【大学生は必見!】友達と一緒に留学はアリ? 1人留学をオススメする理由! | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

公開:2019/01/24

【大学生は必見!】友達と一緒に留学はアリ? 1人留学をオススメする理由!

公開:2019/01/24 著者:齋藤 朱里 378 Views

見知らぬ地に1人で留学に行くのは、心細いし不安ですよね。特に女性の方は、そうだと思います。

大学生の場合は、自分と同じ時期に留学を考えている子が周囲にいたりすると思います。友達と一緒に留学すれば、心強いですし安心感もあります。ですが、マイナス点は無いのでしょうか?

私はカナダに3カ月、フィリピンに1カ月留学しましたが、カナダは大学のプログラムで留学したため、3人の同級生と一緒でした。そのため、現地では同じ語学学校、同じコースを選択することになりました。

 

その経験から、留学は1人で行った方が、大きな価値を得られます!

 

私の経験を踏まえて、1人で留学することをお勧めする理由についてご紹介します。

友だちと一緒に留学すると頼りすぎてしまう?

私がカナダに留学した時は、知り合いと共に留学できるということで、不安はありませんでした。何か困ったことがあったらすぐ頼れるし、お互いに協力していけます。現地でも、常に連絡を取り合い、相談や悩みごとなどは毎回彼女らに話していました。

その一方で、放課後や休日も決まって彼女らと出かけたり、買い物に行ったりと、中々そのコミュニティから抜け出せずにいました。通学も友人と、買い物も友人と、と元々仲の良い友人と過ごす日々の毎日でした。

日本で一緒に過ごしてきたので、居心地の良さと気を遣わずに済むという点から留学先でも、時間を共に過ごしていました。でもよく考えたら、、、

 

これって日本での生活と何も変わらない…。

 

友人といることで自然と母国語を使用しますし、英語を学びに行っているのにも関わらず、英語を使用する機会は減少していることになります。

カナダという異国に来たにも関わらず、残念ながら日本の生活リズムとそれほど変化を感じることもありませんでした。

 

留学はみんな1人で来ているのですぐに仲良くなれる!

カナダ留学では不安はなかったものの、日本で過ごしていた環境と変わらないものでした。その反省も活かして、次の留学では1人でフィリピン留学することにしました。

 

1人で行ったフィリピン留学は、カナダの滞在期間の3分の1でしたが、現地ではカナダ留学の時の3倍くらいの友人ができました。

 

1人で来ている人は、「どこ出身ですか?」という一言から会話が盛り上がるため、すぐに仲良くなれます。

フィリピン留学ではサウジアラビアの友人たちと夕食を食べている際に、彼らが通常の豚肉の料理ではなく特別のメニューを用意してもらって食べていたことがありました。

尋ねると、彼らはイスラム教で、戒律により豚肉を食べることが禁止とのこと。このような宗教上の規定についても新たな知識として知ることができました。

 

フィリピン留学した際、かつての私と同じように友人同士で来ていた大学生がいました。

彼女たちは全く同じコースを選択していたため、時間割がほとんど一緒で、食事も一緒、さらには部屋も2人部屋で、一日の大半を2人で過ごしていました。

 

友人同士で留学すると、周りの人たちも話しかけ難く、敬遠されてしまう場合があります。

 

かつての私のカナダ留学と同じ境遇です。私も周囲から「話しかけにくい存在として見られていたんだな…。」と思うと、色々なチャンスを失ったことに後悔します。

大学生の場合、大学が募集している留学に申込みを検討する方もいると思います。しかし、大学が企画する留学の場合、同じ大学の生徒同士で留学することが多いです。

 

言わば、団体留学ツアーに参加するようなものです。

 

結局、同じ大学の友達同士で固まってしまい、外国人の友達もできず、英語を使う機会も激減してしまうことになります。

大学が募集する留学に参加する場合は、団体で留学するのか、1人で留学するのか良く確認しましょう。

団体で留学する場合は、安心感はあるかも知れませんが、留学で得られるモノも少なくなると思った方が良いです。

 

友達と同じ学校やコースを選択することでリスクも!

留学プランを立てる際は、渡航国・渡航都市・語学学校・コース・滞在先・滞在期間などあらゆることを決めて行きます。

語学学校選びは留学プランを立てる上で最も重要なことで、単独の渡航であっても迷うものです。

語学学校を決めるには、どのような環境と内容を学びたいのかを決めて、留学カウンセラーに相談して希望に合った学校を提案してもらいます。

 

友達と自分は全く同じではありません。語学学校もたくさんありますが、個々の性格や雰囲気によって合う学校が変わってくるはずです。

 

友達と一緒にプランを立てる上で、友達と全く同じ希望、同じ雰囲気を希望することは非常に稀です。

 

つまり、同じ学校に通うと言うことは、どこか妥協してしまったり、あまり真剣に留学プランを考えていなかったり、最終的には渡航後に満足できなかったりするリスクがあります。

 

友達と一緒に留学することで、自分に合った学校や好きなコースが選択できないということは避けなければなりません。

日本人は良い意味でも悪い意味でも協調性がある人種です。裏を返せば自分の意思を主張できない人種でもあります。

留学に行く前から友達に流されていては、何の留学なのか分からなくなってしまいます。自分の意思や目的を持って、物事に取り組むことが大切だと思います。

 

不安や不便さを克服するもの海外留学の醍醐味の1つ

友人と留学に行くことで、友情がさらに高まり、最高の思い出ができるかもしれません。

しかし、せっかく留学へ行く決心をしたのに、現地で友人と多くの時間を過ごしていては、日本での生活環境と何も変わりません。

ワーキングホリデービザで渡航する方には、必ずしも勉強目的でない人もいます。しかし、海外生活を通して自分を高めたい、日本ではでいない経験をしようと思ってるなら、日本人との接点は少ないに越したことはありません!

 

「留学は海外旅行ではない!」ことを肝に銘じましょう。

 

一人で留学に行くことで新しい友達ができ、新しい価値観や考え方に触れることができます。また、友達を作るために話しかけるため、積極的な行動力が身につきますし、英語を使う機会が生まれます。

留学先には日本人だけでなく、様々な国籍の学生が来ています。彼らと交流することで、その国の文化や思考、生活スタイルまで学べるチャンスがあるのです。さらに、英語を使用する機会は大幅にアップします。

異国に1人で留学するのは、誰でも不安です。しかし、命まで取られませんし、留学してどん底に転がり落ちていく人もいません。やってみれば、何とかなるものです。

 

実際には、何とかなるように、その瞬間を必死にもがくのです!

 

その結果、その場を何とか乗り越えて、その経験が自分を一回り大きく成長させてくれます。だからこそ、出発前から友達なんかに頼っていてはダメなんです。

私の経験から言えば、友人と一緒に留学すると、その友人と常に時間を過ごすことになるため、活動の幅や友人の幅が狭まって、その部分は残念な体験でした。

折角留学に行くのであれば、自分へのチャレンジなのですから、日本では出会うことの無い友人を作って、新しい視点で物事を捉えることができるといいですね。

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(1件)/全投票数(1件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求