留学準備リスト

留学準備リストニュージーランド留学する際、必要な持ち物をご紹介します。海外留学するにあたり、必要な物とそうでない物は留学する国やその国の気候などにより多少異なります。日本で使い慣れた日用品などは、大抵のものはニュージーランド国内で手に入れることができます。しかし選択肢は日本国内に比べて少なくなるため、使い慣れたものしか使えないという人や外国では手に入りにくいモノに関しては、出発前に確認して日本で購入しておく必要があります。出発直前になって購入しなければならないモノに気づいて焦ることのないように、出発1週間前までには余裕をもって準備を済ませておいてください。

持ち物リスト:書類関係

項目 補足説明
パスポート パスポートの有効期限ですが、まずは滞在終了予定日から3カ月後まで有効期限が残っていることをご確認ください。また、念のため顔写真のページのコピーを数枚保管しておいてください。万が一紛失・盗難にあった場合パスポートのコピーがあると再発行がスムーズに進みます。再発行には顔写真が必要であるため、パスポートサイズの証明写真2枚も合わせてご用意ください。
航空券 航空券はインターネットで手配される方がほとんどですが、航空券購入後にEチケットがメールで送付されるため、そちらを必ずプリントアウトしておいてください。なお入国の際に帰国便、もしくはニュージーランドから出国するための航空券の提示を求められる場合がございます。帰国便の航空券の手配を済ませ、その証明もお持ちください。
ビザ 3カ月以上滞在予定の方であれば観光、語学留学、ワーキングホリデーの目的を問わずビザの取得が必須となります。ビザを申請後、移民局から送られてきたEビザをプリントアウトして入国の際にパスポートと一緒にお持ちください。またEビザのコピーを一部日本の実家などに保管しておくと安心です。
現金(現地通貨・日本円) 現地到着後の交通費や出費が必要な時のために、3万円から5万円程度を出発前に現地の通貨に両替を済ませておいてください。現地到着後も銀行や空港、両替所などで両替が可能ですが、出発前に両替しておくと入国後の手間が省けます。日本円は必要ないと思われる方もいらっしゃいますが、帰国する際の交通費等で必要となるため1万円程保管しておくと便利です。
国際キャッシュカード
キャッシュパスポート
国際キャッシュカードやキャッシュパスポートは、急にお金が必要となった場合に日本からお金を振り込んでもらい、現地で引き出すことができるため1枚持って行かれると安心です。特にキャッシュパスポートは日本から現地で開設した銀行口座へ振り込むより手数料が割安であるためお勧めです。
クレジットカード VISAもしくはMasterであれば現地で使用可能ですが、JCBは使用可能な店が少なく土産店等でのみ使用可能となるためご注意ください。紛失・盗難に備えて、カード会社の緊急連絡先を控えておいてくだい。現地のクレジットカードを発行することも可能ですが、申し込まない限り分割払いやリボ払いはできません。
海外旅行保険の証書 けがをした場合や病院に行く際に手元に海外旅行保険の証書があるととても便利です。普段の生活で持ち歩く必要はありません。紛失しないようにスーツケース等にしっかりと保管しておいてください。また出発前にコピーを1部日本で保管しておくと安心です。
入学許可書 3カ月以内のビザなしでの滞在中や、学生ビザもしくはワーキングホリデービザで学校に通われる方は、学校から発行される正式な書類を必ずお持ちください。ニュージーランドに入国する際、滞在目的を尋ねられる場合があります。学校に通う旨を伝え学校からの入学許可書を提示すれば、入国審査がスムーズに進みます。
滞在先の証明書 入国審査の際に提出する入国カードに滞在先の住所を記入する欄があります。手元に滞在先の書類があれば住所の記入もできますし、滞在目的などを問われた場合に提示するだけで良いため、スーツケースではなく手荷物で持ち込むようにしてください。ホームステイ先に滞在される場合はホームステイに関する書類もお持ちになるとベターです。
国際免許証 ニュージーランド国内で運転をする予定の方のみ必要となります。国際運転免許証の有効期限は入国日より1年間であるため、1年以上滞在予定の方はご注意ください。日本の運転免許証をニュージーランドの運転免許証に切り替えることも可能です。国際免許証は身分証としては無効ですが、ニュージーランドの運転免許証であれば身分証として有効です。

持ち物リスト:生活用品

項目 補足説明
衣類 渡航都市の気候にあった服装を、約10日間着回しのできる程度準備してください。ニュージーランド全土で温暖な気候ではありますが、夏であっても夜は冷え込むためパーカーやカーディガンなど羽織ものが必要です。冬期に滞在予定であればコートやダウンなどの防寒具が必要です。現地調達も可能ですが、サイズ表記が異なるため下着等は日本で調達しておくことをお勧めします。
電化製品 パソコンは履歴書作成や書類作成に役立ちますが、学校や図書館にも設置されているため持ち込まなくても大丈夫です。Wi-Fi用や連絡先の確認用にスマホを持って行かれる方が多いです。電化製品は盗難に遭いやすいため、持ち込む場合はご注意ください。また電圧をご確認の上、必要に応じて変圧器と変換プラグを使用してください。
化粧品
コンタクトレンズ
シャンプー等のバスグッズや化粧品は一通り現地で調達できます。肌の弱い方やこだわりのある方は基礎化粧品等を日本からある程度持参することをお勧めします。生理用品も日本製品がやはり高品質ですが、大差はないため現地での調達で十分です。コンタクトレンズは割高なため、日本から余分に持ち込むとベストです。
常備薬 普段服用している風邪薬や胃腸薬、鎮痛剤等を持参されることをお勧めします。あまり大量に持ち込むと空港で止められるためご注意ください。現地でも調達できますが風邪薬などでも効果や副作用が強いものがあります。現地の薬を服用する際は説明をきちんと読むか、薬局の窓口で説明を受けたうえで正しく服用してください。
参考書等 現地で購入できる参考書等は、すべて英語で書かれたものになります。日本語で説明された文法書や単語帳などで勉強されたい方は、日本からご持参ください。電子辞書を持って行かれると、普段の生活の中でわからない単語を調べる際や学校の予習、復習などの勉強にとても便利です。

用意しておくと便利な物リスト

項目 補足説明
サングラス ニュージーランドは日差しが強いため1つ持参しておくと便利です。よく持ち歩くためあまり高価なものは必要ありません。
日焼け止め 現地でも購入できますが、日本の製品と比べてべたついたり白くなったりと質があまりよくないため、日本から普段使っているものを持参することをお勧めします。
ビーチサンダル 普段の生活はラフな格好でビーチサンダルを履いている人が多いです。また室内で靴を履いたままの習慣であるニュージーランドでは、室内履きとしても重宝します。
洗濯用ネット デリケートな衣類を洗濯するために女性は洗濯用ネットを持参されると便利です。毎日洗濯することはあまりないため、大きめの物だとより使いやすいです。
折り畳み傘 雨の日の多いオークランドでは突然の雨に遭遇することがあるため必要です。現地でも調達できますが、日本の製品がやはり丈夫で質が高いです。
カテゴリー: ニュージーランド留学・ワーキングホリデー パーマリンク
2カ国留学
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
留学ドットコム
「一歩進んだ」留学に役立つ情報が手に入る!
ワーキングホリデー無料留学説明会
留学について思い立ったら…まずはコレ!
資料請求<無料>
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求