オーストラリアに持ち込めないもの

オーストラリアに持ち込めないもの

オーストラリアに入国する際に荷物検査がありますが、もしオーストラリアへの持ち込みが禁止されている物を持参した場合は、検疫に引っかかってしまいます。検疫では動植物の保護や環境維持を目的としており、害虫や病原菌が持ち込まれることを事前に防ぐ役割があります。管轄はオーストラリア連邦政府農業省となり、入国の際には厳しいチェックが行われ、必要に応じて没収や破棄がなされます。特に食べ物や動物などはほとんどが検疫の対象となってしまうため、可能性がある場合は事前に入国カードで申告することが必要です。

入国カードについて

オーストラリアに持ち込めないものオーストラリアに入国する際に食品、動植物、動植物で作られた製品などを持っている場合は、機内で配布される入国カード該当欄にて必ず申告するようにしましょう。万が一この手続きを怠った場合は、罰金及び罰則制度があるため虚偽のない申告が求められます。なお、申請を希望しない場合は、入国カードを税関で提出する場所の途中にある検疫用ごみ箱に捨てることができます。また、オーストラリアの空港には検疫探知犬が待機している場合もありますので、犬が近くに寄って来たら荷物を床に置いて検査をさせるようにしてください。鞄についた匂いにも反応するため、申告すべきものがない場合でも止められることもあります。

申告方法について

オーストラリアに持ち込めないもの機内で配られる入国カードに記入をします。機内で入国カードを受け取らなかった場合は、入国審査前のホールに入国カードが設置されており、そちらで入手することができます。入国カードには質問事項が書いてあるため、そちらに該当するものを持っている場合は必ず「はい」の欄にチェックをしてください。該当するかわからない場合は、「はい」をチェックしておけば後ほど検閲官が確認してくれます。入国審査を終え、荷物を受け取った後に検査場で係員に先ほど記入した入国カードを渡します。禁止されている品物を持っていたとしても、事前に申告すれば罪にはなりませんが、虚偽の申告をすると罪を問われることになりますので注意してください。

申告しなかった場合

検疫対象の物品を申告せずに持ち込んでしまった場合は、罰金がその場で課されるか、重い場は起訴、拘禁等の処罰を受ける可能性があります。オーストラリアの場合は、その場で罰金が科されることが殆どです。また、申告をした品物は検疫を受けて問題なければ返却されることになります。問題があると判断された場合は熱処理や蒸処理が行われ、それらの処理を希望しない場合は返却・破棄されます。処理をする場合と返却を希望した場合は申告者に費用の請求がなされます。オーストラリアに持ち込む荷物は、自分で責任をもって詰める、現地で購入できる食品は持ち込まないなどすると良いでしょう。

申告すべき品物、持ち込み禁止の品物

申告が必要な品物や持ち込み禁止の品物の詳細は、以下のページでご確認ください。

カテゴリー: 出発準備 パーマリンク
2カ国留学
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
留学ドットコム
「一歩進んだ」留学に役立つ情報が手に入る!
ワーキングホリデー無料留学説明会
留学について思い立ったら…まずはコレ!
資料請求<無料>
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求