HOME矢印 マレーシア留学
マレーシア留学

マレーシア留学

マレーシア留学マレーシアは東南アジアの中でも最も治安が良い国と言われており、世界各国から観光客をはじめ海外留学生や移住者、ビジネスマンなどが訪れています。マレーシアは発展途上にある地域であることから、比較的物価も安く、都市部にはインフラの整った先進国並みの環境が整っているため、長期滞在する場合も生活上の不便は感じにくい留学先です。マレー系や中華系、インド系などの様々な人種で構成されているため人種差別も少なく、多様性を感じる環境で国際感覚を身に着けることができます。マレーシアに留学される方は、主に中東系の学生がメインとなるため、将来的に東南アジアでの活躍を視野に入れている方には最適な環境と言えるでしょう。

マレーシア留学の魅力

マレーシア留学マレーシア留学の魅力は、東南アジアでありながら非常に発展した環境と言えます。特に首都クアラルンプールは高層ビルやマンションが立ち並び、地下鉄やモノレールも整備されており便利な地域です。街の至る所に大型ショッピングモールもあり、日系企業も数多く進出しているため日本が恋しくなった場合も安心です。また、発展を続ける東南アジアの雰囲気を肌で感じつつ、イスラム教や仏教、儒教、ヒンドゥー教などの異なる価値観を持つ人たちと交流ができるため、将来的に世界を舞台にビジネスをしようと考えている人にとっても刺激の多い環境になるでしょう。

マレーシアの気候と環境

マレーシア留学国全体が赤道近くに位置しているマレーシアは、年中常夏の気候となっています。平均気温は27~33℃となっており、年間降水量は2,500ミリ前後と雨も降ります。東南アジア特有の気候として、スコールと呼ばれる激しいにわか雨が降ることでも知られています。雨が降った後は気温が下がり、過ごしやすくなることもしばしばあります。また、日本との時差は1時間と僅かなため、日本にいる家族や友人とも容易に連絡を取ることができます。また、国が積極的に留学生を受け入れているため、高水準の教育が欧米圏より安いコストで受けられることもメリットです。

マレーシアのビザ制度

観光ビザ 3カ月以内の滞在であれば、パスポートと往復の航空券を提示すれば入国が可能です。特別、出発前にビザ申請は必要ありません。
学生ビザ 留学で3カ月以上の滞在になる場合は、日本での事前手続きが必要となります。学生ビザは18~35歳の方のみが申請が可能ですので、年齢制限に注意する必要があります。パスポート、パスポートサイズの証明写真、高校の成績証明書、健康診断書が必要となり、マレーシア教育省に申請となります。その後、学生ビザ承認レターが発行されます。学生ビザの発行自体はマレーシア入国後となります。また、学生ビザとは別にシングルエントリービザというものが必要となります。パスポート、カラー写真、マレーシア行航空券、学生ビザ承認レターを用意して在日マレーシア大使館で申請となります。こちらのビザは発行まで数日程度が一般的ですが、余裕を持った申請をしてください。

多民族国家のマレーシア

マレーシア留学マレーシアでは英語の他にマレー語、中国語、タミール語などが話されています。これは、マレーシアには約65%のマレー系、約26%の中華系、約8%のインド系とそのほかの民族が共生しているためです。マレーシアは昔から東西の交易で発展を遂げてきた国ですが、近代は西欧諸国による植民地化の道を辿ることになります。産業の発展に伴って中国やインドから移民が移り住み、現在のような多民族国家となりました。そのため、文化、宗教、生活習慣も異なる中で衝突や和解を繰り返しながら現在に至ります。近年は物価の安さもあり、海外のリタイアメント先としても注目を浴びているマレーシアですが、東南アジアでの異文化体験したい人にはぴったりの留学先です。

2カ国留学
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
留学ドットコム
「一歩進んだ」留学に役立つ情報が手に入る!
ワーキングホリデー無料留学説明会
留学について思い立ったら…まずはコレ!
資料請求<無料>
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求