HOME矢印 オーストラリア留学・ワーキングホリデー矢印オーストラリア留学Q&A矢印留学生活に関して矢印 Q4.オーストラリアと日本の生活スタイルの違いを教えてください。

留学生活に関して

Q4.オーストラリアと日本の生活スタイルの違いを教えてください。

A.
オーストラリア人と日本人では、生活スタイルや考え方は大きく異なります。さらに、オーストラリアには様々な国籍や民族が暮らしているため、それぞれ異なる生活スタイルを持っていることが一般的です。留学してホームステイをすると現地の方々がどのように生活しているのかをよく知ることができますが、ここではあらかじめ一般的なオーストラリア人の生活スタイルについて日本と比較しながらご紹介します。

  オーストラリア 日本
生活リズム オーストラリア人の朝は早く、5時頃に起床して通学や出勤前に軽い運動や、カフェでゆっくり過ごす方もいます。一般的にオーストラリア人は夜が早く、20~22時には就寝するため、朝方の人が多いと言えます。 日本人は朝7時ごろに起床し、夜は22時以降に就寝という人が多くなります。どちらかと言えば朝から夜まで活動する人が多いと言えます。一般的に日本人の方がオーストラリア人よりも夜型になる傾向が強いと言えます。
食事 朝食はシリアル、コーンフレークなど軽く済ませ、昼食はパスタやサンドイッチ、ファーストフードになります。オーストラリアは名物料理を殆ど聞きませんが、それを象徴するように夕食はワンディッシュ+デザートが主流で、食生活は極めてシンプルです。移民国家であるため、他国の料理も充実しています。 朝食からしっかりと食べる習慣があり、昼食も定食や持参したお弁当を食べます。また、夕食が一日のメインとする価値観があるため、夕食は品数が多くしっかりと食べる習慣があります。日本人は日本食のみに限らず、多国籍の料理も柔軟に対応できる国民と言えます。
生活習慣 オーストラリアは雨が降る日が少なく水が貴重なため、シャワーは5~10分以内と決められている場合がほとんどです。また、法律で飲食店では全席禁煙が決められているため、注意が必要です。 水資源が豊富なため、1日に何度もシャワーを使うなど、水を節約して使うという意識はさほど強くありません。飲食店では禁煙と分煙、喫煙席に分かれているため、不便さも少ない環境です。
仕事 仕事より人生を楽しむという価値観が強いため、効率よく仕事を終わらせ定時で退社し、余暇を楽しむ文化となっています。また、職場では経験や即戦力が求められるため、インターンシップ制度が普及しています。 仕事を中心とした生活をしている人も多く、残業や飲み会なども重なり仕事に従事する時間が長くなる傾向にあります。新卒採用制度があるため、企業に入った際はあらかじめ研修を受けて働くことができます。
休日 休日は家族や友人、パートナーとアウトドアスポーツをしたり、食事をして楽しんだりと、人と人との交流を大事にします。1年で長期バケーションも取る方も多く、長期的に旅行することもあります。 土日は家族や友人、パートナーと過ごすこともありますが、娯楽施設が充実しているため一人でも楽しむことができます。欧米圏の方々に比べて、個々の時間を大事にする国民性です。
ショッピング 店やデパートは基本的に17時~18時の間に閉店します。木曜日や金曜日はレイトナイト・ショッピングデーとして20~21時まで開いているお店もあります。コンビニも数が少なく、品揃えも悪いため生活環境は日本よりも不便です。 基本的に店やデパートは、20~21時まで開いており便利です。また、年中無休や24時間営業の店が多く、住宅街でもコンビニがあるなど充実しているため、生活面で便を感じることはほとんどありません。

このように、オーストラリアと日本との価値観や生活スタイルには大きな違いがありますが、「郷に入っては郷に従え」という言葉にあるように、現地の生活スタイルを尊重し、理解しながら暮らしていく必要があります。オーストラリアにもオーストラリアの良い部分がありますが、生活面の便利さに関しては世界中どこに行っても日本に適う国が無いことも同時に海外留学で気付かされます。

カテゴリー: 留学生活に関して パーマリンク
2カ国留学
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
留学ドットコム
「一歩進んだ」留学に役立つ情報が手に入る!
ワーキングホリデー無料留学説明会
留学について思い立ったら…まずはコレ!
資料請求<無料>
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求