留学ドットコム矢印 オーストラリア留学・ワーキングホリデー矢印オーストラリアの特徴と語学学校矢印シドニーの特徴と語学学校矢印 オーストラリアで最も古い私立語学学校の流れを汲む実績と歴史ある名門校

Navitas English, Sydney Hyde Park ナビタス イングリッシュ、シドニー ハイド パーク校

留学ドットコム 語学学校レポート

オーストラリアで最も古い私立語学学校の流れを汲む実績と歴史ある名門校

名古屋オフィス所属
留学経験:オーストラリア・フィリピン / 語学留学・ワーキングホリデー
2 人が「参考になった」と回答しました!
訪問日:2016-10-14

学校概要

オーストラリアで最も古い私立語学学校の流れを汲む実績と歴史ある名門校Navitasグループは、オーストラリアの有名大学が母体となった教育機関で、その語学学校部門がNavitas Englishです。Navitas Englishは、オーストラリアで最も古い私立語学学校のACE(Australian College of English)という学校が母体として現在では学校名称をNavitas Englishに変更して運営しています。シドニーを代表する老舗語学学校であるため、オーストラリアでの大学や専門学校進学者にとって特に人気ある学校となっています。大きな教育グループですので、オーストラリア国内にキャンパスが複数あり、シドニー、ボンダイ(シドニーのシティ東部)、マンリー(シドニーのシティ北部)、ブリスベン、パース、ダーウィンと6キャンパスから選ぶことが可能です。

大学や専門学校が認める授業の質

Navitas Englishで一番の特徴は、その高い授業の質になります。通常、海外の大学や専門学校はその留学生が大学や専門学校の授業についていけるかどうか調べるために英語力を示すIELTSというテストスコアを提出するのですが、このNavitas Englishでは、そのIELTSというスコアテストなしで、大学や専門学校に進学することが可能です。これは、オーストラリアに限らず提携している海外の大学なども「Navitas Englishの留学生であれば、きちんと英語力を身につけているだろうから、英語力の証明であるテストスコアを出さなくてもOK」と他の教育機関から認められているという証拠になります。こうした制度をPathway制度(推薦入学制度)と呼ぶのですが、こうしたPathwayは外部の教育機関がその語学学校の実力を保証している裏付けとして見ることができます。仮にNavitas Englishが適当な授業をしてしまい、提携先の大学から「先日入学してきた留学生が全然英語ができずに授業についていけていないので、もうPathway制度は中止」と言われてしまいます。このように、Navitas Englishも進学先とがっちりとした信頼関係を築くために授業内容の改善や質の向上に努めています。

オーストラリアトップクラスの施設充実度

Navitas English は大きな教育グループで運営されているため、1箇所だけで運営している語学学校と大きく異なるのは、その施設の充実度とメンテナンスになります。個人運営しているような語学学校ですと、施設の入れ替えや改善はどうしても小規模になりがちなのですが、Navitas グループで施設の設置や改善を行うため、非常にきれいで充実した設備を持っています。シドニーでは特に2016年9月26日にシティキャンパスの引っ越しを行ったため、まさに最新設備での勉強環境が整っています。大きな図書館や開放的な校内、全クラスに設置されたスマートボードなどで先進的な授業を受けられます。また、シドニーのシティキャンパスはハイドパークと呼ばれるシドニー市内の大きな公園横にあるため、窓からは緑ある公園を見ながら授業を受けるたり、お昼休みや授業後にそのまま公園でリフレッシュする事も可能です。

オーストラリアで最も古い私立語学学校の流れを汲む実績と歴史ある名門校

レセプション風景

オーストラリアで最も古い私立語学学校の流れを汲む実績と歴史ある名門校

コンピューターエリアの風景

オーストラリアで最も古い私立語学学校の流れを汲む実績と歴史ある名門校

ラウンジエリアの風景

2017年からより通いやすくなった学校

Navitas Englishは老舗名門校ということもあり、授業料は若干割高でしたが、2017年からは日本人向けの専用プライスが発表されたため、これまでよりも通いやすくなっています。よりリーズナブルな料金で質の高い授業を受講できることはもちろん、これまで設置されていた4週間毎の推奨入学日も撤廃され、毎週月曜日に入学がしやすくなりました。また、IELTSコースもこれまでは8週間毎の指定入学日しか入学ができなかったのが、こちらも毎週月曜日に入学できるようになり、2017年から通いやすい体制へと生まれ変わっています。

アクティビティの幅も広がっています

これまでもブーメランクラブというアクティビティクラブがNavitas Englishでも運営されていましたが、2017年からは単純なサッカーやパーティー、観光ツアーなどのアクティビティに加えて、より学習面にもフォーカスしたものが増えています。もちろんそうしたアクティビティで様々な国籍と交流する事もできますが、Job Club(仕事探しに必要な知識やスキルを学ぶもの)、カフェソーシャル(カフェでよりカジュアルな会話表現などの勉強)、ビジネスクラブ(職場での英語を楽しく学ぶもの)、バリスタの1日体験コースなどで、勉強主体で楽しみながら英語を学ぶ機会が多いのも特徴です。教室外でも英語に触れる環境を積極的に作っているため、放課後に積極的に参加することでより英語力向上が期待できます。

まじめな雰囲気、日本人が少ない環境を求める方に

オーストラリアで最も古い私立語学学校の流れを汲む実績と歴史ある名門校Navitas Englishは、ヨーロピアンや南米の方に大変有名な語学学校であるため、日本人学生の割合が少ないのも特徴です。シティキャンパスは400名程度の規模になっていますが、シティの日本人割合は10%程度とシドニーの中では他行に比べて、かなり日本人が少ない環境で勉強が可能です。また、大学や専門学校進学を希望する留学生は目標を見据えて毎日勉強していますので、クラスもよりまじめな雰囲気となります。ワーキングホリデービザや観光ビザの方でも、勉強主体の目的でNavitasを選ばれる方が多いので、周りから刺激を受けながら勉強に専念できる環境が整っています。

このレポートは参考になりましたか?

このスタッフは他に以下の記事も紹介しています

2カ国留学
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
留学ドットコム
「一歩進んだ」留学に役立つ情報が手に入る!
ワーキングホリデー無料留学説明会
留学について思い立ったら…まずはコレ!
資料請求<無料>
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求
0
0