滞在方法

滞在方法

ニュージーランド留学・ワーホリでの滞在先で多いのがホームステイとフラットシェア、学生寮の3つです。渡航後すぐの最初の滞在方法は、英語の勉強はもちろんのことニュージーランドの文化や習慣を学ぶことができるホームステイがお勧めです。費用を少しでも抑えたい、食事は自分好みのものが食べたいなどという方は、フラットシェアが良いかも知れません。また学校によっては学生寮を用意しているところもあり、ホームステイに比べると安く暮らせるため、こちらも人気があります。代表的な滞在方法の中から、自分の目的や予算、滞在期間などに合わせて自分にあった滞在方法を選ぶようにしましょう。

滞在方法の種類

ホームステイ

ホームステイとは、留学生がその国の一般家庭に滞在し広く生活体験をすることを言います。基本的に、個室が与えられ食事が朝と晩に提供されます。シャワーやトイレは家族と共同使用の場合が多いです。ニュージーランドは移民が多く、アジア系の他にヨーロッパ系の人々も多く暮らしているため、ホームステイ先は必ずしもニュージーランド人の家庭であるとは限りません。ホストファミリーのルーツや状況によっても生活スタイルが様々なので、その家族のルールや習慣を尊重して良い関係を保つことも大切です。

フラットシェア

フラットシェアとは、複数でアパートや一軒家を借りて、キッチンやリビング、シャワー・トイレを共同で使う滞在形式です。ニュージーランドの若い人たちの間ではごく一般的な滞在方法で、家賃やガス、水道、インターネットなどの光熱費を人数分で割るので安く滞在することができ人気があります。ある程度ニュージーランドの生活に慣れてくると、より自由で気楽なフラットシェアに移って行く人がほとんどです。シェアメイトたちと色んな情報を交換できたり、色んな国の人達と交流できたりして楽しい反面、フラットごとにルールが決められている場合もあるため後々のトラブルを避けるために入居時には必ずルールを確認しておきましょう。

学生寮

ホームステイがちょっと苦手という方には学生寮という選択もあります。学生寮では基本的に同じ語学学校に通う生徒が住んでいるため、いつも賑やかで寂しくないなどのメリットがあります。部屋にはベッド、机、クローゼットなどが備え付けられていて、トイレやシャワーは共同で使用するのが通常のスタイルです。食事はカフェテリアで食べるところと、自炊ができるところとがあり、寮によって異なります。学生寮は数に限りがあるため、入居希望の場合はできるだけ早めの予約をお勧めします。

各滞在方法の探し方

ホームステイ

滞在方法ニュージーランドのホームステイには弊社の現地提携オフィスが手配を行う「弊社手配ホームステイ」と、語学学校が直接手配を行う「学校手配ホームステイ」の2種類をご用意しています。ご自身でインターネット検索を行い直接ホストファミリーと契約される方も稀にいますが、第3者の審査もなく、また家庭内でトラブルが起きた際には相談窓口もないため、全てご自身で交渉解決しなければなりません。あまりお勧めしませんが、契約の際には十分な注意が必要です。

弊社手配ホームステイ

弊社手配ホームステイとは、現地スタッフがホストファミリー宅へ訪問し家庭環境や室内設備などを隈なくチェックして、留学生を受け入れる態勢が整っているかを厳選に審査しています。ファミリーに直接インタビューを行い、弊社が適正と判断した家庭のみと契約を結んでいます。弊社手配ホームステイは、ニュージーランド国内にオフィスのあるオークランドとクライストチャーチの2都市でお手配が可能です。

学校手配ホームステイ

学校手配ホームステイとは、語学学校通学者のために学校側が用意するホームステイのことを指します。語学学校のメイン業務はより良い授業を生徒に提供することですから、ホームステイの質に関してはムラが生じることがあります。また、ホストファミリーとの間にトラブルが生じた際の解決に関してはご自身で学校のホームステイコーディネーターに相談しなければならないため、英語力が求められる場合があります。

フラットシェア

滞在方法フラットシェアは様々な方法で探すことができます。現地の人とのシェアが希望なのか、同じ日本人とのシェアが希望なのか、好みによって検索することが可能です。また、フラットシェアを探し始めるタイミングは多くの情報が出るホームステイ/学生寮を退去する2~4週間前が理想です。ニュージーランドでの主なフラットシェアの検索方法をご紹介します。

友人に紹介してもらう

友人を介して空き情報を入手した場合は、その友人目線の情報が手に入るので入居後のミスマッチやトラブルは少なくなる傾向にあります。自分の友人という点でも、全くの他人からの紹介より安心感もあります。もしあなたがフラットシェアを探しているのであれば、なるべく早い時期に「フラットシェアを探しているので、知り合いにいたら紹介して!」と周りに声をかけておくと良いでしょう。

学内のシェアメイト募集の掲示板を見る

学校内には学生専用の掲示板が置かれているところが多く、そこでは学生がスピーキングパートナーを募集していたり、シェアメイト募集の情報なども張り出されていたりして、学生たちの貴重な情報収集の場となっています。なるべくコストをかけずに物件を探したい場合には、この学内掲示板を活用すると良いでしょう。

WEBで検索する

現在、最も主流なのがWEB検索です。学内の掲示板は、基本的には同じ学校の生徒のみですが、WEBを使うことで社会人や他の学校の学生と繋がりを作ることができます。気になる物件を見つけたら、電話かメールでコンタクトを取り見学の予約を入れましょう。ただし、メールの場合は返信がない場合も考えられるので、なるべくなら直接電話を掛ける方がベストと言えます。

学校のアドバイザーに相談する

学校のアドバイザーは数人の学生を担当しているため、多くの学生と繋がりを持っています。アドバイザーの役目は、勉強の悩みや現地生活で困っていること、食事のことなどいろいろと相談にのってくれる立場です。もしあなたが空き物件を探している際などには一度相談してみても良いでしょう。特に英語がまだそこまで話せない段階ではきっと良き助け役となってくれるでしょう。

カテゴリー: 現地の生活情報 パーマリンク
2カ国留学
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
留学ドットコム
「一歩進んだ」留学に役立つ情報が手に入る!
ワーキングホリデー無料留学説明会
留学について思い立ったら…まずはコレ!
資料請求<無料>
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求