HELP English Institute, Clark Campus(HELPクラークキャンパス) ヘルプ イングリッシュ インスティチュート、クラーク キャンパス

留学ドットコム 語学学校レポート

長期的に勉強したい初心者の方にお勧めの学校

留学経験:オーストラリア / 語学留学・ワーキングホリデー
2 人が「参考になった」と回答しました!
訪問日:2016-03-29

学校概要

長期的に勉強したい初心者の方にお勧めの学校HELPクラーク校は、20年の伝統を持つHELPの3つ目のキャンパスとしてクラークの地に誕生しました。当キャンパスとロンロンキャンパスは初心者から中級者向け、マーティンスキャンパスは中級者以上のレベルの学生を対象としています。クラークは過去にアメリカ軍基地があったこともあり、インフラ設備が整ったきれいな地区です。特にクラークキャンパスは経済特別区域内に位置しており、この地域はトライシクルや許可のないジプニーが入ることができないことから、夜でも治安の良い静かな地域です。食後には学生同士でバトミントンや卓球を楽しむ姿が見られました。学校前からジプニーに乗ると、地元の人で賑わう大規模ショッピングセンターSMモールに行くことができます。ジプニーの乗車料金は訪問当時12ペソ(30円程度)でしたので、移動に掛かる費用負担も殆どありません。また、クラーク空港まで車で約5分とかなり近く、週末にセブや他の島への小旅行も楽しめます。

しっかりしたカリキュラムをもとに長期間学べる

HELPクラーク校では、学生の平均滞在期間は8週間と、長期間勉強に来られる方が多いのが当校の特徴です。空席があれば、バギオにある他キャンパスへの転校もできますので、ご希望の方はスタッフまでお尋ねくださいとのこと。各キャンパス日本人スタッフが在籍しているため、英語力に心配のある方でも安心して過ごすことができます。現地で延長を希望される方は、マーティンスキャンパスに在籍する学生に多いそうです。試験対策に力を入れているスパルタ式のマーティンスキャンパには、英語を極めようと一日中勉強される学生さんの姿が見られるそうです。クラークキャンパスでは教室や受付のある1階でEOP(母国語禁止制度)をとっており、破った場合はペナルティーがあるのでご注意ください。また、希望者にはTOEICの模擬授業を毎週実施しており、50ペソにて受講可能です。レベルアップテストは4週間に1回実施し、学習の進捗状況が適宜確認できるようになっています。

長期的に勉強したい初心者の方にお勧めの学校

日本人スタッフの伊藤さん

勉強に集中できる工夫がこられされた環境づくり

当校の食事はビュッフェ形式をとっており、韓国食がメインながらも日本人でも食べられる工夫がなされています。食堂にはTVがあり、英語のニュースを放送して英語漬けの環境を促しています。内部にある売店は品揃えが豊富で、お菓子は小分けの袋で販売しているのが嬉しいポイントです。勉強した後には甘いものが欲しくなりますが、勉強中心の生活で身体を動かしているワケではないので、食べ過ぎには気を付けましょう。校内ではバレーボールやバトミントンができるので、適度に体を動かすこともできます。学生寮は階数で男性と女性が分かれており、異性の階には立入禁止で、夜には階段の所に警備員が立っています。廊下には共有の冷蔵庫が置いてあり、個人の飲み物などはその中に入れて保管しています。Wi-Fiは各部屋でも使用できるようになっていますが、繋がりにくい時があるようで廊下に椅子を出して使用している学生の姿が見られました。学生寮内の自室には、同性の友人でも中に入れることはできませんのでご注意ください。訪問時の国籍は韓国5割、日本4割、台湾1割で部屋割りは国籍を考慮して英語環境になるよう配慮しているそうです。

長期的に勉強したい初心者の方にお勧めの学校

品ぞろえ豊富な売店

長期的に勉強したい初心者の方にお勧めの学校

TOEIC模擬テストを行う教室

経験豊かでフレンドリーな講師陣

長期的に勉強したい初心者の方にお勧めの学校フィリピンの中でも長い実績を持つ当校は、先生も在籍8年以上のベテランが3割、半数は5年以上の経験があります。経験豊かな講師陣は英語を話せない学生にも慣れているため、より分かりやすいように親身になって教えてくれます。マンツーマン授業は、教室内だけではなく野外にあるバハイクボ(フィリピンの伝統小屋)で行うことも可能です。リフレッシュしたい時は是非、外にあるバハイクボでの授業も受けてみてください。また先生との外出も可能なので、地元の方が多く集まるアンヘルス地区で食事を楽しむのもお勧めとのことでした。日本人が考える英語の先生とは違う感覚で、何事もフランクに話してくれます。現在は韓国人が対象となっていますが、当校ではオンライン授業も実施しています。敷地内には英語対応のコールセンターを併設しており、そこでも働く講師陣の英語力には定評あります。タクシーやジプニーに乗る時には、このコールセンター(アイボライン)を目的地として言った方が現地の方に伝わりやすいです。

HELPクラークキャンパスは、一部EOP制度(英語以外使用禁止制度)をとっているということもあり、在籍する生徒は大学生や20代の方が多いそうです。当キャンパスは、一般英語で基礎力をつけた後に試験対策コースを受けるといった、長期間の滞在が可能で試験の高スコア獲得を目指す初心者の方にお勧めしたい学校です。

このレポートは参考になりましたか?

このスタッフは他に以下の記事も紹介しています

2カ国留学
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
留学ドットコム
「一歩進んだ」留学に役立つ情報が手に入る!
ワーキングホリデー無料留学説明会
留学について思い立ったら…まずはコレ!
資料請求<無料>
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求
0
0