HOMEオーストラリア生活情報 ≫ オーストラリアでの仕事の探し方

オーストラリア生活情報

オーストラリアでの仕事の探し方

オーストラリアは世界の中でも屈指の好景気の国であり、経済活動も非常に盛んです。そのため、シドニーのような都市部では、特別仕事を選ばなければ、何かしらの仕事が見つかるという状況です。他の留学地では、そこまで求人があるわけでもなく、大抵の場合は現地企業での仕事がメインとなるので、語学力が限られると、なかなか仕事を見つけにくい状況にあります。確かにオーストラリアでも英語力が限られると、どうしても日本人相手の仕事ばかりとなります。

一般的に日本人学生やワーホリが取組める仕事の種類で一般的なのは、日本食レストラン、観光地にあるお土産屋、現地にある留学エージェントなどの事務関連のお仕事が一般的となります。また、ワーホリビザのシステムが変更になりますので、果樹園などの農園や牧場での就労も注目されてくるでしょう。

どの都市に滞在するかによって、仕事の内容は変わります。シドニーやメルボルンなどの東海岸の都市部ですと、さまざまな仕事があり、学生やワーホリなど幅広く仕事の種類を見つけることが出来るでしょう。また、ケアンズやゴールドコーストのようなリゾートがメインとなる観光地では、日本人観光客をターゲットにしていますので、観光産業に関連した職種がメインになります。それ以外の地域に関しては、そもそも日本人観光客も少なければ、留学生の数も少ないので、アルバイト先を探すのも大変です。また、ワーホリで金銭的に余裕が無い場合には、フルタイムで短期間にお金を稼ぎたいと思う方もいますが、その場合には断然シドニーを留学地として選ばれることをオススメ致します。

仕事の探し方

日本人のための求人情報は、最近はインターネット経由で探すのが一般的です。現在はインターネットの掲示板に殆ど全ての求人情報が掲載されており、多くの学生&ワーホリはそこで求人募集を探しています。その他にも特殊の専門職の仕事を希望する場合には、人材派遣業者に登録しておき、そこからの紹介されるお仕事をされる方もいます。大抵、人材派遣業者からのお仕事をする場合には、既に日本でその職業の専門分野の知識や経験が十分にあり、アルバイトの後にビジネスビザを企業側にサポートしてもらい、正規雇用で働きたい方向けとなります。人材派遣の求人情報に関しては、現地の日本語情報誌で手に入れるのが一般的な方法です。

現地のローカル新聞でも、 Japanese Speaker の求人広告があります。こちらの求人に関しては、永住権保持者やオーストラリアの市民権を持っている定住者を対象としており、学生やワーホリなどの一時滞在者向けのお仕事とは異なります。ワーキングホリデービザで仕事を探すときには、友達のコネなども以外に役に立ちます。自分が仕事を辞める際には、その入れ替わりに別のスタッフが必要になりますので、友達にそのポジションを紹介して貰えるということもあるでしょう。また、日本食レストランなどは、求人を出していなくても常に人材が欲しい状況にありますので、このようなケースは良くあります。また、飛び込みの電話で求人募集をしていないか尋ねてみると、以外に良い返事が貰えたりするものなのです。内気な性格な人でも、このような経験を何回かしておくと、日本に帰国してからの就職活動の際には、自信と勇気を持てますので、是非試して頂きたいと思います。

ワーキングホリデーの仕事探しについてはコチラでも詳しく解説しています!

給料について

ワーキングホリデービザで就労する場合、働く期間の制限があり、同一雇用主の基で3ヶ月までです。以前にはルールが曖昧でしたが、現在では移民局の監視が厳しくなり、殆どの企業ではこのルールを守っています。ただし、ワーホリビザの魅力は、何と言っても労働時間に関する制限が無い事です。残念ながらオーストラリアは所得税などの税率が非常に高いのと、生活費も安いので、その分時給も低くなり、思ったほどお金を手には出来ません。長く働けば、その分貴重な時間を費やしている事にもなりますので、ワーキングホリデービザで働く方には、働く期間を定め、その期間を徹底してフルタイムで働いた方が、お金もある程度は手元に残りますし、残りの自由な時間を学校に通うなり、旅行に行くなりして有効に使うことが出来ます。

殆どのアルバイトの時給は6~10ドル程度となります。高給なお仕事もありますが、その分1日あたりの労働時間も少なかったりするので、結局はあまりお金にならなかったりします。ワーキングホリデーで働ける職種を考えると、ツアーガイドや免税店のデリバリー、免税店のセールススタッフなどが、比較的給料が良いとされます。免税店のセールススタッフは、普通のお土産屋に比べると少し時給が高く、10~13ドルになります。日本食レストランやお土産屋などは、時給A$6~9くらいが一般的となります。しかしながら、日本食レストランはその特徴柄、食事付きが当たり前ですから、食費を浮かせられるというメリットも同時にあります。短期集中で確実にお金を貯めていくには、日本食レストランの繁盛店がオススメです。フルタイムで働けば、1日全ての食費も浮きますので、出て行くお金は家賃しかありませんから、確実にお金が手元に残る方法と言えます。

TAX(税金)について

オーストラリアで働く場合は、タックスファイルナンバー(Tax File Number)が必要です。仕事をする前には、必ずタックスファイルナンバーを取得しておきましょう。これは、オーストラリアの税務署(ATO : Australia Taxation Office)のホームページでインターネット申請して、後日郵送で書類が送られてきます。ワーキングホリデーやや学生ビザなどの一時滞在者に対する税金は非常に高く、所得額が生じた段階で、 29 %が課税対象となります。もちろん、給与が増えればそれに応じて支払う税金の割合も増えて行きます。所得税は日本と同様に、源泉徴収(雇用者に事前に給与から天引きされるシステム)され、雇用者側が税務署に税金を支払うシステムになります。よって、自分で税金を処理する必要性はありませんが、雇用者から貰う給与は税金を差し引いた後の額となります。ただし、払いすぎた税金を税務署から戻して貰う、タックスリターン(確定申告)というシステムがありますので、ビジネスビザで長期間に渡って働く人は、会計士に頼んでタックスリターンを行ってみましょう。会計士に依頼した場合の費用は、 1 回につき 50 ~ 100 ドル程度となり、日本語で手続きのできる会計事務所もあります。


Page Top