【コロナ禍のセブ島旅行】アナタも出来るフィリピン国内旅行! | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:エンタメ・イベント

【コロナ禍のセブ島旅行】アナタも出来るフィリピン国内旅行!

公開:2022/09/22 著者:佐藤 高史 38 Views

こんにちは!EG ACADEMY日本人マネージャーのTAKAです!

私事ですが、フィリピン歴5年ですがセブには過去に3回しか訪れたことがありません。何せ観光客が多いエリアには興味が湧かなくて…。ですが、今はまだセブには観光客が少ないしゴルフ場も見てみたいので弾丸一人旅してきました!

フィリピン留学中でも4週間以上滞在予定ならば、一カ所の街で週末を過ごすのってちょっと飽きてきません?

 

折角海外に来ているのだからたまの週末くらいは海外旅行気分を味わうのも刺激的です!

単に旅行気分を味わうのではなく、普段の授業で学んだ英会話を存分に旅行中発揮し、アウトプットしまくりましょう!フィリピンの歴史建造物や大自然に触れることで知的好奇心も刺激されます。

しかし気になるのが国内旅行ってこの時期気軽に出来るのか?という問題。

 

結論、「コロナ前と変わらず旅行出来ました!」

 

とは言え、全く同じではありません。ちょっとだけ異なります。

それが以下の2つです。

 

1. 国内線フライトでワクチン接種証明書が必須
2. ガソリン価格上昇に伴う各料金の値上げ

 

この2つくらいです。

ツイッターや他SNS、予約後に航空会社からのメールで色々と用意しておいてください、とありますが実際には不要でした。

早速、私の旅程に沿って実際の「クラーク~セブ」間の旅行概況を見てみましょう。

新クラーク空港から出発プロセス

 

新クラーク空港は2022年春に開港しました。しかしコロナ禍ということもありフライト数は国内外共に減便、もしくは再開していない路線もまだまだあります。成田~クラーク、関空~クラークもまだ0便のままです。

勿論、セブ~クラーク間も同様。フライトスケジュールを見ると一日1便のみ、しかも朝7時フライトという早朝です!さすがにもうちょっとゆっくりしたい!それでも一択なのでこの早朝便で行きます!

空港に到着すると、一日一便なのでそこそこ人がいますね。

 

 

国内線なのでフライトの一時間前でも大丈夫です。チェックインでは以下2点を絶対に忘れないでください!

 

1. 日本から持参している「ワクチン接種証明書」※英文表記必須
2. パスポート

 

この2つどちらも必須です!カウンターでは「ワクチンカード持ってますか?」と聞かれますが、日本人は所持していないのでワクチン接種証明書で通ります。

あと、学校によっては留学中にパスポートを学校に預けている場合があるのでこれも事前に一時的に返却してもらいましょう。

上記2点を持っていれば難なく通過して指定ゲートまで進みます。ちなみに以前はフィリピンの各空港では「空港利用料」というのを別途支払わなければなりませんでした。しかし、今回利用した新クラーク空港、マクタン空港(セブ)、以前使ったマニラ空港、シライ空港(バコロド)ではチケットに含まれているので準備は不要です。

 

 

新クラーク空港、まだまだ中身は未完成です。

外観も屋根が波型になっていて珍しい形ですが、内装もアーティスティック。ナチュラルカラーで統一されていますね。

 

 

しかも柱以外の骨組みは木造!木造で曲線を描く建築物なんて美しすぎる!

 

 

あとは人の流れに身を任せて搭乗するのですが、搭乗待ちしている時のアナウンスはまさにTOEIC問題に出てくる内容に酷似しているので、耳を澄ましてしっかり聞き取れるか自分を試してみましょう!

ちなみに国内外問わず、機内はアホみたいに冷房が効いているので羽織るもの一枚持参をおススメします。

 

 

私は面倒くさがりなので、いつも90分前後は寒さを我慢しています。

 

節約&時短の回遊方法

 

セブに到着ですー!到着早々にピーカンだと自然とテンション上がります!空港からタクシー乗り場に向かって出るといくつかタクシーの呼び込みが目に入ります。行先にもよりますが、セブのタクシーは観光客、留学生に慣れているので極端にぼったくるような事は少ないように感じました。

まずは空港タクシーを使っても問題ありませんでした。ちなみに私の目的地はITパークとゴルフ場と旨い日本食です!セブまで来て海に行かないという人間なのです。静かな波の無い海には興味がないんです。キレイなビーチでぼーっとするとか私には退屈すぎて死んじゃいます!

4年ぶりくらいのセブの中心ITパークです!

 

 

台風の被害はさすがに見られませんね、変わらずきれいなシティで居心地いいです。このITパークはマカティのシティとはちょっと趣が異なり、マカティが六本木や銀座ならITパークは福岡の天神や博多のような地方都市の中心みたいな雰囲気です。

都会なんだけど、ちょっと観光地の雰囲気も感じられるといった空気。

さあここからはセブのゴルフ場に向かいます。ですがセブでは慢性的な渋滞問題、これはマクタン島とシティを繋ぐ3本の橋周辺だと顕著です。この渋滞を回避して移動できるのがバイクタクシーの存在です!

 

 

正直このバイクタクシーは安全面においては保証しかねるので、多くの学校スタッフは推奨していません。乗るからには完全自己責任になります。

今回紹介します、があくまで選択肢の一つとして考えてください。私は多少のリスクは取るタイプです。

このバイクタクシーですがセブとマニラでは専用アプリもあるのでGrabやUberと同じ感覚で予約出来ます。

 

 

「JoyRide」というアプリをインストールすると上記のような画面になります。バイクタクシーを呼びたい時は、「MC Taxi」をポチるだけですね。

このアプリは、ID登録やファイナンス関係の登録も不要であっさり開始できるのが助かります!

バイクタクシーが見つかると以下のように指定場所まで向かっている進捗が見られます。チャットや電話も出来るので見つけるのに時間がかかるということはほぼありません。Grabも同様ですね。

 

 

ちなみに、このバイクタクシーのメリットデメリットを簡単に紹介すると以下の通り。

 

<デメリット>

・交通事故のリスクがタクシーより上がる

・他人が被ったヘルメットを被らなくてはならない(私は潔癖症です)

 

<メリット>

・何より渋滞につかまらず時短で移動可能

・タクシーより約1/3くらいの価格

 

あと個人的には風を切って走る感覚が好きです!そんな風を感じながら、あっという間に金持ちしか行かない高級ゴルフコース「セブカントリークラブ」に到着です!

 

 

セブ島は観光地なのでゴルフ場が多い訳ではないのですが、中間層以上が楽しむゴルフ場が3~4か所あります。

料金もさすがに観光地だけあって日本と同じ価格設定になっていましたが、クオリティーも申し分ありません!

 

 

留学生の層だと年齢的にゴルフをやる方は少ないかと思いますが。コロナになってから確実にゴルファーの数は増え、最近では多くの芸能人や女優がゴルフウェアーでインスタ投稿しているのを目にしませんか?それだけトレンドになってきているということです。

ゴルフってお高いイメージがありますが、ビギナー数が増えたことでメーカーもビギナー向けのリーズナブルなクラブを販売しているので思っている以上に安価に始められます。特にフィリピンのゴルフ場だと日本より安くて質も同レベルのコースも沢山ありますし、何より前後の組が少ないコースもあるので、のんびり周りを気にすることなくプレー出来るので初心者が始めるには最適のエリアだと断言できます!

ゴルフ場視察で興奮してしまい、お腹がすいてきたので飯の時間です!観光地なので多くの日本食レストランがあります。私はとにかく肉が食べたくてしょうがなかったので、Google Mapで調べて日本の焼き肉店に直行です!

 

観光地ならではの旨い日本料理

 

Google map通りにバイクタクシーで直行したら、まさかの閉店!

口の中は完全に焼肉になっているのに食べられないなんて切なすぎです。この気持ちは皆さんも共感できるかと。しかも空腹率も80%状態なので焼肉は諦めて、取り敢えず何か他の動物の肉が食べたい!

 

 

閉店した焼き肉屋の目の前にはIsland Central Mallというのがあったのでとりあえず肉を探します。ふらふらと歩いて2階まで上がると何とそこには…。

 

 

目的の「炭火焼肉但馬屋」がありましたー!キター!

これにはマジでミラクル過ぎます!コロナの影響で廃業したかと思いきや単なる店舗移動。閉店した店舗に移動したというお知らせくらい貼り付けておいて欲しいです。完全に彼らは機会損失を生んでいますね。

ともあれ結果的に和牛の焼肉にありつけたので早速初めての1人焼肉です!メニューと価格は以下のような感じ。

 

 

肉食べ放題でP799(約1,800円)です!日本で食べるより安いんじゃないですか!?

いずれにしても、フィリピンで和牛がこの価格で食べられるなら文句ありません!
その他の単品メニューも日本食だからといって高価格に設定されているわけではなく、いたってリーズナブルなのが大変ありがたいですね。

 

 

まずは和牛(Beef)、砂肝(Gizzard)、鶏むね肉(Chicken)、ちょっと不安だけどレバー(Liver)をオーダー。基本私は野菜を食べません!

 

 

待っている間に店内の紹介ですが、テーブル席が6卓と奥に個室が3部屋くらいありました。

コロナ前のGoogle口コミだと人気があるので予約必須とありましたが今では観光客が決して多くはないので予約無しで十分です。私は18時頃に来店しましたが他に組しかいませんでした。

そんでお待ちかねの肉たち!

 

 

Beefが予想以上に多い!とりあえずオーダーしましたが完食できるか既にちょっと不安です。そして日本同様に炭火で焼きます!

 

 

味は日本で食べる牛角と同じ感じですね、和牛だからといって特別旨い訳でもありませんが日本と変わらない味が堪能できるのはマニラかセブくらいじゃないでしょうか。

この日はたらふく肉も食べられましたし、復路のフライトは超早朝の朝5時発なので早々にホテルに戻り寝ます。

 

超早朝便でクラークに戻ります

 

冒頭にも話しましたが、フライト数はまだまだ少ないので帰りの便は朝5時発の一択。こんなに早いフライトなんか乗ったことありません。

マクタン空港までもバイクタクシーを予約し(当日早朝だとさすがにアプリ利用しても見つからないので前日にそこら辺のライダーに直接交渉して予約しました)、念のため4時には空港に到着。

国内線フライト状況を確認してゲートまで進みます。マクタン空港の場合、フライトによってゲート入り口が左右に分かれるので必ず確認してからゲートに向かいましょう。

 

 

ぎりぎりの時間に到着してゲート間違えたらマジでシャレになりません!

時間通りにゲートまで着いたらあとは人の流れに身を任せて進んで行くだけです。大人しく搭乗しましょう。

復路の機内も勿論かなり寒いです。早朝だったので早々に寝ようかと思いましたが、ご来光がキレイ過ぎてみんな窓際で写真撮りまくりです。私もその一人!

 

 

年始とか気にせず、初日の出の瞬間です!

 

 

キレイ過ぎます。早朝便で唯一良かったと思えた瞬間。ついでにクラークエリアで有名なアヤラット山。

 

 

この山はトレッキングも出来るし、途中までジープで駆け上がるので人気スポットの一つです。そうこうしているうちに90分が経ちクラークに到着。

空港から出るとタクシーの呼び込みがあり、そこには2種類のタクシーがいます。

 

1. BLUE TAXI: クラークエリアで公式に走り回っているタクシー会社
2. WHITE TAXI: 非公認タクシーで完全個人営業

 

 

 

見ての通り、BLUEタクシー利用を推奨します。基本はメーター使ってくれますが、空港からだと行先を伝えて言い値になりがちです。当校から空港までは700ペソでしたが、この時は600ペソと言われたのでぼったくるわけではなさそうです。

BLUEタクシードライバー曰く、「ホワイトタクシーは同距離で800ぺソ提示してくるし、非公認だから使わないほうがエエよ!」との事。素直に従いましょう。

タクシー以外ではSMクラークやマニラ方面、バギオ方面に向かう高速バス乗り場もあります。出口を出るとこの景色になります。

 

 

そのまま進むとバス乗り場に到着。

 

 

コロナ前後で時刻表や料金もフィリピン全土で変わっているので必ず最新情報を手に入れましょう!ちなみに、以下が2022年7月時点での時刻表です。

 

 

料金もお知らせしたかったのですが、チケット売り場のアンチャンに聞くと「すんまへん、料金はドライバーしか知らないんすよ。」とのことで、諦めました。

しかし、年中涼しいバギオもトリップでは是非とも訪れてみたいエリアです。エージェントさんに聞くと、あそこは全く別の街だと。

しっかり最新情報を収集して、留学中に国内旅行楽しんでみましょう!それではまた!

 

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(2件)/全投票数(2件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求