HOMEオーストラリア生活情報 ≫ オーストラリアでの仕事の探し方

オーストラリア生活情報

仕事の探し方

アルバイトの基礎知識

オーストラリアでは、ワーキングホリデービザと学生ビザでアルバイトをすることが許されています。海外生活の中でのアルバイト探しは、日本でアルバイトを探すことに比べると、幾分勝手が異なります。オーストラリア現地入り後、アルバイトを始めるにあたって最低限知っておくべき基礎知識と、よくある質問と一緒にご紹介します。

Q アルバイトはすぐ見つかりますか? またおすすめの都市はありますか?

基本的には、日本と同様アルバイトや求人数は大都市に集中する傾向があります。そのため、アルバイトをすぐにでも始めたいという方は、最初にシドニーを選んでいただけば間違いありません。日本人観光客が多い場所であれば、日本食レストランやお土産屋さんなども多く、働き口が多いのが特徴です。シドニー以外では、メルボルン、ブリスベンといった都市も比較的仕事が探しやすいエリアとされます。

Q お給料はいくらくらいもらえますか?

日本食レストランなどの日系アルバイト(日本人経営の企業)であれば、大体12ドル前後が相場となります。日本円に換算すると1,000円ほどになります。高いところでは20ドルもらえるところもあり、本人の英語力やスキルによって時給が大きく異なってきます。英語力が無ければ職種も限られ、時給が低くなる傾向にあります。英語力がある状態でアルバイト探しをした方が、仕事の種類も時給も高くなるため、最初にしっかりと語学学校で学んでおくことが重要だと言えます。

Q 税金は納めなくてはなりませんか?

はい。オーストラリアで働く際には、必ずタックスファイルナンバーという納税者番号の取得が必要となります。自分で税金の処理をする必要はなく、雇用主が源泉徴収し、税務署に支払って呉れています。払いすぎた税金の払い戻しであるタックスリターン制度(確定申告)がありますので、払いすぎた税金を取り戻すこともできます。一方、複数のバイト先でアルバイトしていた場合や副収入がある場合は、追加で税金を納めることを求められる場合もあります。

Q 働くにあたり英語力はどのくらい必要ですか?

どのくらいの英語力が求められるかは、現地の企業か日系の企業によっても変わってきます。現地系だと英語で働けるレベルの目安がTOEIC700前後からとなっているため、あらかじめ中上級以上の英語力が求められます。一方日本食レストランなど日系の企業であれば、初級レベルの英語力でも選ばなければ仕事は見つかるということになります。英語力がない場合は、主に肉体系や体力勝負の職種が多くなる傾向にあります。英語力がない場合には、シドニー以外の都市だとなかなか見つからないという可能性があるため注意が必要です。

オーストラリアでの仕事の探し方

オーストラリアでの仕事の探し方

直接応募・学校・知人の紹介

良さそうな職場などを見つけたら、履歴書をもって直接応募する方法があります。運が良ければその場で面接・採用など手間暇が省け、手っ取り早い方法です。また、学校で情報を集めたり、知人の紹介によってアルバイト先を見つけたりと行動力とネットワーク力が必要となります。知人の紹介では、紹介手数料などで料金を請求される場合があるので要確認です。

現地系求人サイト

英語力に自信がある場合は、現地のオーストラリア人と一緒に働ける求人を探しましょう。メリットとしては完全に英語環境で働けること、時給が高くオフィスワークなどで帰国後の転職の際にアピールが出来る点です。

日系求人サイト

英語力に自信がない場合は、日本人経営や資本のレストランやお土産屋さんで求人を探しましょう。メリットとしては仕事が見つかりやすい点です。

仕事探しの必需品

仕事を始める前に先立つものが必要ということで、ここではアルバイトを探す前に必要となるものをご紹介しています。準備は計画性をもってすればスムーズにアルバイトを始めることができるため、しっかりと準備をすることが第1ステップとなります。

携帯電話 まず現地に到着したら、真っ先に携帯電話が必要となります。基本的に電話ができれば良い方が多いため、現地ではプリペイドケータイを購入される方が多いです。スマートフォンを持ちたい方は、レンタル携帯を利用される方もいます。電話番号があればバイト先への問い合わせや、タックスファイルナンバーが申請可能です。
銀行口座 銀行口座は、最初の6週間の間に作ってしまうのがセオリーです。入国して6週間以内であれば、オーストラリアの住所とパスポートのみで開設が可能ですが、この時期を超えてしまうと、さらに追加で身分証明書が必要となり、銀行口座を作るのが困難になる方がいるので注意が必要です。
VISA オーストラリアで働くには、働くことを許可されているビザが必要となります。学生ビザでも決められた時間内で働くことは可能ですが、フルタイムでしっかり働きたいということであればワーキングホリデービザが必須となります。ビザは現地で取得するものではなく、留学出発前に取得が必要になります。
履歴書 日本で仕事を探す際にも必要となる履歴書ですが、現地企業で働く場合の履歴書は年齢と顔写真は公表する必要はありません。しかしながら、日系企業は経営者やマネージャーが日本人である場合が多いため、日本と同じ顔写真付きのフォーマットの履歴書を用意した方が良いでしょう。英語のスコアと特技・志望動機などしっかりとアピールすることが必要となります。
→サンプルはこちら
英語力 アルバイトをするにあたっては、英語力のレベルでどの仕事につけるかのカギとなります。高い英語力があれば、現地系の英語環境の職場で時給の高い仕事につくことが可能です。ですが、日系の仕事でもある程度の英語力は求められるため、しっかりと英語の勉強をしてからアルバイト探しをすることをオススメします。
タックスファイルナンバー
(TFN)
オーストラリアで働く際には、タックスファイルナンバーという納税者番号を取得する必要があります。オンライン申請か可能で、申請後28日以内に住所宛てに書類が届きますので、必ず取得しておいてください。

Page Top