【留学体験談】ニュージーランドの私が詰まっている!留学中に使っていたMy note bookの中身を大公開しちゃいます! | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

  • 留学ドットコム
  • 留学コラム
  • 【留学体験談】ニュージーランドの私が詰まっている!留学中に使っていたMy note bookの中身を大公開しちゃいます!

【留学体験談】ニュージーランドの私が詰まっている!留学中に使っていたMy note bookの中身を大公開しちゃいます!

公開:2021/04/06 著者:高橋 美沙季 72 Views

こんにちは!ニュージーランド留学経験者の美沙季です。

実は最近、これから留学やワーキングホリデーを検討されているみなさんに紹介するための資料や思い出の品をあさっていました。そうしたところ、とっても懐かしくて、これから海外へと旅立つ皆さんにぜひシェアしたいものを見つけたんです。

私が留学直前~留学~帰国後まで毎日使用していた何の変哲もない、2016年のスケジュール帳です。スケジュール管理部分が終わると、最後は白紙のノートとして使用できるタイプのものです。

 

見た目はどこでも入手できるただのスケジュール帳ですが、私にとってこの一冊のノートは留学中の自分の成長・思い・葛藤・思い出や希望が詰まった大切なノートです。

 

今回はみなさんに、このノートに一体何が記されているのか、特別に公開しちゃいたいと思います!何が書いてあるのか分かりやすいよう、書いてある内容をカテゴリー分けしてお伝えしますね。

これから海外渡航を計画している皆さんにも是非同じように一冊のスケジュール帳をゲットして欲しいと思います。そして、現地滞在中のすべてが分かるような自分だけの「留学ノート」なるものを作ってみましょう。

そのスケジュール帳に予定を書き込み、赤裸々に自分の思いを綴っておくことで、自分の留学体験の本が出来上がるかのような気持ちになれます。留学後も、いろんな場面で活用できますよ。

何でノートに書こうと思ったのか?

留学に向けて私がノートブックを購入して、初日から留学最終日までノートを書き続けたことには理由があります。

その3つの理由が以下の通りです。

 

① 留学中の目標を明確にしておくため

一つ目の理由として挙げられるのが、「留学中に叶えたい目標を常に自分自身にリマインドするため」です。留学をしていた約4か月間、毎日が過ぎるのは本当にあっという間。実際4か月ほど滞在した日々も体感は1か月です!(笑)

そんな風にあっという間に過ぎる4か月間を、いかに毎日プロダクティブに過ごすかを、留学前の私は考えました。

そこで、このノートのスケジュール帳部分には毎日の小さなタスクを、白紙のページには数週間単位で思いつく叶えたい目標を記すことにしました。

 

② 目標は立てても常に柔軟でいるために

上記で「留学中の目標を明確にしておくため」にノートブックを書き始めたと紹介しましたが、2つ目は「目標は立ててもいつでも軌道修正できるよう柔軟に対応するため」という理由からです。

本音を言うと、海外での生活では語学力や生活していくうえで文化の差、様々なバックグラウンドを持つ人たちとの気の使い方の違い、生活スタイルの違いなど、日々感じるストレスがあります。「楽しいことばかりが留学ではない!」という教訓ですね。

そんな日々の中、自分が達成したい目標を掲げたとします。例えば、英語のスピーキング力を上げるため、必ず一日一回は街の店員さんに自分から話しかける目標を設定したとします。

 

勇気を出してカフェの店員さんや古着屋さんの店員さんに話しかけようと試みるも、自分の語彙力の無さによって流暢なコミュニケーションができない日もあります。

そもそも毎日お店に買い物に行けない時もあるでしょう。そんな時は、すぐに目標の軌道修正をしても良いんです!

私の経験上、語学力を上げるための目標設定をする場合、自分の今の実力よりも少しだけ上のレベルを想像して目標に設定します。例えば、最初に「授業中は必ず1回は手を上げて自分の意見を論理的に話す。」を設定したとします。

 

しかし、実際に勇気を出してやってみたら、まだまだ論理的に人に説明をするための文法能力が無いと気付きました。

そこで、すぐに軌道修正するのです。次に「全体の発表ではなく、テーブルに座っている友だちに対して、必ず自分の意見を英語で伝える。」と設定をし直すのです。

自分の現在の英語のレベルに対して、少しだけレベルが上の目標に設定し直すことができました。このレベルの目標を掲げて挑戦すると、小さな成功体験をたくさん経験でき、英語へのモチベーションの維持も続きますよ!

 

③ 留学中の日々を少しも忘れたくない!

最後の理由は、「思い出として一日一日の一瞬を残すため」です。もちろん写真や動画で、その日の瞬間を残すことはできます。けれど、写真や動画はボタンを1つ押せば簡単に情報として収まるもの。

でもノートに書くことは意味合いが異なります。自分の心と頭を使って、言葉を選んで記しておくのです。自分自身の言葉で思い出を記しておくことほど、記憶に焼き付くことってないですよね。

お陰で留学から5年経った今でも、当時の毎日を昨日のことのように覚えています。

 

ノートブックに書いた内容の紹介

ここからはいよいよ、私が留学中に毎に書いていたノートブックの内容を紹介していきたいと思います。

どの内容も、今の私を構成してくれている要素のようなもの。皆さんが留学やワーキングホリデーで海外に滞在したとしたら、各項目でどんなことを書きたいかな~と考えながら読んでもらうと面白いかもしれません。

 

その① 留学までに準備すること・モノのTo Do List

最初に作ったページは、やるべきことをたくさん記したTo Do Listです。ニュージーランドに渡航する2~3週間前にやるべきことを書き出しました。

例えば、事前に開設が必要なクレジットカードやデビットカード、ケータイのSIMカード系やy九や必要な薬の調達、航空券の印刷などです。これをやっておかないと、絶対に準備物や申請に漏れがありますよ!(笑)

このチェックリストを作って、完了したタスクにチェックマークを入れることで、あと少しで留学が叶うというワクワク感も増えていくのでオススメです。

 

→ ノートブックのTo Do Listを出発2~3週間前に書き出しました。

 

その② 大学の英語クラスのメンバーからの激励メッセージ

渡航前に日本の大学の授業を受けていた際、すごく仲良しだった英語クラスのクラスメイトがひとりひとり、このノートにメッセージをくれたんです!

彼女たちとは大学1年の前期(4月)から留学へ旅立つ2年生の2月頭まで、午前中は毎日一緒に英語の4技能のクラスを受けていました。

中学や高校のクラスメイトのように仲が良かったのですが、全員英語力もずば抜けて高く、毎日いい刺激をもらっていました。英語力はもちろん、人間力もすごく高いメンバーでした。その中の数人とは、今でも親しく交流しています。

 

・海外に国際学の勉強に行きたい夢を持つ子。

・海外で観光業の仕事をすることを目指し自分でお金をためて長期休みは現地に滞在する子。

・英語専門で学んでいるのに突然中国語も極めたくなって気づいたら台湾に留学していた子。

 

このように、常に私のインスピレーションは彼女たちでした。

現地に行ってから辛いことや悩んだ時は、このノートのメッセージを読み直してモチベーションを上げていたのを覚えています。どんな時も「持つべきものは友!」ですね。

 

→ 日本の大学のクラスメイトからの激励メッセージが記されたページ。

 

その③ 現地で考えていた大学卒業後のプランや目標

現地についてある程度月日が経つと、だんだんと自分の将来についても考え出します。と言うのも、留学していたのは大学三年生の年でした。日本に戻れば、就活モードに入る時期が迫っていました。

また、ニュージーランドの大学で様々な将来の夢を語るクラスメイトや友だちに出会って、自分の将来を見つめ直すきっかけになったのだと思います。

実は日本の大学に在学している1年生の時から、自分の興味のあることや学問、概念をもっと掘り下げたいという気持ちがありました。

 

そして、大学に入ってから、まさに私が掘り下げたい分野を教えている教授と出会いました。

日本の大学に在学中からその教授のところへ進路相談に行ったり、自分なりに研究職という職業に就いて調べたりしていました。

そして、ニュージーランドへ留学。当時、私は自分の極めたいことを諦めて、何となく日本の就活の波に飲み込まれてしまいそうな状況でした。しかし、自分の正直な気持ちをこのノートに記すことで、自分を見失わないでいられました。

 

海外で感じたり思いついたりすることって、日本に戻ってきたら「少々世間外れかな?」とか、「私って変わっていると思われるかな?」と感じる瞬間が一瞬でもあるかも知れません。

海外経験を通じて気付いた将来やりたいことや希望を見て見ぬふりするのは、とても勿体ないことです!

このノートには、自分のやりたいことを正直に記しました。

 

→ 将来のプランや目標を記したページ。

 

その④ 留学生活中に気付いた私の好きな物・ことリスト

このページは、少し娯楽寄りですが、留学中の自分を知るのにとっても大切な事です。そして何と言っても、このページに書いてあることを最高の思い出として残すことができます。

書く内容は至ってシンプルで、留学中に印象に残った日や期間によく聞いていた音楽や読んでいた本、現地で見た印象に残っている映画作品の名前をリストアップしておきます。

ちなみに、私の場合書いたカテゴリーは以下の通りです。

 

・好きなこと(すること)

・好きな人(こういう性格の人に惹かれる)

・よく身に着けていた色

・好きになったお花

・印象に残っている現地で見た映画

・好きな歌手

・好きになった音楽のジャンル

・よく聞いた作曲家やピアニスト

・滞在中聞いたなかで印象深い洋楽トップ5

・今後訪れたい国

 

皆さんも現地に着いたら、自分の好きなカテゴリーをどんどん増やして、アップデートしていくのがオススメです。

 

→ 好きなことをリスト化して記したページ。

 

その⑤ 日本に帰国したらやりたいことリスト

このページは、留学後に帰国してからの自分の進む道にすごく影響しました。

正直な話、ニュージーランドでのたくさんの素敵な人たちとの生活が楽し過ぎて、帰国するのがすごく寂しかった私。

でも将来に進むためには、帰国してまた新たな目標を見つけるべきだと思いました。

 

そこで、ニュージーランド留学で経験したすべてのことを活かすために、帰国してから何をしたいか、リスト化することにしました。

そのリストは、素敵な暮らし方や一日のルーティンなど日常生活でアップデートしたいことから、今後の進路のために挑戦して起きたことまで様々あります。

しかも、ちゃんとリストになっているタスクは完了し、今のキャリアにしっかりとつながっています!

 

【まとめ】 将来に向けて留学の成果を最大限引き出そう!

 

私の留学生活が詰まっているノートブックは如何でしたか?「自分も書いてみたいな~。」と思ってくれた方は、現地に到着した一日目から、ノートとペンを用意して書き始めてみてください。

書き始めたその日から、自分の中で何かが変わるはずです。将来留学を終えてまた別の目標を見つけた時に、「留学中の自分だったらどんな選択をするかな?」と、振り返ることもできます。

将来の自分への投資だと思って、ノートに記して欲しいと思います!ではまた、次回の記事でお会いしましょう。

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(1件)/全投票数(1件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求