ワーキングホリデービザの申請手順

大使館のサイトにアクセス申請前の注意ページ一般情報ページビザの申請条件を選ぶ
インフォメーションを読む申請同意項目申請ステップ1申請ステップ2申請ステップ3
申請ステップ4申請ステップ5申請ステップ6申請ステップ7申請ステップ8
確認画面IDとパスワードを決めるアプリケーションの保存申請料金支払い
TRN番号を控える 申請終了
大使館サイトにアクセス

申請前の注意ページ

一般情報ページ

ビザの申請条件を選ぶ

インフォメーションを読む

申請同意項目

申請ステップ1~8

確認画面

IDとパスワードを決める

アプリケーションの保存

申請料金支払い

TRN番号を控える

申請終了

ワーキングホリデービザの申請は、全て英語で行なわれます。日本語で直訳すると意味がつかみにくい表現もあり、英語に不慣れな方の場合には、ビザ申請に苦労する方も多くいます。手続きの仕方が悪く、ビザ発給の案内が届かないというトラブルも多く聞きます。

申請方法の不手際で、健康診断を受けるように指示されたり、銀行の残高証明を提出するようにリクエストされたりするケースも多々あります。こちらページでは、できる限り詳細にビザ申請手続きをご案内していますが、ビザを確実に取得できることを保障するものではありません。

移民局の担当官と直接英語でメールのやり取りができる英語力に不安を感じる方は、スムーズなビザ手続きを進めるためにも、留学エージェントのビザサポートサービスなどを利用することをオススメします。

ビザの申請にあたって、以下を参考に必要なアイテムをご用意下さい。手元に用意ができましたら、いよいよワーホリビザの申請を行います。

※ビザ申請方法、条件、費用などは移民局によって、予告なしに変わる場合がございます。

※ワーキングホリデービザ申請の申請マニュアル(最新版)は、弊社の無料学校手続きサービスをご利用のお客様、またはサポートにお申し込みのお客様へのみご案内しております。ビザの申請方法関するご質問は、お問い合わせフォームやお電話でお問い合わせ頂いてもお答え致しかねますので予めご了承下さい。

ワーキングホリデービザ申請前の準備

パスポートの取得
ビザの申請には必ずパスポートが必要になります。パスポートの申請がまだの方はまずはパスポートを申請する必要性があります。パスポートの有効期限が6ヶ月を切っている方もパスポートの更新手続きを行ってからビザ申請を行いましょう。パスポート申請をまだ行っていない方はコチラの取得方法を参考に申請手続きを行ってください。
クレジットカードの用意
ワーキングホリデービザの申請費用の支払いは必ずクレジットカードで行います。自分名義のカードを持っていない方は、早急にクレジットカードの申請を行ってください。カード作成期間は平均3週間となります。海外留学にオススメのクレジットカードはコチラで紹介しています。
ワーキングホリデービザ申請費用: A$190.00 (2007年11月現在)
ワーキングホリデービザの申請準備時期
オーストラリア移民局のビザ審査担当によって、審査に要する時間が大きく異なります。担当者によっては審査に1ヶ月以上掛かる可能性もありますし、担当者を選ぶこともできません。一般的に安全にビザ申請を行うためには、3ヶ月以上前の手続きをオススメしています。
メールアドレスの準備
ビザの発給通知は、メールにて送られてきます。発給通知メールは長文メールであり、プリントアウトする必要性があるため、ビザ申請の際に登録するメールアドレスには携帯電話のアドレス利用は避けましょう。必ずパソコンで受信できるメールアドレスを利用しましょう。Yahoo!やHotmailなどのフリーメールの登録でも大丈夫なので、この機会に無料のメールアドレスを取得しておきましょう。
プリンタの準備
移民局から届いたビザ発給通知メールは、プリントアウトしておきます。ワーキングホリデービザ専用の格安航空券の購入の際には、ワーキングホリデービザの取得証明をする必要性があります。また、入国審査の際に何か指摘を受けた場合のため、ビザ発給通知メールはプリントアウトして携帯して入国しましょう。
カテゴリー: ワーキングホリデー パーマリンク
2カ国留学
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
留学ドットコム
「一歩進んだ」留学に役立つ情報が手に入る!
ワーキングホリデー無料留学説明会
留学について思い立ったら…まずはコレ!
資料請求<無料>
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求