Canadian College of English Language (CCEL) カナディアン カレッジ オブ イングリッシュ ランゲージ

留学ドットコム 語学学校レポート

レストラン経営もしており、ホスピタリティも同時に学べる学校

東京オフィス所属
留学経験:オーストラリア・ニュージーランド・カナダ・フィジー
/ 語学留学・ワーキングホリデー
2 人が「参考になった」と回答しました!
訪問日:2015-09-01

学校概要

レストラン経営もしており、ホスピタリティも同時に学べる学校Canadian College of English Language(CCEL)は、1991年設立でバンクーバー市内中心のショッピングエリアで有名なロブソン通りに程近い私立専門学校&語学学校です。語学学校は最大400人のキャパシティがあり、私が訪問当時は300~350名の生徒が学ばれており、また国際色豊かな生徒様が集まるため日本、ヨーロッパ、中東、韓国、中国、南米専任のスタッフさんが在籍しています。学校スタッフがいらっしゃるフロアーは、非常に明るく開放的で困ったことがあれば気軽に訪れられる雰囲気でした。英語コースは1クラス平均11人の少人数制で総合的に英語力を向上することを目指し、ITを駆使したオリジナルのSMRTプログラムを使った授業は画期的なツールとなります。SMRTについては後の項目にて詳しくご説明致します。一般英語コースの他、カレッジではマーケティングやホスピタリティ、貿易、プロジェクトマネージメントなどの専門コースを提供しているため、同じ学校でステップアップが可能で長期留学者の方には特に適した学校だと言えます。

レストラン経営もしており、ホスピタリティも同時に学べる学校

スタッフルームの風景

レストラン経営もしており、ホスピタリティも同時に学べる学校

学校内ホールの雰囲気

学校オリジナルSMRTカリキュラム

CCELアカデミックチームが開発したウェブベースのカリキュラム(SMRT)は、ウェブ学習を通じてどんな分野においても効果的に学生のスキルを伸ばせるようにサポートしてくれるツールとなります。いわゆるオンラインのセルフ学習プログラムではなく、生徒は授業に自分のパソコンを持っていき「教科書」のようにこのツールを使います。生徒は紙ベースの教科書は使用せず、講師は効率的に授業を進めスムーズに授業を受けられるティーチング・ラーニングツールということになります。YOUTUBE、TED、BCC、CNNなどのメディアも活用しており、専門チームで情報を常に最新のものであるよう更新されています。SMRTは教材アクセス費用が$10/週発生いたしますが、卒業してからもアクセスすることが可能です。昨今世界中の英語教育機関でもこのSMRTを採用されており、もし日本の教育機関でご興味ある方いらっしゃいましたら是非お尋ねくださいとのことでした。

好立地の学校寮から通学できる

CCELではホームステイや学生寮から選べる滞在先が魅力ですが、特に学生寮は人気の滞在方法であり、ホテルや安宿を学校寮として利用するのではなく、当校が運営をしている学生寮となります。学校までは徒歩約10分の距離にあり、スタンレーパークに近い好立地となります。現地ファミリーとの交流が持てるホームステイも人気ではありますが、学生寮は各国から集まる生徒達と仲良くなれる絶好の場所となり、部屋には家具が備え付けられ台所、テレビ、インターネットの提供、ランドリールームもあります。学校までも通学に時間が掛からないため、勉強時間にあてたり買い物を楽しんだり、友達と食事も気軽にできます。寮滞在者は朝食を学校のレストランで食べることができ、3カ月以上滞在費を前払いした方は月曜日から金曜日までのランチも無料で食べられます。二人部屋であれば滞在費は月750ドルのため、決して高くない値段設定だと私は思います。部屋のタイプはステューディオ、シングルルーム、ツインシェアから選べますが、学生寮は非常に人気となっておりますので、遅くても開始の3カ月前までにお申込み頂くことをおすすめします。

レストラン経営もしており、ホスピタリティも同時に学べる学校

学生寮の外観風景

レストラン経営もしており、ホスピタリティも同時に学べる学校

お部屋内の風景

学校経営のレストランが併設

「eh!レストラン」と呼ばれるCCELが運営するレストランでは、生徒は勿論学校のスタッフ、ローカルの人々も利用しておりコミュニケーションの場として最適です。私が訪れた当時、レストランのスタッフさん達はCCEL専門学校卒業生が働いており気持ちの良い接客をしてくれ、ボリュームのある料理を美味しく頂きました。こちらのレストランではホスピタリティ専門コースの実習や授業の場としても使用されております。

レストラン経営もしており、ホスピタリティも同時に学べる学校

レストランスタッフ

レストラン経営もしており、ホスピタリティも同時に学べる学校

レストランの内観風景

レストラン経営もしており、ホスピタリティも同時に学べる学校

レストランで提供される食事

ビジネス・ホスピタリティスキルを学ぼう

CCELでは英語コースを修了した後お仕事したいと考えている生徒様向けのパッケージをご用意しており、こちらでは英語力を養った後、ビジネス英語、履歴書の書き方、インタビューの方法などを学び、さらにレストランやカフェで働くための接客スキルも習得できます。入学時のレベルによってプログラム受講期間は異なり、目安として初級者は約半年、初中級者は5カ月、中級レベルの方は4カ月でお申込み頂きますが、ご自身がどのレベルかが不明な場合は弊社スタッフまでご相談下さい。プログラムの大まかな流れとしては、まず毎週入学が可能な一般英語コースにご入学頂き中級レベルまで達しましたら8~12週間ビジネス英語コースを受けます。もしくは一般英語を引き続き受講することも可能です。選択授業では4週間接客サービス英語も選ぶことができ、ホスピタリティのレッスンはコーヒーメイキング、バーサービス、カスタマーサービス英語など実用的な内容となっております。その後はオプションで学校経営のレストランにて2週間程度インターンシップをし、インターン終了後は場合によっては有給でそのままレストランで勤務できる可能性もあります。学校内にあるレストランで実習ができるというのは他校ではなかなか無い条件なので、もし接客英語を身に着けたいという方がいらっしゃったらCCELがベストな選択と私は思います。

このレポートは参考になりましたか?

このスタッフは他に以下の記事も紹介しています

2カ国留学
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
留学ドットコム
「一歩進んだ」留学に役立つ情報が手に入る!
ワーキングホリデー無料留学説明会
留学について思い立ったら…まずはコレ!
資料請求<無料>
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求
0
0