CEBU BLUE OCEAN ACADEMY セブ ブルー オーシャン アカデミー

留学ドットコム 語学学校レポート

海を臨む快適な施設で経験豊かな講師陣から学べる学校

留学経験:オーストラリア / 語学留学・ワーキングホリデー
2 人が「参考になった」と回答しました!
訪問日:2016-04-04

学校概要

海を臨む快適な施設で経験豊かな講師陣から学べる学校Blue OceanはバギオにあるPINESのセブキャンパスとして、2015年6月に開校したまだ1年弱の新設校です。学校はマクタン島南部海沿いの海を臨む、海好きな方にはたまらない絶好のロケーションに位置しています。徒歩圏内に地元の方が通うスーパーがあり、買い物にも便利な立地です。当校では初心者から上級者まで対応できるカリキュラムを用意し、ESLでは目的やスタイルに合わせて4つのコースから選択ができます。団体の受け入れも積極的に行っており、台湾や韓国からは親子留学、日本からは高校生の留学が増加傾向にあります。生徒が教室に行く際には、オープンスペースとなっている受付の前を通る必要があります。日本人の学生数はさほど多くないため、学校スタッフも日本人学生を見かけた時には、一言声をかけるように心掛けているそうです。

レベルの高い講師陣と体系づけられたシステム

当校は開校して間もない学校ですが、講師陣はバギオにあるPINESからの経験を持つため非常に高レベルの先生が揃っています。バギオはフィリピンでも有数の学園都市で、数多くの大学が集まっています。そのため優秀な講師を採用しやすい環境にあり、PINESの講師陣もバギオから採用しています。学校経営者は経営者と同時に教育者でもあるため、どうすれば生徒の英語力が伸びるか真剣に考えており、スタッフにもその主旨が行き届いています。2階の掲示板には生徒の名前が貼りだしてあり、そこから自分のスケジュールやマンツーマン授業詳細と3段階でのチェックができ非常に系統づけられています。圧迫感がないように対面式の個室でつくられたマンツーマン授業の教室では、生徒が先生の部屋を訪ねる方式をとっています。教室内は先生が自由に飾りつけでき、それぞれの個性が垣間見えました。授業は欠席した分だけ義務自習の時間が発生します。義務自習の時間中は先生が自習室の入り口付近に待機し、出席状況を確認しているため、無駄な時間は一切ありません。

海を臨む快適な施設で経験豊かな講師陣から学べる学校

2階にある掲示板で予定をチェック

海を臨む快適な施設で経験豊かな講師陣から学べる学校

マンツーマンの教室は対面式

国籍も比較的豊かで日本人比率も45%を超えないように配慮

海を臨む快適な施設で経験豊かな講師陣から学べる学校Blue Oceanの在校生は、韓国、日本、台湾、ベトナムとフィリピンの中では比較的多国籍の傾向にあります。また、日本人学生は元々少ない学校ですが、国籍が45%を超えないようなルールにしているとのこと。オーシャンビューの景色を求めて、フィリピン国内の他の語学学校からの転校もあるそうです。最も人気のあるコースはGeneral ESLコースで、学生の9割がこのコースを選択しています。 日本人のみに限定すればその割合は7割まで下がり、グループ授業のないIntensive ESLを選ぶ方が多いそうです。人前で話すことに慣れない日本人の国民性もあると思いますが、日本人学生はより短期間で英語力アップを求めている方が多いため、マンツーマン授業主体のコースを好まれるようです。グループ授業は自分と同レベルの学生と一緒に学習するため、慣れてしまえば遠慮も気恥ずかしさもなくなるので、周囲の学生のことはあまり気にならないとのことでした。短期集中の方は別ですが、グループ授業を受講されない方には、オプション授業を取られることをお勧めしているそうです。グループ授業やオプション授業を通じて、学生同士仲良くなり、放課後ホテルのプールで遊んだり、一緒に外出したり楽しめます。

寮や教室を含め、クオリティの高い施設レベル

当校の宿泊施設は、敷地内EGホテルの8~10階を学校が学生寮として借り切っています。フィリピンではよくシャワーの水圧問題を耳にしますが、当校では学校エリア専用に特別な装置を設置しシャワーの水圧を一定レベルに保っています。部屋内ではWi-Fiが使用できないため、24時まで空いているカフェまたはホテルロビーのWi-Fiを使用してください。有料のポケットWi-Fiのレンタルサービスもあるそうなので、ネット環境を重視される方は3階のデスクを訪ねて相談しに来てくださいとのことです。清潔に保たれた部屋には、到着直後に嬉しいウエルカムセットが準備してあります。またカフェにはパソコンが3台あり、自由に使用することができます。授業で使用するリスニング教材も入っており、ダウンロードも可能です。敷地内には24時間利用できる売店もあり、近くのスーパーよりは価格は高めですが、小腹がすいた時にはすぐに行けて大変便利です。

海を臨む快適な施設で経験豊かな講師陣から学べる学校

宿泊施設のホテルロビー

海を臨む快適な施設で経験豊かな講師陣から学べる学校

自然光も入り明るい3人部屋

快適に過ごせるための環境づくり

食事は韓国食ベースですが、多国籍な学生が在籍しているということもありメイン料理は辛い味付けのものと、辛くないもの2種類を用意し、万全の態勢を整えています。1階にあるカフェでは本格的のコーヒーを提供してくれます。フィリピンでは少し強気の価格設定だけど、とても美味しく学生たちにも人気があるそうです。もちろんマンゴーシェイクも飲めますので、フィリピンならではの雰囲気を味わいながら生活できます。学校主催のアクティビティーとしては、2カ月に一度のペースで「International Day」を開催しています。毎週木曜日には旅行会社の方が出張デスクで来てくれるため、学生はその旅行会社を通してアイランドホッピング等に出かけているそうです。日本では考えられないことですが、フィリピンの郊外には丁目や番地等の細かい住所がなく、郵便物が届かないこともしばしば有ります。当校では毎週水曜日にスタッフが郵便物を受け取りに行ってくれるので、日本から荷物を送る時でも安心です。新入生のIDカードの紐は黄色と在校生と分けており、お互いに声をかけやすい環境づくりがされています。

Blue OceanはPINESの姉妹校ではありますが、本校であるPINESとは異なりスパルタ式の学校ではないので、門限設定はあるものの平日の外出は可能です。ただ、セブシティに出かけるには少し距離があり、放課後に気軽にシティへショッピングや外食という環境にはありませんので、やはり当校を選ぶ理由としては「勉強に集中したい方で南国のオーシャンビューを堪能したい方」に最適だと言えるでしょう。当校はしっかりしたカリキュラムがありますし、ホテルレベルの高い施設レベルを求める社会人の方に是非お勧めしたいです。敷地内は清潔に保たれており、とても快適な環境です。なお、学校の入学日はあらかじめ指定されているので、他校に比べて入学におけるフレキシブルさは落ちますので、その点ご注意ください。

このレポートは参考になりましたか?

このスタッフは他に以下の記事も紹介しています

2カ国留学
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
留学ドットコム
「一歩進んだ」留学に役立つ情報が手に入る!
ワーキングホリデー無料留学説明会
留学について思い立ったら…まずはコレ!
資料請求<無料>
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求
0
0