仕事の探し方

仕事の探し方

カナダのワーキングホリデービザは、1年間の滞在の中で就学の他に仕事をすることができます。仕事体験を通じカナダの慣習や文化に触れながら、賃金を得ることができるため留学費用を抑えることができる点でも魅力的です。カナダでは1つの雇用主の元での就労期限が設けられていないため、ワーキングホリデー期間中最大1年間同じ職場で働くことができます。ただ、カナダ滞在中に都市移動や別の仕事を検討している方は、移動や変更のタイミングに注意が必要です。一般的に、ビザの有効期限が半年を切ってきている場合、仕事を得ることが難しくなる傾向にあります。雇用主も新人に仕事を教え1人前に育った頃に調度辞められてしまっては常に新人教育をしなければならないため、可能な限り長期間のビザを保有している人を雇いたいという心理が働くためです。

仕事の種類

仕事の探し方地域に関わらず、ほとんどの日本人留学生がアルバイトとして就くのがレストランやカフェなどの飲食系の仕事になります。その中でも、ウェイトレス/ウェイター、調理、調理補助、食器洗いなど様々なポジションが用意されています。英語力が不安な方は、日本人を含むアジア人経営の飲食店の方が比較的容易に仕事が決まる傾向にあります。また、その中でも食器洗いや調理補助などの仕事は英語使用率が低いため英語力に自身の無い方には狙い目です。特にバンクーバーやトロントの大都市では年々日本食ブームが加速し、日系レストランやラーメン店の進出も増加してきています。その他に、アルバータ州に位置するロッキーマウンテン周辺のバンフやジャスパーなどの観光地では観光客向けのホテルが多いため、ハウスキーパーなどの求人も増えます。また、美容師など特別なスキルや資格を持つ方はその道で仕事を探すことも可能です。レストランなどの飲食系の時給それ自体は最低賃金という所も多くありますが、カナダはチップ制度があるため、レストラン勤務の場合は予想意外に稼げる場合もあります。カフェはチップを貰える場合もありますが、レストランと比較し低くなります。また、チップは雇用先によって分配方法や金額も異なります。

SIN(Social Insurance Number)の取得を忘れずに!

カナダで働けるビザを保有しカナダ国内でアルバイトをする場合に必ず取得必要なのが「SIN(Social Insurance Number)=社会保険番号」になります。SINナンバーは実際に仕事を開始する際に雇用主に提出が必要なため、カナダでアルバイトを検討している方は入国後早い段階で取得しておくと便利です。

各州における最低賃金

日本の国土の約26倍の面積を持つカナダは、準州含め合計13個の州に分かれています。
州によって最低賃金は異なり、2016年には留学生に人気の地ブリティッシュコロンビア州とオンタリオ州で最低賃金の値上げが行われました。ブリティッシュコロンビア州はこれまでカナダ国内で最低賃金額の一番低い州でしたが、今回の値上げにより脱却しました(変更前は10.45ドル)。オンタリオ州は、2015年にも最低賃金の値上げを実施しており、準州を除く10州の中で現在最低賃金が一番高い州になります。

州名 主な都市名 最低賃金
(2016年9月時点)
ブリティッシュコロンビア州 バンクーバー、ビクトリア 10.85ドル
(2016年9月15から)
オンタリオ州 トロント 11.40ドル
(2016年10月1日から)
アルバータ州 バンフ、カルガリー 11.20ドル
ケベック州 モントリオール、ケベック 10.55ドル
プリンス・エドーワド島州 シャーロットタウン 10.50ドル
(2016年6月1日から)
マニトバ州 ウィニペグ 11.00ドル
サスカチュワン州 レジャイナ、サスカトゥーン 10.50ドル
ニューブランズウィック州 フレデリクトン 10.65ドル
ニューファンドランド/ラブラドール州 セントジョンズ 10.50ドル
ノバスコシア州 ハリファックス 10.70ドル
ノースウェスト準州 イエローナイフ 12.50ドル
ヌナブト準州 イカルイト 13.00ドル
ユーコン準州 ホワイトホース 11.07ドル

仕事の探し方

仕事の探し方地域により適している仕事探しの方法というのは若干異なりますが、基本的に下記の4つの方法で行っていきます。都市部では、インターネット上でも日本語の求人が増えるため仕事探しのツールが多くなります。一方、地方都市の場合日系企業自体少ないため、自身でお店に直接履歴書を持っていったり、友人や知人から紹介してもらったりするケースも多くなります。滞在都市によって周りに相談しながら柔軟に仕事探しを行うことをお勧めします。また、仕事探しの際に高い語学力(英語、地域によってはフランス語)があることに越したことはありませんが、内面性、仕事への熱意、経験等総合的に判断されるため、言語に不安があるからと言って尻込みすることなくどんどん挑戦していってください。何度も挑戦していく内に、アプロ―チの仕方や言い回しにも慣れ仕事探しのコツを掴んでいくことができます。

・インターネット(英語版/日本語版)

英語版以外に日本語版の求人サイトもあり、日本人留学生の多くは日本語版求人サイトを使用し仕事探しを行っています。英語版は、日本人に限らず現地の人や他国の仕事探しをしている人にも見られているため、基本的にはビジネスレベルの英語力が求められます。一方日系の求人サイトでは、英語力が高いことに越したことがありませんが、「英語力が低くともやる気のある方!」など英語力を比較的問わない求人もあります。地方都市では日本語版の求人サイトでの募集が少ないため、インターネットから求人を検索したい場合は必然と英語版も見ていかなければなりません。

・新聞やフリーペーパー、掲示板(学校/スーパー/店頭)

新聞やフリーペーパー内のクラシファイド欄に求人が掲載されています。また、語学学校やスーパーマーケットの掲示板やレストランなどの店内や入口にも募集情報が掲載されている場合があります。

・友人からの紹介

求人サイトへの掲載前に、マネージャーから現在のアルバイト生に仕事を探している知人がいないか話を持ちかけられるケースが多くあります。雇用者としては掲載する手間が省ける上に、実際に信用のおける仕事をしてくれているアルバイト生の知人のため信頼度が高まるというメリットがあります。語学学校では日本人以外の他国の学生も学んでいるため、場合によっては日系以外のアルバイトを紹介してもらえる可能性もあります。仕事を希望している場合は周りにアルバイトを探していることを積極的に伝えていくと良いでしょう。

・飛び込み

自身でお店に直接履歴書を持って行く方法です。店頭に求人広告が掲載されている場合とされていない場合があります。中には、掲載予定だが単純にまだ載せていなかったということもあるため、掲載の有無に関わらず気になるお店には積極的に声をかけていくと確率が上がっていきます。履歴書は確実に目を通してもらえるよう、直接マネージャーに手渡しでアピールするのがお勧めです。

カテゴリー: 現地の生活情報 パーマリンク
2カ国留学
無料カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • メールカウンセリング
  • 面談カウンセリング
留学ドットコム
「一歩進んだ」留学に役立つ情報が手に入る!
ワーキングホリデー無料留学説明会
留学について思い立ったら…まずはコレ!
資料請求<無料>
  • カナダ無料資料請求
  • 個別留学相談会
  • カナダ留学説明会
  • 語学留学&ワーキングホリデーガイドブック、無料発送
  • 無料留学説明会に参加してみよう!
  • 個別留学相談会
留学プランに関して
カナダでおすすめの都市を教えてください
どんな学校がおすすめですか?
ビザの種類で迷っています
どのくらいから準備を始めたらいいですか?
どのくらい学校に通ったらいいですか?
いつごろからの入学がおすすめですか?
手続きに関して
手続きの流れを教えてください
資金はどのくらい必要となりますか?
サポート費用、手続き代行費用はいくらかかりますか?
お支払いはカナダドルですか?
航空券はどのようにして予約できますか?
ビザはどのように取得できますか?
★重要★ カナダ移民局よりビザ申請手続きに関する大事なお知らせ
語学学校に関して
英語が全くできませんが、問題ないでしょうか?
授業の時間数は多いほうが良いですか?
カナダの語学学校の授業はどのような感じですか?他国と違いはありますか?
都市部と田舎の学校はどちらがおすすめですか?
授業料の差は、どういった違いがあるのでしょうか?
学校の数がたくさんありすぎて、どれが良いかわかりません。
学校の費用は一括払いですか?
入学日は決まっていますか?
在学中にコースの変更や延長は可能ですか?
現地で学校の転校はできますか?
学校に通いながらアルバイトはできますか?
留学生活に関して
ホームステイ先はどんな家庭ですか?
海外の友人はたくさんできますか?
ビザの延長はできますか?
カナダの治安はどうですか?
ネイティブの友人はどのように作れますか?
現地で銀行口座は作れますか?
アルバイトはどうやって探すのですか?
ホームステイと学生寮は、どちらが良いですか?
現地の食事はどのようなものですか?
物価が安い都市はありますか?
現地オフィスではどんなサポートがありますか?
最近閲覧した学校
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求