ビザ種類について

ビザ種類について海外留学としてオーストラリアに入国する場合に必要となるビザは、主に3種類あります。ワーキングホリデービザ(ワーホリビザ)、学生ビザ、観光ビザとなっており、日本人留学生が一番多く利用しているビザはワーホリビザとなります。ビザの種類で迷われる方も多いのですが、ビザにはできることとできないことが予め決まっています。主に滞在期間と学習目的の留学かどうかで、ビザの種類がほぼ決待ってきます。自分の目的外のビザを選んでしまった場合、現地入り後に計画が狂ってくることになります。こちらのページではそれぞれのビザについての説明と、どのようにビザを取得できるのかをご紹介します。

観光ビザ

ビザ種類について日本国籍の場合は、3カ月まで観光ビザでオーストラリアに滞在することができます。事前にインターネットでETASとよばれる観光ビザの申請を済ませ、移民局側からの発給通知を受けた後の入国となります。観光ビザには観光ETAと短期商用ETAがあり、旅行の場合は前者を取得することになります。申請には20ドルが料金として発生しますが、安価で代行を行う業者もあるため、そちらも利用することができます。なお、自分で申請した場合が最短で取得することができ、専門業者を利用した場合は最長2週間程度の時間が掛かる場合があるため、出発日が迫っている場合は割高であっても自分で申請する必要性があります。

当社ではお客様の渡航時期に合わせてビザ申請のアドバイスを行っておりますが、余裕を持って手続き頂いた方が確実のため、観光ビザでの渡航の場合は1カ月程度の準備期間を想定して頂けるとベストです。

観光ビザでできない事

・3ヵ月以上の滞在。
・アルバイトなどの就労。

観光ビザの延長について

ETASで滞在できる期間は、3ヵ月間と決まっています。ETASでの滞在延長は、国内ではできない法律になっているため、観光目的で滞在延長を希望する場合はe600ビザという別の観光ビザを取得する形となります。こちらはオーストラリア長期訪問ビザと呼ばれ、オンライン上で申請することができ、最長で12カ月まで滞在することができます。なお、観光目的で滞在延長する場合、滞在希望期間相応の目的が必要なため、審査は厳しくなります。旅行プランなどをしっかり立てて、書面で提出するなど求められる場合もあるため、誰でも気軽に滞在延長できるものではありませんので、予めご注意ください。

ワーキングホリデービザ

ビザ種類についてワーキングホリデービザ(ワーホリビザ)とは、オーストラリアでの観光や訪問を目的としたビザであり、就労が許可されているビザとなります。日本国籍を持つ18~30歳の若者であれば誰でも申請が可能であり、ある一定の条件を満たせばセカンドワーホリビザが取得でき、最長2年までの滞在が可能です。申請は全てオンライン上で可能となっており、早ければ数日、遅くても1カ月程度でビザが発行されます。万が一、追加書類が求められた場合は1カ月以上かかることもありますので、余裕をもって申請を始めることをおすすめします。

ワーホリビザで渡航する場合は、ビザが発給されてからでなければ入国できるかどうかの確定が成されません。ビザの発給後に学校手続き、航空券、海外旅行保険の手続きを行っていくため、手続きの理想期間は、3~4か月前を想定しておくと良いでしょう。

ワーキングホリデービザの申請条件

・日本国籍を持っていること
・年齢が申請書受理の時点で18歳以上30歳以下
・以前にオーストラリアのワーキングホリデービザを取得していないこと
・心身共に健康であること
・ビザ申請の際420ドル相当の参加費の支払いが必要(2015年6月現在)

※ワーキングホリデービザは、日本人国籍以外でも取得できる国があります。日本人国籍以外の方は、ご自分の国籍がワーキングホリデービザ対象国かどうかをお調べしますので、お気軽にご相談ください。

ワーキングホリデービザのポイント

オーストラリアのワーキングホリデービザは、取得から1年以内に入国する必要があります。また、セカンドワーホリを取得したいと思っている人は早目にファームを探し、決められた日数分(88日間)以上の労働証明書を入手する必要があります。ワーホリビザは基本的には1年までと期間が定められているため、自分がやりたいことや目標をしっかりとプランに練り込み、行動することで後悔のない留学が実現されます。オーストラリアで何ができるのか分からない方や、何をするか迷っている場合は留学カウンセラーに相談するというのもお勧めです。

学生ビザ

ビザ種類についてオーストラリアで3カ月以上勉強する場合は、学生ビザを申請することになります。学生ビザの申請条件の中に、政府認定校の学校で「週25時間以上フルタイムで学校に通う」という条件があります。申請の際に入学許可証が必要となりますが、学校側に学生ビザが取得できるコースであるかどうかを確認することが必要です。ビザ申請は基本的にオンライン上で行うため、オンラインで全ての手続きを完了する形となります。学校の入学許可証など書類の準備に時間がかかるものがあるため、留学プランは半年前には決めて余裕をもって手続きを開始しましょう。学生ビザでの滞在期間は、通常学校に通う期間に加えて1カ月程度の滞在猶予期間が与えられるため、学校を卒業した後もある程度旅行や滞在が許されています。

学生ビザ申請に必要な書類

・535ドルの申請費用(2015年6月現在)
・学校からの入学許可証(COE)
・パスポート
・クレジットカード
・健康診断用紙
・海外留学生健康保険(学校で申し込み可)

※学生ビザの申請は、学校のコース開始予定日から遡って4カ月を切ってからでなければ、ビザ申請ができません。余裕を持って準備されている方は、4カ月を切るまでお待ちください。

現地での学生ビザ申請

オーストラリアの学生ビザは、オーストラリア国内からでも申請が可能です。3か月間有効な観光ビザ(ETAS)でオーストラリアへ入国し、語学学校に通いながら学生ビザの申請を始めることができます。注意点としては、学生ビザで学校に通っている場合は各学期80%以上の出席率が達成していない方は、学生ビザを取り消されるというケースもあります。アルバイトも週20時間までは可能ですが、学生ビザを取り消されてしまっては元も子もないため、しっかりと学業に専念するプランを立てましょう。

カテゴリー: オーストラリア留学・ワーキングホリデー パーマリンク
2カ国留学
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
留学ドットコム
「一歩進んだ」留学に役立つ情報が手に入る!
ワーキングホリデー無料留学説明会
留学について思い立ったら…まずはコレ!
資料請求<無料>
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求