Aspire2 International, Hobson Street エヌテック(アスパイア2 インターナショナル、ホブソン ストリート校)

留学ドットコム 語学学校レポート

学生の「やる気」をサポートするオークランドの語学学校

退職したスタッフ
留学経験:フィリピン・オーストラリア / 語学留学・ワーキングホリデー
0 人が「参考になった」と回答しました!
訪問日:2016-05-27

学校概要

学生の「やる気」をサポートするオークランドの語学学校Ntecは、5つの異なる教育機関を持つニュージーランドの総合専門学校です。その中の教育機関のひとつ、Concordia Institute of Business(通称:Concordia English)で英語コースを提供しています。Concordia English はニュージーランドの政府機関のひとつであるNZQAの厳しい査定を通過しており、最も優れた学校として評価される「カテゴリー1」に指定されています。安心・高水準・高品質の教育を提供している語学学校です。Ntecのキャンパスはニュージーランド国内4都市で展開していますが、英語コースが開講されているのはオークランド校とクライストチャーチ校のみとなります。(クライストチャーチ校では2016年8月から英語コース開始予定)Ntecオークランド校は、オークランドの目抜き通りであるクイーンストリートから少し外れたホブソンストリートに位置しており、周辺は落ち着いた環境となっています。校内には中庭や学生カフェなどリラックスできる設備も整っており、息抜きをしながら勉強する環境も整っています。

今回、福岡オフィスにお越しいただいたオークランド校の大川さんは、とても真面目でフレンドリーなお方で、学校のお話しはもちろん、ニュージーランドでの生活についてもいろいろと聞かせてくださいました。ニュージーランドにはビーチやワイン、アクティビティ、美味しいシーフードなど魅力がたくさんあります。また、オークランドは福岡市と姉妹都市提携を結んでいるそうです。

学生の「やる気」をサポートするオークランドの語学学校

学生カフェ風景

学生の「やる気」をサポートするオークランドの語学学校

中庭風景

選択科目制度で効率的な英語学習が可能

学生の「やる気」をサポートするオークランドの語学学校Concordia Englishの一般英語コースでは、午後の授業で「選択科目制度」を導入しています。入学時のレベルチェックテストの結果をもとに、講師が学生それぞれの強化すべき科目を決定します。そして学生はその科目を午後の授業で受講します。選択授業と聞くと自由に好きな科目を選べるというイメージを持たれるかもしれませんが、当校では学生が自由に科目を選択できるようにはしていません。「勉強したい科目」と「勉強すべき科目」というのは必ずしも同じではないため、講師が学生ひとりひとりの能力を把握し「勉強すべき科目」を学生に提示することで、効率的な学習とバランスのよい英語を身に付けられるようにしています。自由に選ぶことはできないと説明をしましたが、どうしても自分に授業内容が合わない場合は、要相談で科目の変更も可能となっています。日本人学生の中には苦手なスピーキングへ挑戦するのを躊躇し、得意な文法を勉強したがる方もいるそうですが、当校の選択科目制度では講師が客観的に見て強化すべきポイントをフィードバックしてくれるため、本当の意味での苦手克服ができる環境だと感じました。

充実したフリークラスとワークショップで学習サポート

Concordia Englishでは、全ての英語コースの学生を対象に英語コースの講師による放課後の無料クラスを提供しています。毎週火曜日には発音クラス、毎週水曜日には会話クラスを開講しています。発音クラスはイギリス出身の講師が担当しており、大変人気のクラスだそうです。当校では「Study Centre」という自習室が設けられており、英語コースの学生も専門コースの学生も自由に利用することが可能です。ここにはサポートスタッフが常駐しているので、学生は分からないことがあれば自由に質問することができるので安心です。さらに英語コースの講師による無料授業とは別に、このStudy Centerのサポートスタッフ主催での無料クラス&ワークショップも開講しています。専門コースの学生と合同で行われるライティングのワークショップや会話クラス、英語コースの学生を対象とした英文履歴書の書き方や面接スキルのワークショップなどサポートが充実しています。勉強熱心な日本人学生は、みなさん自主的に無料クラスに参加されているそうです。授業後にも学校側がこのように英語に触れることができる場を設けてくれているため、自分一人ではなかなか勉強できない方や時間を有効活用したい方には是非参加して頂きたいです。

学生の「やる気」をサポートするオークランドの語学学校

Study Centreでの自習風景

学生の「やる気」をサポートするオークランドの語学学校

無料発音クラス風景

国籍バランスの良さと日本人比率の低さが魅力

学生の「やる気」をサポートするオークランドの語学学校Concordia English の特徴のひとつは、なんと言っても日本人比率の低さです。時期にもよりますが日本人の割合は平均10%ほど(それ以下の場合もあり)で、他のオークランドの語学学校と比べると圧倒的に少ないと言えます。現在留学ブーム到来中の南米からの学生が多いため、授業の雰囲気はいつも明るくフレンドリーで、日本人の学生も恥ずかしがらずに発言できる雰囲気だそうです。多国籍な友達を作りたい方、可能な限り日本語を使わずに学校生活を送りたい方には最適な学習環境だと感じました。また、金曜日の午後はアクティビティを開催しており、毎週異なる楽しいアクティビティが用意されているので積極的に参加し人脈を広げるのもおすすめです。

英語プラスアルファを学びたい方におすすめのショートコース

学生の「やる気」をサポートするオークランドの語学学校Ntecでは、バリスタ・カクテル・LCQのショートコースも開講しています。当校は一般英語だけではなく、資格を取得してニュージーランドでの生活に役立てたいという方におすすめです。中でも一番人気コースが、バリスタコース(右写真)です。当校のバリスタコースのポイントは、NZQA認定のホスピタリティ団体「Service IQ」発行のバリスタ資格が取得できるという点です。2週間(月~木曜日、午後5時~8時)で、550ドルというリーズナブルな価格設定でありながら、本格的なバリスタ資格が取得できるのはオークランドでは現在2校のみです。ニュージーランドは人口に対してのカフェの数が多いことから「コーヒー王国」と呼ばれており、そんなカフェ文化の盛んなニュージーランドでバリスタとして働きたい方には大変おすすめのコースです。是非バリスタに興味のある方は、Ntecのバリスタコースを受講されてみては如何でしょうか。

また、Concordia Englishでは一般英語コース以外にIELTSコースを開講しています。IELTSを教えているのは講師歴10~15年以上のベテラン講師陣ですので確実なスコアアップが狙えます。英語圏での大学進学を考えている方、ワーホリの方でスキルアップを目指したい方はIELTSコースを受講されるのも良いと思いました。

今回のお話しを聞いて、Concordia English/ Ntecには、「本気で英語を伸ばしたい」という方には文句なしの学習環境が揃っている学校だと感じました。そして、その学生たちを学校全体でサポートしたいという思いが大川さんのお話しから伝わってきました。本格的に英語を学びたい方、苦手を克服したい方、資格を取りたい方、多国籍な友人を作りたい方など幅広いニーズに対応可能な学校です。どれかひとつでも当てはまれば、是非Concordia English/ Ntecで学習を検討されてみることをオススメします。

学生の「やる気」をサポートするオークランドの語学学校

日本人スタッフの大川さん(左)

このレポートは参考になりましたか?

このスタッフは他に以下の記事も紹介しています

2カ国留学
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
留学ドットコム
「一歩進んだ」留学に役立つ情報が手に入る!
ワーキングホリデー無料留学説明会
留学について思い立ったら…まずはコレ!
資料請求<無料>
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求
0
0
0