ビザ種類について

ビザ種類についてニュージーランドに入国する際、日本国籍の方は滞在が3カ月以内であればビザ申請の必要はありません。そして、ビザ有効期限内であれば観光はもちろん語学学校に通うことも可能です。3カ月以内の滞在を目的に入国するには、帰国便やニュージーランドから出国するための有効な航空券を所持していること、滞在するための十分な資金があること、パスポートの有効期限がニュージーランド出国予定日から3カ月後以降であることが入国の条件となります。3カ月以上の滞在を予定している場合は、滞在目的が観光であっても就学であってもビザの申請・取得が必ず必要となります。留学のプランにより取得するビザや申請方法、準備書類なども変わってくるため、渡航まで時間に余裕をもってビザの申請・取得することが大変重要です。

観光ビザ(3カ月以上滞在の方)

ビザ種類について3カ月以上滞在予定の方は、事前に観光ビザを申請すると最大9カ月間滞在することができます。長期の観光が目的の方や就学と観光が目的の方にお勧めのビザです。観光ビザでは就労はできませんが、就学は丸々3カ月間認められています。このビザでは18カ月期間のうち9カ月の滞在が認められているため、9カ月連続で滞在された場合、出国後9カ月間はニュージーランドへは入国できないためご注意ください。3カ月以内の滞在予定でビザの申請なしで入国した後に滞在期間を延長することも可能ですが、この場合は観光ビザの申請料が有料となるため、事前にしっかりと計画を立てて目的に合ったビザの選択が必要です。

観光ビザ申請に必要な書類

・パスポート(有効期限が滞在期間プラス3カ月であること)
・パスポートのバイオページ(顔写真のあるページ)のコピー2部、パスポートのビザや出入国スタンプのあるすべてのページのコピー1部ずつ
・申請用紙(Visitor Visa Application INZ1017)
・申請料金 無料(2015年7月時点。別途手数料がかかります。)
・パスポートサイズの証明写真2枚
・ニュージーランドから出国するための航空券(他国へ渡航する際はその国のビザの証明も必要となります。)
・滞在資金の証明(1カ月の滞在に対しNZ$1,000必要です。本人名義で1カ月以内に発行された預金残高証明書等での証明が可能です。)
・就学する場合は学校の入学許可書や領収書
・胸部レントゲン検査(6カ月以上滞在予定の方)
※胸部レントゲン検査はニュージーランド移民局指定の病院での検査が必要となります。

学生ビザ

ビザ種類について3カ月以上の期間、フルタイム(週20時間以上)のコースを就学目的の方は学生ビザの申請が必要です。申請は郵送もしくはオンラインでの申請が可能となります。学生ビザの申請には学校や滞在先に関する様々な書類の提出が必要となります。また提出した書類に問題がなければ申請から発給までに3週間ほどの時間を要するため、渡航するおよそ6カ月前から時間に余裕を持って計画・準備することをお勧めします。アルバイトは原則認められていませんが、勉強する期間やコース、英語の能力によりアルバイトが認められるケースもあるためニュージーランド移民局のページでご確認ください。

学生ビザ申請に必要な書類

・パスポート(有効期限が滞在期間プラス3カ月であること)
・パスポートのバイオページ(顔写真のあるページ)のコピー2部、パスポートのビザや出入国スタンプのあるすべてのページのコピー1部ずつ
・申請用紙(Visitor Visa Application INZ1012)
・申請料金 23,800円(ニュージーランド国内で申請する場合の料金。日本国内での申請は無料。)
・パスポートサイズの証明写真2枚
・ニュージーランドから出国するための航空券(他国へ渡航する際はその国のビザの証明も必要となります。)
・滞在資金の証明(36週間未満の留学の場合1カ月につきNZ$1,250、36週間以上の留学の場合1年につきNZ$15,000。本人名義で1カ月以内に発行された預金残高証明書等での証明が可能です。)
・学校の入学許可書と領収書
・滞在先証明書(ホ―ムステイや寮などの証明書。18歳未満の方のみ必要です。)
・海外旅行保険または医療保険加入の証明書
・胸部レントゲン検査(6カ月以上滞在予定の方)
※胸部レントゲン検査はニュージーランド移民局指定の病院での検査が必要となります。

ワーキングホリデービザ

ビザ種類について日本とニュージーランドは、1985年にワーキングホリデー協定を結びました。青少年が相手国での滞在を通して国際的な視野を補うこと、2国間の相互理解・友好関係を促進することが目的とされています。18歳から30歳までの日本国籍を持つ方は、ニュージーランドへの休暇を目的とした入国および滞在期間中の資金を補うための就業が認められています。滞在可能期間は基本的に1年間ですが、季節労働を3カ月以上勤めるという条件を満たせば、3カ月間分の滞在期間を延長することが可能です。他国のワーキングホリデービザと比べてニュージーランドのワーキングホリデービザは柔軟性があるため、滞在期間中は目的に合わせて就学や就労をアレンジして1年という限られた時間を有意義なものにできます。

ワーキングホリデービザ申請のための条件

・滞在開始日から15カ月後まで有効な日本のパスポートを所持していること
・18歳から30歳(申請時)の独身または子供を同伴しない既婚者
・休暇を目的とした滞在を希望していること
・滞在費としてNZ$4,200と帰国時の航空券もしくはそれを購入できるだけの資金を所持していること
・ニュージーランドのワーキングホリデービザを過去に一度も所得したことがないこと
・犯罪歴のないこと
・健康であること(ニュージーランド移民局指定の病院での胸部レントゲン検査の受診が必要です。)

ワーキングホリデービザ申請時のポイント

学生ビザや観光ビザの申請とは違い、ワーキングホリデービザの申請はオンライン申請となります。ニュージーランド移民局のウェブサイトでアカウントを作成し、ビザ申請のお手続きを進めていくかたちになります。申請する際にはパスポート情報の入力に加えて、運転免許証・戸籍謄本・健康保険証・キャッシュカードいずれか1つの情報を入力する必要があります。すべて入力し申請を送信した後、移民局からのメールを受信します。そのメールに記載されている指定病院のリスト内にある最寄りの病院で、胸部レントゲン検査を受けて頂きます。検査結果は担当医師からオンラインで移民局にアップデートされます。メールを受信してから医師が移民局に検査結果をアップデートするまでの期限は15日間となっています。検査には予約が必要ですが、日本国内の指定病院の数が少なく予約をすぐに取ることができない可能性もあるため、事前に各病院に確認しておきましょう。

※胸部レントゲン検査が受けられる移民局指定の病院はコチラからご確認ください。

※上記のビザに関する情報は2015年7月時点での情報となります。ビザに関する情報は、予告なしに突然変更される場合がございます。最新の情報や申請用紙は当社までお問い合わせ頂くか、ニュージーランド移民局のページをご確認ください。

カテゴリー: ニュージーランド留学・ワーキングホリデー パーマリンク
2カ国留学
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
留学ドットコム
「一歩進んだ」留学に役立つ情報が手に入る!
ワーキングホリデー無料留学説明会
留学について思い立ったら…まずはコレ!
資料請求<無料>
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求