予算・費用について

予算・費用についてオーストラリアへ海外留学する場合、どのくらいの予算が必要なのかを知る必要があります。計画的に資金計画を組み立てることにより、余裕をもった留学生活を送ることができます。特にワーキングホリデービザで渡航される方は、アルバイト収入を前提とした資金計画を組み立てることになるはずです。その場合、渡航する都市の違いにより求人数や時給も変わってくるため、どの都市に行くのかも重要な要素になってきます。ギリギリの留学費用での渡航は、現地で仕事が見つからなかった場合や体調を崩して仕事ができない期間が続いた場合に、資金的に厳しくなりますので要注意です。ここでは1年間の留学期間を想定し、語学留学とワーキングホリデーで滞在した場合の平均的な予算についてご紹介します。

種目 ワーキングホリデーの場合 語学留学の場合
授業料 15万×4カ月=60万円 15万×12カ月=180万
宿泊費&生活費

ホームステイ/15万円×1カ月= 約15万
ルームシェア/13万円×11カ月= 約143万円

航空券

1年オープンチケット(往復チケット)= 約15万
※時期により費用は異なります。

海外旅行保険

海外旅行保険の1年間プラン
※1ヶ月あたり18,000円で計算した場合
18,000円×12カ月= 約216,000円

その他

光熱費/通信費: 約10万円/年
交通費: 約8万円/年
お小遣い: 約30万円/年
ビザ申請費用: 約5万円
※お小遣いや旅行費などは個人差によって変わります。

アルバイト収入 月12万円×10か月= 120万円 月8万円×10か月= 80万円
合計 約120万円 約170~200万円

※ワーキングホリデービザの場合、語学学校4カ月/ホームステイ1カ月+ルームシェアしたモデルケースの予算計画となります。
※学生ビザの場合、語学学校12カ月/ホームステイ1カ月+ルームシェアしたモデルケースの予算計画となります。
※合計費用は、授業料~その他の費用を足したものから、アルバイト収入を引いた金額となります。

上記の表の通り、語学留学とワーキングホリデーではトータルの予算に大きな違いがあります。オーストラリアではカナダと違って学生ビザで渡航した場合でも週20時間までのアルバイトが可能なため、学費や生活費を多少カバーすることができます。ワーキングホリデーの場合はアルバイトが可能な時間に制限がないため、アルバイトの掛け持ちをしたり毎日働いたりした場合は月20万円を超える収入が期待できる場合もあります。上記の表はアルバイトで稼いだことを前提とした費用のため、一般的にはワーキングホリデービザの平均予算は約150万円、学生ビザの場合は250万円程度を目安として資金計画を組み立てましょう。

日本での支払い費用と現地支払い費用

予算・費用について留学費の中には、日本であらかじめ費用を支払っておくものと、現地での支払いが必要になるものがあります。日本で支払いの費用としては学校の授業料やホームステイなどの職滞在費用、航空券代、海外旅行保険代、ビザ申請代があります。また、現地支払いの費用としては、生活費や交通費、お小遣いとなり、比較的個人差の大きい出費となります。留学費用を抑えるためには、留学ドットコムのような手続き無料エージェントを利用して効率的な留学をアドバイスして貰ったり、現地での生活費は自炊中心の生活を心掛け、交際費などを抑えたりすることを意識することが重要なポイントです。

カテゴリー: オーストラリア留学・ワーキングホリデー パーマリンク
2カ国留学
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
留学ドットコム
「一歩進んだ」留学に役立つ情報が手に入る!
ワーキングホリデー無料留学説明会
留学について思い立ったら…まずはコレ!
資料請求<無料>
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求