オークランド留学・ワーホリに行く人は必見!ニュージーランド北島観光スポットを紹介 | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:エンタメ・イベント

オークランド留学・ワーホリに行く人は必見!ニュージーランド北島観光スポットを紹介

公開:2020/02/01 著者:宮本 里穂 84 Views

ニュージーランドでの留学やワーキングホリデーで人気の都市と言えば、北島のオークランドですよね。私も最初はオークランドで過ごしました。

最初の3か月語学学校に通っていたのですが、語学学校って毎日もしくは週末にイベント(アクティビティ)があることが多いんです。

例えば、ラグビーを観に行くスポーツの日だったり、カフェやレストランに行ったりする日、そして週末にはプチ旅行も企画されます。

 

違うクラスの人たちと仲良くなるきっかけにもなり、さらにニュージーランドの観光もできます。

 

この学校のアクティビティで、初めてスタジアムでのラグビー観戦に行きました。オークランドのチームBluesには今季からオリンピックの時に活躍したBeauden Barrett選手が加入しました。

今回は、その時に参加した旅行から北島の観光スポットをご紹介していこうと思います。

似たようなツアーもたくさんとあると思うので、参加するか迷っている方には参考になればいいなと思います。

Muriwai Beach(ムリワイビーチ)&ワイナリー巡り

ムリワイビーチはオークランドから車で40分ほどにあるスポットです。

崖の上からの海の眺めは絶景です。独特の黒い色をした砂が特徴です。

この時は、ワイナリーツアーに参加しその途中でこちらに寄りました。ガネットという大きめの白い鳥が生息していて、8月から3月にかけて多くのガネットをみることができます。

 

→ オークランド周辺には、ワイナリーが多くある。

 

ムリワイビーチへの道中は、ワイナリーが多くあります。ワインがお好きな方は、是非ワイナリーツアーに参加してみて下さい。赤ワインももちろん作られていますが、白ワインの方が目にすることが多かったです。

ツアーに参加すると他の学校の生徒も参加していたりするので、違う学校のことも聞けて楽しいですよ。この時は3件ほどワイナリーを周ったのですが、ここでは1つご紹介したいと思います。

オークランドからバスで30分ほどのところにあるSOLJANS ESTATE WINWERYは、家族経営で1937年からワインを作っています。ニュージーランド国内で3番目に古いワイナリーです。昨年も3種類のワインが世界ワインアワードを受賞しています。

 

→ SOLJANS ESTATE WINWERYにて撮影。

 

Rotorua(ロトルア)

ロトルアは、オークランドからは2時間半ほどかかります。

日本からのツアーでも組まれているほど有名な観光地の一つだと思います。この土地は、温泉で有名です。温泉の間欠泉が間近で見られたり、ミネラル豊富な泥スパに入るもこともできます。

温泉の歴史は、1874年ごろから記録されているようで、いくつもの温泉プールが当時あったとか。治療にも使われていたそうですよ。場所によっては足湯なんかもあるので気軽に楽しめます。

 

もう一つの目玉は、Tamaki Maori Village(タマキ・マオリ・ビレッジ)というマオリ族の文化体験ができる村があることです。ロトルアは昔からマオリの人々が多い地域です。

こちらでは、マオリ族の伝統的な建物にて踊りや歌のショーを楽しめたり、装束や彫刻品などの博物館もあったりします。中では実際に彫刻している方々もいました。

ショーは何といっても声量が凄く、かなり迫力があります。オールブラックスのハカのような男らしいものから、女性のみで歌って踊るものまであります。

 

マオリ語って日本語の発音に似ている気がします。語学学校でのクラスの先生がマオリの方で、簡単なマオリの歌を教えて下さったときがありました。

ローマ字読みで読めてしまうものが多いですし、場所の名前に使われていることも多いです。例えば私の住んでいたウェリントンの地区は「Ngaio(ナイオ)」と発音されます。Ng+母音だとgを取ってナ行の発音をされます。

またロトルア町内には綺麗なガーデンに囲まれた博物館Rotorua Museum(ロトルア博物館)があります。こちらでもマオリの歴史についてや温泉を使って治療をしていた時代のことなど興味深い内容の展示が多かったです。

 

→ ロトルア博物館の外観。

 

Waitomo cave(ワイトモ洞窟)

ロトルアからさらに2時間ほどです。3000万年昔にできた鍾乳洞です。

Glowwormと呼ばれるホタルの仲間が放つ青白い光によって、幻想的な世界が広がっています。

中は補装されているので歩きやすく、途中からボートでの探検になります。光や音に敏感なホタルのため、光らなくなってしまうようで撮影はできませんでした…。

 

洞窟内はひんやりしているので、上着と滑りにくい靴を用意してください。

洞窟に行く途中は緑が生い茂っていて、ニュージーランドの象徴であるfern(シダ)もみることができます。オールブラックスのエンブレムやニュージーランド航空もシルバーのシダが使われています。

ボートでの探検の他、もっとアクティブなことをしたい方には水中スーツを着て、水の中を歩いていくブラックウォーターラフティングもできます。

 

そういえば、ニュージーランドはバンジージャンプやラフティングなどスリリングを楽しめるアトラクションが多いです。

バンジージャンプって、南島のクイーンズタウンの近くで飛んだのが始まりらしいです。

好きな方は、挑戦してみてください。北、南島どちらでも体験できる場所があります。

 

Taupo / Huka Fall(タウポ湖 / フカ滝)

タウポ湖は、ニュージーランドで最大の湖です。

私が行った時は、地元のマーケットが湖畔で行われていました。湖の北の方には、サルのようなマオリの彫刻が施してある岩をみることができます。ボートやカヌーでたどり着けます。

この湖の近くにあるのがフカ滝で、かなり観光客で賑わっています。ニュージーランド最長のワイカト川から1秒に22万リットルの水が流れるとされるほど水の勢いがすごく、音は圧巻です。水の色も透き通った水色で綺麗です。

 

ここで書いていて思い出したのがニュージーランドのフルーツ「フェイジョア」です。

このツアーのときに初めて食べました。周りは緑で割ると中は黄色でゼリーみたいになっていて、味は甘酸っぱいです。

旬の時期が3~4月頃です。もうすぐその時期ですね!この時期にニュージーランドにいる方は是非試してみて下さい。

 

→ ニュージーランドのフルーツ「フェイジョア」。

 

Mount Maunganui(マウンガヌイ山)

オークランドから2時間ほどです。この街は山とビーチが一度に楽しめる場所です。この山そこまで高くはないので丘のような感じです。ですが、トラックの距離は想像以上で45分ほどかかります。いい運動になり、結構きついです。

歩いている途中には、羊をみることもできました。山頂からは海を見渡せます。ビーチ沿いには、レストランやカフェなどが並んでいます。

ここで人気なのが、アイス屋さんCopenhargen Conesです。常時18種類ものアイスクリームがあり、人気なのがワッフルコーンです。運動の後にぴったりの冷たいスイーツです。

 

その他の北島の観光地

その他、行けていない場所ですが、行きたかった観光地として挙げておきます。

 

Coromandel(コロマンデル)

オークランドから2時間半ほどの半島です。

ここで人気なのが、自分でシャベルを使って掘ると温泉が出てくるんです。ここで自分なりのミニ温泉でゆっくりすることができます。

そしてガイドブックでも目にする岩のトンネルからビーチが見えるCathedral Coveです。ここは、次に訪れた際に絶対に立ち寄りたいところです。

 

HOBBITON MOVIE SET

ロードオブザリングのセット、ホビット村に入ることができます。

元々は地元の方の農場だったとか。映画の中の小人ホビット族の村で、小さいドアがついているかわいらしい家も映画そのままで、映画ファンの方にはオススメです。

 

Cape Reinga(ケープ レインガ)

北島の最北端にある岬です。マオリ族では、死の魂がここから飛び立っていくといった神話があるそうで‘レインガ’という「飛び立つ」という意味のマオリ語が使われています。

 

Tongariro National Park (トンガリロ国立公園)

ユネスコにも登録されていて、トンガリロ山を含む3つの火山に囲まれています。ニュージーランドのガイドブックなどでも目にするエメラルド火山湖を見ることもできます。登山経験がなくても登れるらしいです。

 

【まとめ】 自然を楽しむスポットが多い!

ニュージーランドの観光地は、長い歴史を持つ自然にできたスポットが多いです。

ニュージーランド留学やワーホリで来られた際は、普段できない自然を満喫できる観光地へ、週末やホリデーに行ってみて下さい。既にニュージーランド滞在している方は、3月頃からイースターなどの祝日で長めの休みに入ると思うので、旅行するいい機会だと思います。

ツアーに参加するのもいいし、もしくは前回の記事でもご紹介したInter City Busで自分なりのルートで行っても楽しいと思います。

 

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

0 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(0件)/全投票数(0件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求