留学ドットコム矢印 インド留学矢印 留学準備リスト

留学準備リスト

留学準備リスト

インド留学の渡航準備をするにあたって、必要な物とそうでない物を自身で判断することは難しいことです。当ページでは、インド留学に必要な物を優先順にご紹介します。特に長期でのインド留学の場合は、持ち物がかさばらないよう必要最低限の物を持って行くようにしましょう。忘れ物や余分な持ち込み物を防ぐためにも、時間に余裕を持って準備を進める事をお勧めします。インド国内で手に入る物もあるため、日本でしか手に入らない物を優先的に持参しましょう。

インド留学の必須アイテム

項目 補足説明
パスポート 国際的な身分証明書となるパスポートは、出入国の際に必要です。インドの場合は、ビザ申請時に「6カ月間以上のパスポート存有効期間」が必要です。パスポートの有効期間が足りない場合や、そもそもパスポートを持っていない場合は時間に余裕を持って申請しましょう。
飛行機チケット インド行きの航空券は、旅行会社窓口やインターネットで購入することが可能です。航空券購入後はEチケットが発行されるため、プリントアウトして空港に持参します。チェックインカウンターでEチケットを見せると、飛行機チケットを発行してくれますので、Eチケットの持参を忘れないようしましょう。
国際キャッシュカード
キャッシュパスポート
デビットカード
これらのカードでは、インド国内のATMから日本の口座からルピー(現金)を引き出すことができます。日本の金融機関の口座にお金を預けておくため、急に現金が必要になった場合でも日本にいるご両親からお金を振り込んでもらうことができるため大変便利です。国際キャッシュカードやデビットカードは、大手銀行で発行することができます。キャッシュパスポートは、クレジットカード会社で発行することができます。
クレジットカード 発展途上国であるインドではクレジットカードを利用できる場所が限られますが、観光客が多く訪れる場所やショッピングモールなどで利用することができます。海外でクレジットカードを利用する場合は、JCBではなくVISAやMASTERカードを用意しておきましょう。
ルピー通貨(現金) 日本円からルピーへの両替は、現地でも可能ですが、到着後すぐの出費に備えて、日本で数万円程度ルピー通貨に両替しておくことをお勧めします。また、日本円も数万円現金で持参し、必要に応じて現地で両替することができるため安心です。両替する金額は留学期間によっても異なりますが、概ね5~10万円程度両替しておけば安心です。
海外旅行保険の保険証 インド留学中は、高温多湿の気候や食事などの生活環境の違いから、体調を崩してしまうこともあります。インドで病院に行く際に保険を加入していない場合、治療費が高額になってしまう場合があります。インド出発前には海外旅行保険に加入し、念のため保険証書を1枚はコピーして持参しましょう。
語学学校の入学許可証 インド国内への入国審査では、入国目的を確認されることがあります。入国時は英語で説明するのが難しいため、渡航目的を言葉以外の手段で説明できるよう、語学学校の入学許可書や滞在先の情報といった学校書類一式は揃えて手荷物として持参しましょう。入国審査官はコミュニケーションが難しいと判断した場合は、「何か書類を持っていないか?」と尋ねてくる場合がありますので用意しておきましょう。
滞在先の連絡先 インドに入国する際、留学目的と共に現地での滞在先や連絡先の提示を求められることがあります。そのため、空港を出た後にどこで宿泊する予定なのか、インド留学での滞在先住所を必ず提示できるようにしておきましょう。

優先度2

項目 補足説明
衣類 衣類は現地で洗濯することもできますので最初の2週間分ほどを持ち込み、あとは洗濯や現地で入手したものをご利用下さい。
常備薬 インドで体調崩した際、現地で薬を入手することもできますが、海外の薬は強く体に合わない可能性もあります。使い慣れた薬がある場合は常備薬として持参することをお勧めします。
化粧品 インドでも化粧品を購入することはできますが、日本と同じ質の物を手に入れるのは難しいのが現実です。肌に合わないこともあるため肌が弱い方やこだわりのある方は使い慣れたものを持参するのが良いでしょう。
コンタクトレンズ用品 コンタクト用品はインドでも購入することが可能ですが、英語での購入となりますので不安な方は日本からお持ち下さい。
変圧器・変換プラグ インドは日本と電圧もプラグタイプも異なります。日本の家電製品を利用する際は変圧器や変換プラグが必要となる場合がありますのでご注意ください。最近はスマホやパソコンなど海外対応の家電製品もありますので、事前に対応電圧を確認しておきましょう。
電子辞書 電子辞書は紙の辞書よりも持ち運びやすく、調べる際も素早く確認することができ、時間の短縮にもなるので大変便利です。電子辞書を持ち込む場合は念のため、予備の電池も持参することをお勧めします。
参考書 インドで使用する教材は基本的に全て英語で記載されています。講師の説明も英語となるため、自習やちょっとした文法の確認などの際は日本語の参考書あると便利です。

優先度3

項目 補足説明
デジタルカメラ スマートフォンを使って写真を撮ることも多くなりましたが、デジタルカメラであれば高画質で思い出を残すことができ、メモリが一杯になれば現地でSDカードを入手できるためお勧めです。
日本食 現地でも日本食を手に入れる事もできますが、日本と比べると割高となりますので、荷物の様子を見ながらレトルト食品などもお持ち下さい。
日焼け止め インドの紫外線は、地域にもよりますが日本の2~3倍と言われています。現地で調達することもできますが、肌に合わない場合もあるので日本から持参することをお勧めします。
カテゴリー: インド留学 パーマリンク
2カ国留学
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
留学ドットコム
「一歩進んだ」留学に役立つ情報が手に入る!
ワーキングホリデー無料留学説明会
留学について思い立ったら…まずはコレ!
資料請求<無料>
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求