C2 Ubec English Academy(C2) シーツー ウベック イングリッシュ アカデミー

留学ドットコム 語学学校レポート

新校舎で心機一転、セブで人気の日本人経営校

退職したスタッフ
留学経験:フィリピン・オーストラリア / 語学留学・ワーキングホリデー
1 人が「参考になった」と回答しました!
訪問日:2015-11-20

学校概要

新校舎で心機一転、セブで人気の日本人経営校セブにある日本人経営校、C2 Ubec English Academy(C2)のスタッフの田中さんが福岡オフィスを訪問してくださいました。C2は2015年11月から、セブ中心地から閑静な住宅街へと校舎を移転しました。以前はビル型の校舎で、学生定員数も約50名と小規模でしたが、移転後はキャンパス型のゆったりとした環境になり、学生定員数も140名と大幅に増えました。開放感のあるキャンパスで窮屈感なく学習できるので、移転前からC2で学習されている学生からも学習により適した環境にグレードアップされて評判は上々とのことです。学校から徒歩10分圏内にはレストランやマッサージショップ、カフェなどが点在しています。また、学校からタクシーで10分ほど行くとショッピングモールもあるので、不自由なく生活を送ることが可能です。15名ほど住み込みの講師が働いているので、授業終了後も講師を捕まえて英語での会話を楽しむことができるのも特徴のひとつです。また、今後はお子様の受け入れも開始する予定とのことで、安心の日本人系経営校でお子様と一緒に留学が可能となります。移転前とサポート体制やカリキュラムに変更はありませんが、生活環境は一変し、さらに過ごしやすい学校として生まれ変わりました。

快適なキャンパス型校舎と、強化されたセキュリティ体制

数あるセブの語学学校の中で、日本人経営でキャンパス型の学校はC2以外にありません。校内にはプール(田中さんがいらっしゃった時はまだ修理中でした)やジム、カフェテリアなどが併設されています。C2特製のマンゴージュースやコーヒーを味わうことができるカフェテリアは、友人や講師とのコミュニケーションの場としても大変人気だそうです。また、カフェテリアでは文房具やカップ麺などの日本製品も取り扱っております。校内にジムがあるのも、運動不足解消にも繋がるので良いと思いました。(早朝からウォーキグマシーンで歩いている方もいらっしゃるそうです!)また、新しいキャンパスは、校内への入り口は一つのみとなっており、入り口にはガードマンが常に立っているので安心感があります。外出時はIDカードの提出、帰宅時には荷物点検など、徹底しているので安心して生活して頂ける環境です。

新校舎で心機一転、セブで人気の日本人経営校

カフェテリア風景

新校舎で心機一転、セブで人気の日本人経営校

学校入り口とガードマン

UBECの吸収合併によって更にパワーアップ

2015年8月に韓国資本の語学学校UBECを吸収合併したことによって、現在は韓国や台湾などの学生も在籍しております。これを機に、今後はアジア圏の学生も少しずつ増やしていく予定だと田中さんは仰っていました。日本人以外の学生と英語で会話をしたり、一緒にグループ授業を受けたりすることはお互いに良い刺激になると思います。また、日本人経営校であるC2ならではのきめ細やかなサポートが受けられるアットホームな雰囲気であることには変わりなく、UBECが長年の経験で培った英語教育のノウハウをC2のカリキュラムに取り入れることでよりパワーアップ致しました。食事面でも新しいシェフを雇い、日本人以外の学生にも受け入れられる食事を取り入れていくとのことです。なんとC2ではキムチを手作りしており、自家製のキムチが楽しめます。C2の魅力をしっかりと残しながらも、学生にとってプラスになることをどんどん取り入れていくC2は、安心してお客様を送ることができる学校だと強く感じました。

新校舎で心機一転、セブで人気の日本人経営校

マンツーマン授業教室風景

新校舎で心機一転、セブで人気の日本人経営校

グループ授業教室風景

このレポートは参考になりましたか?

このスタッフは他に以下の記事も紹介しています

2カ国留学
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
留学ドットコム
「一歩進んだ」留学に役立つ情報が手に入る!
ワーキングホリデー無料留学説明会
留学について思い立ったら…まずはコレ!
資料請求<無料>
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求
0
0