航空券の手配

航空券の手配

海外に行く際に必ず必要となる航空チケットの予約ですが、現在様々な種類の航空チケットがあり、その予約方法も多様化しています。そのため、どのように航空券を予約したらよいか、また目的に合わせたチケットの買い方や、お得にチケットをゲットするためにはどうしたらよいかを解説しています。

航空チケットの種類

正規料金チケット 格安チケット
1年間有効でキャンセルや払い戻し、変更などが可能なチケットです。通常は航空会社の公式HPから購入することがほとんどで、年間を通じて料金の変動がないため、同じ価格で購入することが出来ます。 正規の価格より値引きされた航空券です。旅行代理店から購入することが可能ですが、期日変更や払い戻し不可など条件が付く場合がほとんどです。出発日から遠くなればなるほど安くなる傾向があります。
往復航空券
(FIXチケット)
出発前に帰国便の日程や経路などの予約をあらかじめして済ませておく種類の航空券です。購入してしまうと原則、便を変更したりすることはできません。そのため、購入の際は帰国日や経路などをしっかり決めてから予約することになります。
往復航空券
(OPENチケット)
定められた有効期限内で帰国便を変更できるチケットになります。滞在先にいる時点でもう少し延長を滞在したい場合に、期日内で帰りの便を変更することが出来ます。ビザなどによって延長できる場合とできない場合があるので注意しましょう。帰国便を一度だけ変更できる航空券はFIX/OPENと表示されています。
片道航空券 往路のみの片道航空チケットとなります。渡航した後のプランが長期にわたる場合や、定まっていない場合は片道航空券のみ購入して出発するということになります。渡航国によっては片道の航空券のみでは入国できない場合もあるので、必ず事前にチェックしておきましょう。

直行便と経由便

航空券の手配航空チケットを買う際に、直行便と経由便がありますが、どちらにもメリット・デメリットがあります。直行便の場合、メリットとしては最短時間で現地に到着でき、空港での待ち時間がないためストレスなく確実に渡航することが出来ますが、デメリットとしては価格が高めに設定されています。経由便の場合は、目的地に到着するまでにいくつか他国にて乗継を行う便を利用することになります。メリットは価格が安く設定されていることになりますが、デメリットとしては乗継があるため時間がかかることと、スムーズに乗り換えできなかった場合や便が遅れている場合は他国で一泊するなどの不測の事態が起こりやすくなってしまうことです。確実に、スムーズに到着したい場合は直行便を選ぶようにしましょう。

予約の仕方

航空券の手配最近は航空チケットを買う場合、インターネットや旅行代理店で購入する方法が一般的となっています。正規の航空チケットを購入したい場合は、希望する航空会社のホームページから予約をすることが出来ます。格安航空券を予約する場合は、旅行代理店で相談するか、もしくはインターネットの格安航空予約サイトを利用するという方法が一般的です。特に、格安航空券予約サイトは最安値順で表示されているため見やすく、チケットの手配も手軽に早くできるところが魅力です。

おすすめの格安航空券予約サイト

帰国の際の手続き

最近は航空チケットを買う場合、インターネットや旅行代理店で購入する方法が一般的となっています。正規の航空チケットを購入したい場合は、希望する航空会社のホームページから予約をすることが出来ます。格安航空券を予約する場合は、旅行代理店で相談するか、もしくはインターネットの格安航空予約サイトを利用するという方法が一般的です。特に、格安航空券予約サイトは最安値順で表示されているため見やすく、チケットの手配も手軽に早くできるところが魅力です。

航空券を買う時の注意点

到着日 日本からオーストラリア、もしくは二カ国留学でフィリピンからオーストラリアに渡航する際に気を付けたいのが実際の到着日です。日付をまたいで到着する便が多くなるため、現地の何日に到着するのかをしっかりと確認しましょう。日付をまたぐ場合は到着したい日の前日に出発する便を予約することになります。
到着時間 オーストラリアに到着する便は早朝もしくは夕方以降に到着する便が多いですが、留学生は到着後にホームステイ先での滞在、またはホテルやバックパッカーへの滞在のため移動の必要があるため、夜に到着する便は避けたほうがよいでしょう。オーストラリアでは夜22時以降は就寝している家庭が多いため、夜中に到着することは失礼にあたる可能性があります。そのため、ホームステイを予定している学生さんは朝の便で到着するように調整するとよいでしょう。
料金 航空チケット購入代理店で表記されている値段には、燃油サーチャージが含まれていないものが数多くあります。燃油サーチャージとは運賃とは別で徴収される燃料価格の急な変動に備えた課徴金であり、数万円程度上乗せされる料金になります。航空券を購入する際には、燃油サーチャージ分の料金も考慮して選ぶようにしましょう。
乗継の時間 経由便を利用して渡航する場合は、乗り継ぎの際に十分な時間があるかどうかをチェックしましょう。乗継の時間が1時間未満の場合、前の便が遅れた場合や空港で迷った場合などに乗り遅れてしまう可能性が高くなります。逆に、待ち時間が長すぎる場合も要注意です。慣れない土地で時間をつぶす間にトラブルに遭う可能性が高くなりますので、多少料金が高くなっても安全性を重視してちょうどよい乗継便を予約しましょう。
カテゴリー: 出発準備 パーマリンク
2カ国留学
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
留学ドットコム
「一歩進んだ」留学に役立つ情報が手に入る!
ワーキングホリデー無料留学説明会
留学について思い立ったら…まずはコレ!
資料請求<無料>
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求