クレジットカードの種類

留学に必要なアイテムの中で必ず必要なアイテムの1つはクレジットカードです。海外はカード社会で日本のように財布に多額の現金を持ち歩く事の方が危険です。100ドルを越える買い物は、通常クレジットカードか銀行のデビットシステムで決済をするのが一般的ですので、クレジットカードは必須のアイテムと言えます。

留学生にとってのクレジットカードの必要性は何点かあります。まず、ビザの申請は全てインターネット経由で行いますので、その際にクレジットカードが無くてはビザの申請すらすることが出来ません。また、携帯電話などの使用量に応じた支払いの場合にもクレジットカードでの決済が一般的となります。

また、クレジットカードはIDの一種として考えられるので、必ずもって来るようにしましょう。もし持ってこなければ、色々と行動が制限されてしまいます。

クレジットカードの紹介

留学用クレジットカードとして重要視したい項目は、『海外旅行保険がついている』、『入会金・年会費が無料』、『紛失・盗難・不正使用時の全額保証!』の部分を最重要項目としてご紹介します。また、海外ではVISAカード、マスターカード、アメリカンエクスプレスであればどこでも使用できますが、JCBは基本的に日本国内専用ですので、JCBは避けるようにしましょう

クレジットカードは出来れば2枚持ってきた方が良いでしょう。1枚は財布の中に、もう1枚は盗難やスリに出会った時の緊急時のためです。海外では自分の身は自分で守らなくてはいけませんので、トラブルに遭う可能性も想定しておいた方が無難と言えるでしょう。

※ こちらのWEBサイトから直接インターネットで申込み申請することが可能です。

ライフカード オススメ度: ☆☆☆☆☆
初年度の年会費は無料なので、1年未満の留学生にメリットが高いです。 90日間の海外旅行保険がセットされているので、海外旅行保険に入る予定の無い方や、短期留学生にはオススメです。 海外旅行保険は最高2000万円まで保証が付いてきます。
※ オーストラリア留学ドットコムの留学生の多くはライフカードを選んでいます。
ニコスカード オススメ度: ☆☆☆☆☆
ニコスの場合は初年度から年会費が掛かりますが、その後の年会費は他のクレジットカードよりも安いので、長期留学生向けにオススメ。90日間の海外旅行保険がセットされ、最高2000万円まで補償が付いてきます。さまざまな種類のカードがあるので、それぞれのニーズに応じたカードを選ぶことが出来ます。ニコスカードは1枚目のカードとしてオススメです。 学生用のカードもありますので、比較的容易に審査にもパスすることが出来ます。世界中どこからでも24時間日本語対応のデスクもあるので安心です!
UFJカード オススメ度: ☆☆☆☆
年会費は無料です。飛行機のチケットをこちらのクレジットカードで購入すれば、90日間の海外旅行保険がセットされます。海外旅行保険が適用されるのに条件があるので、2枚目の予備カードとしてはオススメです。 海外旅行保険は最高2000万円まで補償が付いてきます。学生でも作成することが可能ですが、限度額が10万円以内なので、こちらのカードでは1年オープンチケットの費用が物理的に支払えないので、現在社会人の方向けのカードです。
シティカード オススメ度: ☆☆☆☆
色々な種類のカードがあります。飛行機のチケットをこちらのクレジットカードで購入すれば、90日間の海外旅行保険がセットされます。海外旅行保険が適用されるのに条件があるので、2枚目の予備カードにオススメです。 学生用カードもありますが、限度額が10万円以内なので、こちらのカードでは1年オープンチケットの費用が物理的に支払えません。審査が少々厳しい感じはあります。カードの写真が付くので不正使用の防御には良いでしょう。
セゾンカード オススメ度: ☆☆☆☆
セゾンカードのアメリカンエクスプレスカードは、年会費は他のクレジットカードよりも高めですが、海外旅行保険の限度額が断然違います。他のカードは最高補償額が1000~2000万円なのに対し、こちらのカードは最高補償額が3000万円に設定されています。また、不正使用された際の保障もついていますので、クレジットカードを始めて持つ方には安心のカードと言えます。
イオンカード オススメ度: ☆☆☆☆
現在無職(フリーター)でアルバイトの方は、クレジットカード会社の審査に通りにくい傾向にあります。とは言え、留学でクレジットカードは絶対必須のアイテムですから、作らない訳には行きません。イオンカードは海外旅行保険は付きませんが、クレジットカード機能はもちろんありますので、他でクレジットカードが作成出来なかった方は試してみましょう。年会費は無料ですから、普段持ち歩くカードとして使っても良いでしょう。

ネット銀行キャッシュカードの紹介

留学予算をを海外からコントロールするための手段として、ネット系銀行(インターネットで入出金できる銀行口座)があると非常に便利です。ネット系銀行口座を上手くやり繰りして使うことにより、ご両親にお金の管理をして貰わなくても、自分でお金のコントロールが出来てしまいます。クレジットカードの引き落とし先銀行の残高預金の管理をするのも非常に容易になるので、是非ネット系銀行の口座は作っておいた方が良いでしょう。

ジャパンネット銀行 オススメ度: ☆☆☆☆☆(番外編)
日本から自分の資金をコントロールしたい方はいるはずです。インターネットで残高照会がいつでも出来るネット系銀行は、資金管理に持ってこいの方法です。また、クレジットカードの引き落とし先銀行をネット系銀行に指定することで、インターネット経由で自分の口座残高を逐一確かめる事が出来ます。ただし、クレジットカード会社によっては、ネット系の銀行を指定口座に指定できないところもあります。
楽天銀行 オススメ度: ☆☆☆☆☆(番外編)
楽天銀行もネット系銀行ですので、世界中どこからでもインターネット経由で自分の口座残高を確かめる事が出来ます。楽天銀行のキャッシュカードには、クレジットカード機能をつけることもできるので、クレジット機能も同時に持ちたい方には最適です。インターネットバンキングでの使い勝手が非常に良い銀行のため、このカードをメインで使うようにすれば良いでしょう。
カテゴリー: 出発準備 パーマリンク
2カ国留学
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
留学ドットコム
「一歩進んだ」留学に役立つ情報が手に入る!
ワーキングホリデー無料留学説明会
留学について思い立ったら…まずはコレ!
資料請求<無料>
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求