HOMEオーストラリア生活情報 ≫ オーストラリアの携帯電話

オーストラリア生活情報

オーストラリアの携帯電話

オーストラリアの携帯電話オーストラリアでの生活を始めるにあたって、まず必要となるのが携帯電話です。アルバイト探しやシェアハウスを探す際の連絡先として、携帯電話は必須のアイテムとなります。海外留学では1年前後の滞在期間となるため、新規契約することはできません。そのため、プリペイド携帯やレンタル携帯を利用するのが一般的です。携帯電話を所持するにあたり、オーストラリアには数多くの携帯電話会社が存在するためどのように購入したら良いか迷うところです。以下、オーストラリアの携帯事情についてご紹介します。

現地系会社と日系会社の違い

オーストラリアの携帯電話今日のオーストラリアには、ワーホリメーカーをはじめ企業の駐在員、旅行者などの多くの日本人が滞在しています。そのため、大まかに現地系の携帯会社と日系の携帯会社が存在します。以下代表的な会社をご紹介します。現地系企業の場合は主にプリペイド携帯を使用する形となり、日系の場合はレンタル携帯のサービスを提供しているケースが多くなります。ワーキングホリデーの方を含む多くの留学生の場合、2年未満の滞在となるケースが殆どのため、現地オーストラリア人と同様に携帯電話の契約をするという機会は殆どないでしょう。

現地系企業 ・Telstra
・Optus
・Vodafone
・Amaysim
日系企業 ・ニッテル
・ナビテル
・エイブルネット

契約形態とメリット・デメリット

オーストラリアの携帯電話現地で1年間ワーキングホリデーや留学をするとなると、必ず必要となるのが携帯電話ですが、主に以下の2通りの契約方法があります。

基本的には購入する際は、パスポートと住所を事前に準備しておき、お店で書類などの記入をするという流れになります。

 

プリペイド携帯を購入
現地にて、使う分をその都度チャージしながら使用できる携帯電話。チャージはネットや店舗・スーパーなどでも可能です。

メリット
・費用が割安。
・高額な請求が来ることがない。(使い過ぎない)
・SIMフリーの携帯機種をもっていれば、携帯会社を選ぶことができる。

デメリット
・使用量に制限があり、チャージが切れると使用できなくなる。
・自分で携帯機種を購入しなければならない。(高額なスマートフォンを購入すると割高のため、機種は通話とショートメールを送る程度の最低ラインの機種になるケースが多い)
・日本とオーストラリアでは電波周波数の種類が異なるため、原則日本で引き続き購入した機種を使うことができない。

現地でレンタルする
現地にて新しい機種(スマートフォンなど)を購入して数カ月~数年の契約で使用するタイプの購入方法。使用量によって料金が異なります。

メリット
・安価な費用でスマートフォンをレンタルすることができ、好みに合わせて便利な機種が使用できる。
・スマートフォンのため、インターネット接続やメールの送受信が携帯からできる。
・自分で携帯機種を購入する必要性がない。
・リチャージする手間が省ける。

デメリット
・使用しすぎると高額な請求が来る。
・プリペイド携帯に比べると、通話料が気持ち割高。

現地で契約する
現地に2年以上滞在される方のみ、現地人と同様に新規契約ができます。

メリット
・iPhoneなどの最新機種を使用することができる。
・インターネット接続は主に定額のため、使用容量を気にせずに使用することができる。

デメリット
・使用しすぎると高額な請求が来る。
・契約プランによって通話料金が変動する。

日系の携帯電話会社を利用する際のポイント

オーストラリアの携帯電話日系の携帯電話会社ですと、ワーホリメーカーのための短期(1年未満)のプランや、ビジネスマン向けのプランなど、日本人向けに用意された様々なプランが選べます。また、手続きもすべて日本語でできるため、携帯機種が故障したりといった問題があったり、契約に伴う一連の手間も省くことができます。多くの方は日本でスマートフォンを使用していた方の方が多いため、日本にいた時のような感覚でスマートフォン経由からインターネット接続やメール送受信をしたい方は、レンタル携帯を利用することになるはずです。なお、レンタルプランにも最低契約期間があるため、なるべく早めに契約しておくとよいでしょう。


Page Top