English Fella Language School, Campus2(English Fella第2キャンパス) イングリッシュ フェッラ ランゲージ スクール、キャンパス2

留学ドットコム 語学学校レポート

食事が充実していて、スパルタ式スタイルが売りの学校

名古屋オフィス所属
留学経験:オーストラリア・フィリピン / 語学留学・ワーキングホリデー
1 人が「参考になった」と回答しました!
訪問日:2016-09-07

学校概要

食事が充実していて、スパルタ式スタイルが売りの学校フィリピンのセブ島にあるEnglish Fellaは、キャンパスが2つに分かれているセブの中でも大変な有名校です。2つのキャンパスは1キロ程離れているのですが、大きな違いとして1キャンパスがセミスパルタ、2キャンパスがスパルタと特徴を分けて運営しています。今回紹介する2キャンパスの特徴は、平日の外出禁止、そして通常の授業後に義務自習が含まれていることです。自習室が24時間開いているということも、学校の勉強に対する姿勢の現れかと思います。通常フィリピンの語学学校は、通常朝から昼過ぎまで英語オンリーということで、授業後(放課後)に外出しリラックスをすることも可能です。ただリラックスし過ぎて遊びの誘惑に流されることを恐れている方は、敢えて自分からこういった厳しい環境に飛び込むことをお薦め致します。

キャンパスが2つあることの利点は、コースの最初は1キャンパスのセミスパルタを選び、途中から2キャンパスのスパルタに移るといったように、キャンパス変更ができるのも嬉しいサービスです。学校の方針が大きく変わることはありませんので、スムーズにキャンパス移動しやすいのもこの学校の魅力です。開校コースも種類が多く、一般英語と各種の英語試験対策コース(TOEIC、TOEFL、そしてIELTS)にビジネスや進学に特化した上級英語コースに親子留学もカバーしています。一般英語コースでも、よりスピーキングに特化したコースは1時間マンツーマンの授業が増えますし、TOEICとIELTSに関して点数保証コースという選択肢もあり、幅広い生徒のニーズに応えるコース設定となっております。

約5,000坪の広大な敷地を持つ開放的な校内環境

食事が充実していて、スパルタ式スタイルが売りの学校English Fella2のキャンパスは広さ5,000坪で、15,000平方メートル以上もあるセブ島内でも屈指の敷地を持つ学校です。東京ドームのフィールド部分が13,000平方メートルですから、それ以上の広さを持つことになりますね。これでも想像しにくい方は、おおよそ一辺125メートルの正方形よりも大きな敷地と理解して頂ければ良いでしょう。この広大な敷地を生かし、リラックスエリアが充実しているのもこの学校の特徴です。開放的な屋外プール、バスケットコート、バドミントンコート、卓球台、ジムがあり、数カ月の滞在を希望している人には嬉しい環境が整っています。平日の外出禁止というルールがありますが、敷地内には売店やカフェ(右写真参照)も施設内に併設されているため、特段不便さやストレスを感じることはありません。ちなみに広い敷地のキャンパスなのですが、当キャンパスの立地は人里離れた郊外エリアにあるワケではありません。周辺地域はセブの中でも安全な住宅地に位置し、実際私が訪問した際も近くには小学校があり、制服姿のお子さんが親の迎えを待っていました。こういった様子からも、キャンパス2の近隣が安全なエリアだという印象を受けました。

教師陣の質にこだわりと義務自習

食事が充実していて、スパルタ式スタイルが売りの学校English Fellaの教師は、分野毎のスペシャリストとしてトレーニングを受けています。具体的には、グラマー、リスニング、ライティング、スピーキングなど、原則専門の教科のみを担当するようになっております。教師陣にも定期的なトレーニングがあり、生徒からのフィードバックや出席およびテストによって評価されています。生徒が教師陣を評価して優秀な先生が報奨をもらえるという制度は、彼らの日々のモチベーションとなり、良い教師が残る原動力となっております。しっかりとしたトレーニング制度があるため、どのようなタイプの生徒であっても、きちんと授業を導いてくれる環境が当校には整っていると感じました。

キャンパス2では、授業以外にも自習が義務付けられており、限られた期間でしっかり英語に時間を費やしたい方に人気です。English Fellaの中でも特にキャンパス2は、夏休みや春休みを利用した大学生に好まれるのもこの学校の特徴です。日本から持ち込んできた問題集をやってもいいし、復習や予習に加えて語彙の暗記など、より理解度を深めることも可能です。特に英語力の向上においては、「繰り返し」や「費やした時間」というものを抜きに語ることはできません。自習義務を課されるということに関してマイナス印象を受ける方もいるかもしれませんが、English Fellaを経験した方の満足度は高いのが実情です。先にも紹介したように、自習を上手く使うことで、より自分の願う留学を形にしているのではないかと思います。自習も含めたくさんの時間を英語に費やしたということが自信に繋がり、満足度に繋がっているのではないかと思います。せっかくの英語力向上を求めて留学を考えているのなら、キャンパス2の検討価値が十分ある学校だと思います。

日本人スタッフによる現地サポート、日本語によるオリエンテーション

キャンパスには常に日本人スタッフが在中し、到着直後のオリエンテーションも日本語で学校のルールを説明してくれます。いくら日本で中高6年間を学校で英語を勉強してきたとはいえ、本格的に英語中心の生活ははじめてで苦労する方の方が大半です。英語で学校内のルールを説明されても実感が伴わず、理解が減ってしまうことがないように、しっかり日本語でのサポートをしてくれます。スパルタスタイルの学校とは言え、困った時でも24時間英語対応といったことありませんので、その辺は安心材料です。特に英語初心者の方は日本語で質問したいと思いますので、不安な事があれば気軽に日本人スタッフに質問をしてくださいとのことでした。

長期滞在の方でも安心な豊富な食事メニュー

食事が充実していて、スパルタ式スタイルが売りの学校English Fellaは、他校に比べても非常に豊富な食事メニューを用意しております。韓国資本の学校ですが、日本人学生も一定数在籍していることに加え、長期滞在する学生も多く占めるため、韓国料理に偏り過ぎないように多くの人に好まれる料理を提供しております。学校からは、「健康を考えて毎回野菜が含まれていること」、「ご飯食だけでなく、パン食やブッフェスタイル(いわゆるバイキング)もあること」など、学校スタッフも自信を持って薦めてくれました。英語の伸びを期待するためには、やはり1カ月以上の滞在が望まれ、毎日の食事環境は軽視できない側面です。日本でもよく口にするようなポピュラーな食べ物が提供されるため、実際に通われている生徒からのフィードバックはを貰っても、とても美味しいという感想を頂くので、食事を気にされる方にとっても安心材料と言えます。

このレポートは参考になりましたか?

このスタッフは他に以下の記事も紹介しています

2カ国留学
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
留学ドットコム
「一歩進んだ」留学に役立つ情報が手に入る!
ワーキングホリデー無料留学説明会
留学について思い立ったら…まずはコレ!
資料請求<無料>
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求
-
0
0