」留学に役立つ情報が手に入る!
ワーキングホリデー無料留学説明会
留学について思い立ったら…まずはコレ!
資料請求<無料>
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求