シドニーの魅力大爆発!好きなところだけまとめました!【Part.1】 | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:エンタメ・イベント

シドニーの魅力大爆発!好きなところだけまとめました!【Part.1】

公開:2020/04/28 著者:近藤 菜穂 101 Views

こんにちは。ワーホリビザでシドニー生活9ヶ月目となりました、なほです!

2019年8月、南半球に位置するオーストラリアでは「冬」にあたる季節に、私はシドニーにやってきました。

当初はワーホリ生活1年間、オーストラリア内でいくつか都市を転々とするのも良いなぁなんて思っていましたが、シドニーから離れられぬまま2度目の冬がもうすぐ始まろうとしています。

 

オーストラリアのシドニーは、そのくらい魅力の詰まった場所だと断言します!

 

みなさん、オーストラリアと言えば何を思い浮かべるでしょうか?

 

・あの有名なオペラハウス?
・可愛らしいコアラに、国獣であるカンガルー?
・いつまでも続く広大なビーチ?
・壮大な大自然のブルーマウンテン?
・たくさん並ぶコーヒーショップ?
・世界から移民が集まる多国籍国家?

 

そう!魅力がたくさん詰まっている国なのがオーストラリア!そして、そのすべてが揃っている場所がシドニーです!

 

オーストラリアの首都は?と聞かれたら、答えは「キャンベラ」です。ですが、誰もが一度は「シドニー」と答えそうになりませんか?

2000年代最初のオリンピック開催地で世界各国に名前が知られており、オーストラリア第一の都市なので首都だと思われても仕方ありません!

今日はそんなシドニーの魅力をたっぷりとご紹介していきます。オーストラリアの都市選びに迷っているあなたもきっとシドニーを訪れてみたくなるはず!

魅力1: The オーストラリアを体感できる!

 

みなさんご存知、世界文化遺産のオペラハウスはシドニーにあります。

テレビや観光ブックで何度も見てきた、まさにあの景色がシドニー空港から最寄りの駅(サーキュラーキー駅)まで電車で約20分。

シティからは歩いて行ける距離にあるので、街並みを眺めながら散歩していると、あっという間にオペラハウスに着いてしまいます!

 

そして、なんと右にオペラハウスがあると思えば、左にはハーバーブリッジが目と鼻の先です。

 

初めて訪れた時は、ひと目で2つもの観光名所を見られるとは、何とも便利な都市なんだと思いました。さすが観光大国オーストラリア!

オーストラリアに来ているんだって実感したいなら、取り敢えずシドニーで間違いなし!

 

魅力2: 動物との触れ合い!

動物をこよなく愛するオーストラリア人。カンガルーやコアラは有名ですが、日本では見たことないような動物とも触れ合える場所がシドニーにはいくつか身近にあります!

そこで、私のおすすめ動物園を2つご紹介します!

 

タロンガ動物園(Taronga Zoo)

その他、インターネットからの予約やフェリーとの複合割引などあります!

タロンガ動物園は、シティからとっても便利な立地で行き方も様々ですが、ぜひフェリーを利用してもらいたいです!

フェリーに乗りながら、海側からオペラハウスが見れちゃいますよ!動物園に着く前からテンション上がります!

 

 

オペラハウス近くのフェリー乗り場から船に揺れることわずか15分足らず。そこからは、バスまたは、ロープーウェイにて動物園の入り口まで行けますが、そこもぜひロープーウェイに乗ってもらいたい!

なぜかというと、ロープーウェイに乗ると、動物園の上を眺めることができるから!こんな場所なかなかないと思います!

そして、何といっても景色が素晴らしいんです!動物園から海の向こう側にハーバーブリッジが見えます!

 

 

シティから近いにもかかわらず、とっても広々としていて、コアラやカンガルーはもちろん、ウォンバットやエミューなど見たことがないような、たくさんの動物に出会えます!

そして日本の動物園に比べて、動物との距離が近いです。日本では透明の大きな窓越しにしか見られないコアラも、コチラでは窓無しの近距離で見られます。

カンガルーの小さい版のワラビーは、エリア内で放し飼いになっています、私たちも近くにいって、自由に観察することができます。

 

また、人気のアザラシやバードショーが開催されているので、時間を見計らって散策コースを考えるといいと思います♪

ちなみに、私も一応時間をチェックして周っていたのですが、ついつい色んな動物を楽しみ過ぎてしまって、気付いたらアザラシショーが始まっている時間でした。時間を忘れるほどの楽しみすぎには要注意です!(笑)

私たちは、滞在時間4時間でほぼすべての動物を見ることができたので、ちょうど良い広さかと思います。

 

入場料金
・大人: $46
・子ども(4才-15才): $26
・幼児(4才以下): 無料
・特別値引(シニア、学生向け): $36
※2020年4月現在

 

 

フェザーデール・ワイルドライフ・パーク(Featherdale Wildlife Park)

 

こちらは、シドニーの西部に位置し、シティから電車とバスで1時間程かかる場所にあります。日帰り旅行の気分で朝から出かけると良いと思います。

有名な観光スポットであるブルーマウンテンとも近く、体力がある人はまとめて観光してしまっても良いかも!緑豊かな動物園です!

動物との触れ合いもセットになったお得なチケットも各サイトから販売されているので、事前にチェックをおすすめします!私はこの動物園で念願のコアラにタッチしました~!

 

 

寝ていたので、ぬいぐるみみたいでした。(笑)もちろん本物ですよ!

可愛らしいですが、近くで見ると割とがっしり、爪もするどいので、コアラを起こさないように、優しくタッチすることがポイントです。やっぱりオーストラリアに来たら、日本では難しいコアラと触れ合いを体験したいですよね。ほんとに良い思い出です!

その他、放し飼いされている動物に自由にエサをあげることもできます!みんなで囲んでシャッターチャンスを狙って、ハイチーズ!

 

 

地図で確認すると、面積はそこまで広くないようですが、楽しさがギュッと詰め込まれている感じで、タロンガ動物園と同じく4時間くらい存分に楽しみました!

シティから近く立地と景色も良い「タロンガ動物園」とプチ旅行気分で、大自然の中動物園たちと触れ合える「フェザーデール・ワイルドライフ・パーク」

動物好きな方には、ぜひどちらも行って欲しいおすすめスポットです!

 

入場料金
・大人(ages 16+): $34
・子ども(3-15 years old): $19
・学生: $29
・シニア: $29
※2020年4月現在

 

 

おまけに、これはシドニーの市内でも中心地の「ハイドパーク」を友達と夜に散歩している時に遭遇した野生の動物です!

モモンガに似ていて、何匹かで木の上から公園内を走り回っていました。

シドニーは都会でも広々とした公園がたくさんあるので、野生動物にも出会えちゃいますよ!

 

→ ハイドパークで出会った野生動物。

 

 

魅力3: 素敵なビーチがあちこちに!

私はシドニーに来て、海が大好きになりました。日本に住んでいる時も決して嫌いではなかったのですが、何というか海に行くのって準備も含めて結構面倒だな…って思っていたんです。

ですがシドニーの凄いところは、街と海がめちゃくちゃ融合しているところです。海無くして成り立たない都市、それがシドニーだと思います。そして、ここに住んでいる以上、今ではビーチが生活の一部のようになってしまいました。(笑)

私はビーチから徒歩約20分の所に住んでいます。現在ロックダウン中ですが、家にいる時間が息苦しくなるとビーチまで散歩に行き、少しの間ボーッとして帰ってきます。この時間ですごく救われています。海が私の癒しであり、最大のリフレッシュ場所なんです。(笑)

 

以下では、シドニーの有名ビーチご紹介します!

 

Bondi Beach(ボンダイビーチ)

 

誰もが知っているシドニー1の有名ビーチ!観光客が集まり、ビーチの周りにはカフェやサーフショップも多いので、いつも人で溢れかえっています。

海辺の高級住宅街も映えます。シティからバスで1本、30分足らずで行けます。夏シーズンは込み合っていて、なかなかバスに乗れないので要注意!

 

 

Manly Beach(マンリービーチ)

 

サーフィンができる海で有名なのが、ボンダイの他にマンリービーチがあります。こちらは、シティ近くの船乗り場から30分ほど乗船します。バスでも行けますが、1時間ほどかかります。

この日はあいにく快晴ではなかったのですが、私はサーフィンに初挑戦しました!ボンダイビーチほど混んでなく、お昼から出発してもサクッと数時間サーフィンを楽しめます。

海辺に無料のシャワーも完備されていて、シドニーの海アクティビティはとにかく快適です!

 

 

Cronulla Beach (クロヌラビーチ)

 

クロヌラビーチは、シドニーの中心部から南に位置し、電車に乗って1時間ほどでアクセスできます。少し離れて着ることもあって、ボンダイ、マンリーよりも空いています。

海辺の街もさほど混んでいなくて、雑貨店やカフェもありますので穴場ですよ!海とプールの融合施設もあります。ボンダイビーチにもありますが、クロヌラだと空いてますよ♪

 

 

Palm Beach(パームビーチ)

 

ここは、シティからバスで約2時間。バスを降りた後も、山登りが待っていますので、ちょっと過酷です。

でも、頑張った後には、半島がビーチを二分化する素晴らしい景色が待っています!行って良かった!

 

 

Watsons Bay(ワトソンズベイ)

 

シティから電車とバスを使い1時間ほどで着きます。赤と白の灯台がとても映えて綺麗でした。

バスを降りてから灯台まで30分ほど歩いたのですが、その間に何と「Lady Bay Beach(レディ・ベイ・ビーチ)」という小さなヌーディストビーチもありました!

チラッと覗いたら、男性も女性も本当に真っ裸の方がいらっしゃいましたので、興味がある方はぜひ。(笑)

 

 

いくつも観光スポットを紹介しましたが、最後におまけで、ここが私のアナザースカイと思っている場所を紹介します。(笑)

それは、自宅近くの「Brighton-Le-Sands Beach(ブライトン・リ・サンズビーチ)」です!

ちょうどシティ~クロヌラビーチに行くまでの中間に位置しています。いつでも人は少なくて、さらさらの白い砂浜、空港が近いので、ビーチ越しに飛行機の離着陸も見えちゃう、ここのビーチが私は1番大好きです!

 

→ 自宅近くの「ブライトン・リ・サンズビーチ」を散歩して癒されています。

 

 

海と共存して街を発展させたシドニーってほんとに素敵だと思います。

シドニーの魅力は、まだまだありますので、次回に続きます!

次回記事もお楽しみに!

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(1件)/全投票数(1件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求