留学ドットコム矢印 シンガポール留学矢印 シンガポール留学の魅力

シンガポール留学の魅力

シンガポール留学の魅力シンガポール留学では、中華系・マレー系・インド系など様々な文化背景を持つグローバル都市で、多文化国家ならではの異文化体験をすることができます。シンガポールは国際的な学力調査でも明らかなように、世界でもトップクラスの教育レベルを誇ります。学校では英語を教育言語として使用し、公的にも実社会でも英語が使われており、アジアで唯一、公的にも実社会でも英語が日常的に使われている国です。シンガポールはバイリンガル教育が徹底されており、IT人材の育成といったグローバル人財教育に積極的であるため、将来グローバルに活躍したい方に刺激を受けられる留学地と言えます。

多様性への対応力と最先端の国際感覚が身に付く

シンガポール留学の魅力シンガポールは言わずと知れた多民族国家です。様々な国や地域からビジネスや移民として多く集まってくるため、シンガポールで生活することで必然的に「多様性」への対応力や「最先端の国際感覚」が身につけることができるのがシンガポールの醍醐味です。一歩外に出れば、肌の色、生活習慣、宗教など、それぞれの文化や民族性の違いを目の当たりにすることができます。小さな都市国家ながら、世界中からの移民を積極的に受け入れる多様性を重視し、絶妙なバランスで調和している、それがシンガポールの誇りとも言えます。シンガポールは昔からアジアの貿易拠点としての大きな役割がありましたが、2000年以降からIT化を積極的に進め、英語圏であることも手伝って、現在ではビジネス拠点としても大変有名な国に発展を遂げました。国土面積は小さな国ですが、アジアの国々の中で最も活気があるギャップもまたシンガポールの魅力です。

住みやすい生活環境と治安

シンガポール留学の魅力シンガポールは東南アジア圏に分類されますが、東南アジアひとくくりにすると、「怪しい、治安が良くない」というイメージを抱く方もいらっしゃるでしょう。しかし、一度シンガポールを訪問するとそういったイメージは覆され、建物は非常に洗練されており先進国とも引けを取らないほど発展していることに驚かれるはずです。衛生面も気になるところですが、シンガポールの衛生面は比較的良く、水道水はほぼ日本と同じ軟水で、そのまま飲むこともできます。ただし、海外であることには変わりないため、日本人の感覚では少し戸惑うこともあります。例えば、野外フードコート「ホーカーセンター」などでは、食事を食べ終わったあとのテーブルの上にお肉の骨や魚介の殻などがそのままになっていたり、テーブルや椅子が綺麗に拭かれていることがすくなかったりと、お世辞にも綺麗に保たれていると言えないことも多々あります。衛生面で気になる場合は、ウエットティッシュを持って行った方が良いでしょう。気になる治安ですが、きちんと気をつけてさえいれば、危ない目に合うことは滅多にないでしょう。しかし治安が良いといっても、そこは海外ですから決して油断していてはいけません。観光客を狙ったスリや置き引きなどの軽犯罪は発生しているため、軽率な行動は慎み、自分の身は自分でしっかり守ることが大切です。

シンガポールで海外就職も夢じゃない

シンガポール留学の魅力マレー半島の先端に位置する小さな島国が、1965年のマレーシアからの独立以降、世界を代表する国際企業のアジア中継拠点と言われるまでに発展を遂げた理由のひとつは、積極的な海外からの優秀な人材確保と言われています。資源に乏しく市場も小さな小国が、国家存亡をかけて効率よく経済発展を行うには、産業及び人的インフラ整備と作り上げることがとても重要と考えたためです。そんな能力ある外国人の雇用に積極的なシンガポールは、現在約7,000社もの多国籍企業がビジネスを展開していると言われており、日系企業も数多く進出しています。日系企業では日本語能力を武器に多くの日本人が働いており、シンガポールを拠点に東南アジア中を飛び回っている方もいらっしゃいます。語学力・国際感覚・就職というキャリアに必須要素の全てを体験できるシンガポールは、「留学後」を計画的に考える方には魅力的といえます。

シンガポールの気候と環境

シンガポール留学の魅力赤道近くに位置し常夏のシンガポールの気候は、年間を通じて蒸し暑い高温多湿な地域です。シンガポールの季節は雨季と乾季に分かれており、10月から3月は雨が多く、気温が少し下がります。また乾季は4月から9月で雨が少ないです。乾季であってもスコールとよばれる一時的に激しい雨が降る現象があるため注意が必要です。日本の気候と異なるシンガポールでは、屋外では水分補給、紫外線対策、暑さ対策をしつつ、室内では冷房対策と快適に過ごすための対策が必要です。常夏のため、基本的に日本の夏の服装(半袖、短パン、スカート、サンダル等)で問題ありませんが、レストランなどでは冷房がききすぎていて寒く、内外の温度差が激しいため、1枚羽織れるものを持ち歩いた方がいいでしょう。ただ、一部ホテルではTシャツ・短パン・サンダルのようなラフな格好は不可のところもあるため、高級ホテルへ行く場合などは、ジャケット等の着用が必要です。また、モスク等の寺院へ行く場合は、各宗教への配慮からあまり肌の露出がないような服装が好まれます。

カテゴリー: シンガポール留学 パーマリンク
2カ国留学
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
留学ドットコム
「一歩進んだ」留学に役立つ情報が手に入る!
ワーキングホリデー無料留学説明会
留学について思い立ったら…まずはコレ!
資料請求<無料>
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求