HOMEフィリピン留学・セブ留学 ≫ フィリピン留学の魅力

フィリピン留学の魅力

フィリピンの地図格安語学留学の穴場として人気が急上昇しているのが、第二の英語圏として近年人気急上昇中のフィリピンです。フィリピンの語学学校は、安さだけではなく、マンツーマンレッスンを長時間取り入れているのが最大の特徴です。NHKなどのマスコミでもフィリピン教育が取りあげられ、効果的なレッスンによる英語教育が注目されています。

日本でも徐々にフィリピン英語に関する関心が高まってきており、特に予算が限られているワーキングホリデーや語学留学生の日常会話を短期間で効率的に学ぶ穴場として、人気が急上昇しています。

英語力を総合的に習得するためには、欧米圏の英語学校の方が総合力では勝っていますが、日常会話の範囲内を強化するという部分においては、フィリピンでも十分にカバーできます。そのため、欧米圏に正規留学、または、ワーキングホリデーで行く前にフィリピンで体慣らしをする上で、フィリピン留学される方が増えています。

まだフィリピンへの英語留学は認知度が低いですが、 フィリピンは世界で3 番目に英語を話す人の多い国と言われています。

最大の特徴はマンツーマンレッスン

マンツーマンレッスン風景フィリピン留学の最大の特徴はマンツーマンレッスンです。欧米圏の語学学校では、物価も日本と同等、またはそれ以上の水準のため、マンツーマンレッスンの実現はコスト面からは非現実的です。日本の物価の3分の1以下と言われるフィリピンでは、安価なコストで優秀な教師を採用することができるため、マンツーマンレッスンを実現することができます。

1クラスに10~15人が参加するレッスンとは異なり、教師と1対1のレッスンのため、英語を話す機会は非常にたくさん用意されています。マンツーマンレッスンならではの特徴として、自分のレベルに合わせた授業が受けられ、内容も学生の希望に沿って適切なテキストで取り組む事ができます。英語に不慣れな学生や英語を体系的に勉強する学生にとっては、文法の基礎固めはもちろん、英会話のリズムと強化に最適です。

講師が一方的に講義をするグループレッスンとは違い、1対1の授業では当然学生に話す機会が多くあるため、授業時間の半分以上は自分が話さなければなりません。マンツーマンレッスンは、リスニング力とスピーキング力向上には非常に効果が高い授業スタイルだと言えます。

親日家のフレンドリーな国民性

フィリピン人は非常にフレンドリーで親日家が多いのも特徴的です。南国特有のオープンマインドな明るい性格もあって、簡単に友達になれるはずです。欧米諸国に長期滞在していると、一部の心無い人間ではありますが、人種差別を経験することがあります。フィリピン国民は、さまざまな面で先進国である日本人を尊敬している面も多く、同時にアジア圏の仲間意識が強いため、人種差別を感じることもありません。フィリピンの中では、セブ島が最も知られている観光地ですが、綺麗なビーチと、人間の暖かさには定評があり、リピーターも多いのが特徴です。

格安の物価と充実した学習環境

海外留学する際に最もネックとなる部分が予算面です。フィリピンは日本の3分の1以下の物価水準のため、英語留学における非常に大きなメリットと言えます。生活必需品などの物価も格安で、各種アクティビティ、ショッピング、映画鑑賞、など格安費用でフィリピン生活を楽しむことができます。何をするにしても日本の価格の半分以下の価格のため、月のお小遣いも1~2万円あれば十分に堪能できると言っても過言ではありません。

学校によって違いはありますが、学校の各種設備も整っており、欧米圏の語学学校と遜色の無い環境が揃っています。学校によっては、キャンパスにプール付の環境の学校もあります。フィリピン留学は基本的に全て寮生活になっており、学生寮も敷地内にあるのが一般的のため、通学の際の交通費も掛からず、すぐに学校にアクセスができます。寮には全食事が含まれているため、自炊の必要性もなく、常に勉強に集中できる環境が用意されています。

欧米留学の前のプレ留学に最適

フィリピン留学の魅力は何と言っても物価の安さです。欧米圏の留学やワーホリを間がている方は、決して全員が余裕のある予算を準備してはいません。物価の安さのメリットを活かすことで、基礎レベルである日常会話レベルの向上をフィリピンで割安で実現することが可能です。

日常会話レベルをマスターしてからオーストラリアやカナダなどに入国することで、最初から会話が話せる状態でスタートできるため、すぐにアルバイトをはじめたい方や、効率的に時間を使いたい方にオススメです。近年では、フィリピンで学んでから、欧米圏に留学する2カ国留学をされる方が増えています。

フィリピンの授業には、マンツーマン授業が1日につき3時間以上含まれています。1日6~10時間のカリキュラムとなるため、欧米留学の1日の1.3~2倍の勉強時間のボリュームです。授業時間は学校によって異なりますが、基本的にはハードな環境です。同じ留学期間であればフィリピン留学は授業時間数の観点で、約2倍の効果が期待できるため、フィリピン留学の人気が高まってきています。

Page Top