Q6.おすすめの語学資格は何ですか?

Q6.おすすめの語学資格は何ですか?A.
海外留学して英語を学ぶにあたり、様々な語学資格があるためどの資格を取得すべきなのか迷ってしまう方は多くいらっしゃいます。語学試験はTOEICやIELTS、TOEFL、ケンブリッジ検定など様々なものがありますが、それぞれ資格取得する目的によって受ける試験が変わってきますので、ここでは目的別にどの試験を受けたらよいかご紹介します。

試験の種類 試験内容と特徴
TOEIC TOEICは日本と韓国で広く認知されており、就職活動の際に重視されるスコアとなります。そのため、日本での就職活動をしたい人におすすめの資格です。「読み」「聞く」の2部門から英語力を判定する試験のため、日本人にとっては自主学習しやすい試験のため、日本国内では最もメジャーな語学試験として認知されています。まず、英語資格が何かしら欲しいと思っている方は、TOEIC対策からスタートされると良いでしょう。
TOEFL TOEFLは、主に北米圏の教育機関で英語力が入学基準を満たしているかどうかの英語レベルを測るための語学試験として知られています。日本の多くの大学でも交換留学する際の英語力規定として、TOEFLのスコアを求めるところも多くなっています。世界レベルでの知名度を見るとIELTSより劣りますが、日本国内においてはTOEICに次いで認知度の高い試験と言えるでしょう。TOEFLを勉強する方は、将来的に北米圏の大学・大学院で学びたい人に最適な語学試験と言えるでしょう。
IELTS IELTSは、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドの教育機関で英語力が入学基準を満たしているかどうかを測るための試験として知られています。その他、語学資格、他国に移民する際の英語力証明としてもIELTSは使われます。試験はマークシート型ではなく、筆記形式のため運で正解することができないことから、信頼度の高い試験です。TOEFLとIELTSは何れも大学進学のために使われる試験のため、どちらが良いか迷う方も多いですが、世界レベルではIELTSの方がメジャーなため、資格としての側面を考えているならばIELTS試験の方が良いでしょう。
ケンブリッジ英検 ケンブリッジ英検は英語圏の国で大学入試やビジネスをする場合に基準となる試験であり、世界的に幅広く知られています。主にヨーロッパ圏の若者が取得する英語資格として認知されおり、日本国内で言うところの英検に近い性質を持ちます。ケンブリッジ英検は、スコアで結果が出る試験ではなく、規定のレベルの英語力を合格不合格で評価されるため、その意味でも英検と似ていると言えます。近年では日本人学生もケンブリッジ検定資格を取得する学生も増えており、今後一層メジャーになっていくと思われます。
英検 英検は日本初の英語資格であり、国内での知名度は高いものの、海外では殆ど知られていないというのが現状です。そのため、海外で英検を勉強できる学校はないと思って頂いて良いでしょう。(※フィリピン/セブのIDEAと言う学校で対策コースがあります)基本的に英検の位置付は中学や高校時代に英語力証明として受験する機会が多く、社会人になってからはTOEICを受講するケースが圧倒的に多くなります。一部の日本の教育機関での単位認定や、入試の際に利用できることもあるため、そうした英検資格が必要な方は学習されても良いでしょう。

このように目的別に様々な英語試験がありますが、TOEFLとIELTSに関しては大学によって採用している試験が異なるケースがあるため、必ず確認を行い学習及び受験をすることをおすすめします。各試験の詳細についてはコチラから確認することができます。個々の目的に合った試験を受けて、効率的にスコアを取得して今後に生かせるようにしましょう。

カテゴリー: 語学学校に関して パーマリンク
2カ国留学
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
留学ドットコム
「一歩進んだ」留学に役立つ情報が手に入る!
ワーキングホリデー無料留学説明会
留学について思い立ったら…まずはコレ!
資料請求<無料>
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求