運転免許証取得

運転免許証取得

オーストラリアと言えば、オーストラリア国内一周旅行をする「ラウンド」をイメージされる方も多いはずです。ラウンドする際に運転免許証があれば、オーストラリア各地様々な場所を旅行したり友人たちとドライブに出かけたりと楽しみの幅が広がります。ここでは、どのように運転免許証を取得すれば良いのかをご紹介します。まず、オーストラリアでの運転免許証を所有する人には以下の2種類があります。

訪問運転者 ワーキングホリデービザ・学生ビザ・観光ビザ・ビジネスビザ等で、一時的にオーストラリア国内に滞在している方。
永住者 オーストラリアの永住権をすでに取得している方で、現地長期在住者及びオーストラリア人と同等の権利を有している方。

留学生やワーホリメーカーの方の場合、訪問運転者となりますが、オーストラリアに現地入りして半年以降から申請が可能です。免許証取得には以下の3つの方法があります。

有効な日本の自動車運転免許証を利用する

オーストラリア国内で運転する際に、日本の免許証を利用する場合には、を以下の3つを揃えることによって可能です。

  • 有効な日本の自動車運転免許証
  • 翻訳証明書(CRC発行※)
  • パスポート(コピー可)

※CRC:Community Relations Commissionの略で、翻訳を行っている政府機関です。CRC作成して貰った翻訳された証明書を保有している必要性があります。

国際運転免許証を取得する

オーストラリアに出発する前に、最寄りの警察署で国際運転免許証を作成することができます。インターネットで「国際運転免許証」と検索すると、申請に必要な情報が得られます。国際運転免許証の有効期間は、発給日から1年間有効となるため、1年以上滞在予定の方で運転する予定の方は他の方法を検討する必要性があります。運転する場合は、有効期限内の国際運転免許証と日本の免許証、パスポートを持ち歩くことで運転が可能です。

現地で運転免許証を取得する

仮免許を取得すると、「 L 」プレートを付けて路上練習を行う事が出来ます。 NSW 州では運転経験 3 年以上の現地本免許所持者の同乗が義務付けられています。合格への早道としては、自動車学校でインストラクターの指導の基、実際の試験コースで重点項目をトレーニングして貰うのが、やはり高い合格率につながります。

運転技術を習得したら、試験官同乗で実技試験(Driving Test)を受けます。試験は運転技術はもちろん、交通放棄、標識、他社の方向指示を理解し、正しく判断しているか等が項目ごとにポイントで評価される。試験中の危険行為や規則違反は即不合格になります。日本とは違い、試験に使う車は自分で持ち込みしなければならないので、使い慣れた練習者で受験することが出来ます。合格すると、初心者免許証が交付され、期間中は車に「P」プレートを付けて運転する必要性がある。初心者免許証の期間は、1~3年間と各州により異なります。

免許証取得の方法

自動車運転免許証を取得するには、学科試験と視力適性検査を受ける必要があります。以前はある一定の条件下において技能試験と学科試験が免除されていましたが、2008年以降は規則が変わり、半年以上滞在していないと申請手続きができないようになりました。また、免許は原則1年間有効のため、毎年更新に行く必要があります。

申請に必要な書類

  • 有効期限内の日本の運転免許証
  • 英文翻訳証明書(CRC発行)
  • パスポート
  • 現住所が証明できる書類(公共料金の支払い書等)
  • クレジットカードや学生証

※詳細についてはオーストラリアの運輸局(RTA)のHPで確認することができます。

永住権保持者の免許取得

オーストラリアで永住権を取得した方は、日本の自動車運転免許証で運転することはできませんが、訪問者と違って半年以上の滞在していなければいけないというルールが適用されません。そのため、永住権を取得した方は、運転免許証を現地で取得することができます。

永住権保持者の免許取得の場合

日本の自動車運転免許証
現住所を証明できる書類
身分証明書(パスポートなど)
翻訳証明書

手続きの流れ

  • 申請書と必要書類を窓口に提出
  • 視力試験及び知識試験(コンピューターによる択一形式)を受験
  • 合格すれば免許証の交付

運転技能試験と学科試験が免除になる条件

  1. 現時点で有効な日本もしくはニュージーランドの自動車運転免許を持っている。
  2. 日本の失効した自動車免許を所得しているが、失効後3年以内であること。
  3. 過去にオーストラリアで運転免許を取得したことがある。
  4. オーストラリア・ベルギー・デンマーク・フィンランド・フランス・ドイツ・ギリシャ・アイルランド・イタリア・ルクセンブルグ・オランダ・ノルウェイ・ポルトガル・スペインで現在有効な自動車免許を取得している。

運転技能試験

運転免許証取得仮免許を取得した後は「Lプレート」というものをつけて路上で練習することか可能になります。オーストラリアは日本のような教習所がないため実際の路上で練習することになります。この際運転免許を持つ人の同乗が義務付けられている州があるため、注意が必要です。実技科目に合格した場合は、1年間有効な免許(Pライセンス)が公布されます。これは日本でいう初心者マークにあたる初心者運転免許証というもので、1年間は赤色のPマークをつけて路上を走ることが義務づけられています。

学科試験

学科試験はコンピューターで受験することが可能です。電話で予約をしていくこともできますが、基本的には直接出向いて空きのあるコンピューターで受験することが可能です。試験は全て英語で受けることになりますので、ある程度の英語力がなければ厳しいでしょう。また。試験は1日1回までとなっているため、落ちてしまった場合は次回の予約を取って後日受けるという形になります。

※運転免許証取得制度については各州によって異なります。必ず滞在先の州にてご確認ください。

カテゴリー: 現地の生活情報 パーマリンク
2カ国留学
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
留学ドットコム
「一歩進んだ」留学に役立つ情報が手に入る!
ワーキングホリデー無料留学説明会
留学について思い立ったら…まずはコレ!
資料請求<無料>
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求