Canadian College of English Language (CCEL) カナディアン カレッジ オブ イングリッシュ ランゲージ

留学ドットコム 語学学校レポート

学生のニーズにとことん応えた長期留学に最適な語学学校

退職したスタッフ
留学経験:アメリカ / 語学留学・交換留学
1 人が「参考になった」と回答しました!
訪問日:2016-05-09

学校概要

学生のニーズにとことん応えた長期留学に最適な語学学校 バンクーバーにあるCCELは、語学学校の他に専門学校も併設されている長期留学にも最適な語学学校です。本日お話をお伺いしたのは、CCELで日本人マネージャーをされているArisaさん(写真右)です。CCELは語学学校だけでなく専門学校も運営しており、Arisaさんはその両方の卒業生でもあり当校の特徴と魅力を自ら体験しています。ご自身の留学経験を生かし、後輩学生に的確且つフレンドリーなアドバイスをされています。Arisaさんは上品な雰囲気がありつつ、ハキハキと要点を抑えた話し方をされるので、留学が初めてという方でも安心して相談して頂けるかと思います。CCELの特色について色々説明をして頂いた中で、他校には無い3つのポイントを紹介したいと思います。

CCEL独自の教育システム「SMRT(スマート)」を採用

学生のニーズにとことん応えた長期留学に最適な語学学校CCELでは従来のテキストを使った紙ベースの授業スタイルに代わり、インターネットを使った学習およびコミュニケーションツールのことで、約5年前から採用している教育システムです。テキストや教材はすべてレベル別にネット上に保存されており、授業でもSMRT(スマート)を使って学習をしていきます。PCやタブレットさえあれば、必要な情報・教材などすべてが手に入る最新システムになります。

私自身が留学中は、授業毎に異なるテキストを購入し、常に持ち歩かなければならず、毎日重いバックを持って通学していました。このようにすべての教材がデータで見られると、重い荷物を持ち歩かなくて済みますし、忘れ物をすることもありません。中にはコンピューターが苦手、という方もいるかもしれませんが、SMRTの使い方はとてもシンプルな作りになっており使い方に慣れてしまえば、大変使い易く便利です。またこのシステムを使いこなすことで、コンピューターにも詳しくなるとのことです。当校には50~60代の留学生も在籍していますが、皆さんしっかり使いこなされているということです。

ダウンタウン内の便利なロケーションに位置する学生寮

学生のニーズにとことん応えた長期留学に最適な語学学校 CCELの学生寮は、学校校舎から徒歩10分、しかも有名なロブソン通りのすぐ隣という絶好のロケーションです。バンクーバーにある語学学校の中でも、ダウンタウン内に学生寮を持つところはほとんどありません。滞在先が近いことで、通学時間&交通費を両方ともセーブすることができます。学生寮のお部屋は、ユニットと呼ばれ、1ユニットにはシングルルームとダブルルームがあります。キッチンとシャワー、トイレは共有になるため、シングルルームでも他の学生との交流がありますし、学生寮内でのイベントも開催されます。また、学生寮内にはマネージャーも常駐していますので、困ったことがあってもすぐに相談できる体制が整っているので安心です。

さらに、学生寮滞在の学生は、校舎内にあるレストランにて無料朝食を食べることができます。3カ月以上の留学生であればランチも無料で付きますので、とてもお得なシステムになっています。このレストランは一般の方も利用できるようになっているとのことで、メニューも豊富ですし、味も確かなので食生活に関しても安心です。Arisaさん曰く、バンクーバーに住む人々の食事はヘルシー志向の方が多いそうです。レストランで使われている食材には、屋上で育てているオーガニックの野菜を使ったり、環境に配慮した食材を購入したりと細部への配慮が見られます。

学生のニーズにとことん応えた長期留学に最適な語学学校

レストラン風景

学生のニーズにとことん応えた長期留学に最適な語学学校

レストラン内で提供される食事例

長期留学向けのコースが豊富にラインナップ

CCELには、語学学校だけでなく専門学校であるカレッジが入っておりますので、英語留学だけでなく、ビジネスやホスピタリティーなどの専門科目を学ぶことができます。プログラムによっては、最短3カ月から最長2年間のものを用意しています。「SMRT Year」と呼ばれる1年以内の留学の場合は、36~52週間の間で期間を自由に設定することが可能で、例えば36週留学の場合はこのようにスケジュールを組むことができます。

週間のコースの内訳例

・一般英語コース(20週間)
・ビジネス英語→(4週間)
・カレッジでホテルマネージメント(12週間)

さらに、CCELはアメリカのワシントン州の「Spokane College of English Language」と姉妹校なので、一般英語であれば同じプログラムを受講することができます。SMRT Yearでカナダとアメリカでの2カ国留学をすることも可能とのことで、上記の20週分の一般英語をアメリカで学習するということもできます。Spokane Collegeはシアトルから4時間程度離れていますが治安が大変良く、日本人留学生がほとんどいないエリアなので、英語学習環境的には最適といえます。

学生のニーズにとことん応えた長期留学に最適な語学学校

スポケーンの街並み

私も日々カウンセリングをして感じることなのですが、長期で海外留学を検討されている方は、「語学以外にも専門的なスキルを身に付けたい」というモチベーションの高い方が多いです。当校のSMRT Yearであれば、コース変更の際も差額は発生しませんし、カレッジに入学してからの追加費用もありません。さらに、進歩状況に応じて現地でプランを決めていくことができます。このプログラムであれば、時間・手間・費用のすべてをセーブすることができるため、大変魅力的です。

今回お話を伺って、CCELはユニークな独自の学習方法、ダウンタウン内にある学生寮、豊富な長期留学コースなど学生のニーズにとことん応えた学校だなと感じました。初めての海外生活を不安に思われている方もいらっしゃるかと思いますが、卒業生のArisaさんを始めボランティアスタッフも常勤していますので、安心した海外留学を実践して頂けると思います。また、留学生活をサポートする環境も整っていますので、通学するのが楽しくなるのではないでしょうか。CCELはオンとオフのメリハリをつけてしっかり学び、結果も残したいという方にお勧めの学校です!

このレポートは参考になりましたか?

このスタッフは他に以下の記事も紹介しています

2カ国留学
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
留学ドットコム
「一歩進んだ」留学に役立つ情報が手に入る!
ワーキングホリデー無料留学説明会
留学について思い立ったら…まずはコレ!
資料請求<無料>
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求
0
0