イギリスで銀行口座開設するならMONZO(モンゾ)一択!! | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:現地生活情報

イギリスで銀行口座開設するならMONZO(モンゾ)一択!!

公開:2022/11/10 著者:中山 大輔 49 Views

長期海外留学では必ず必要な銀行口座の開設ですが、実はイギリスでは他国よりも圧倒的に便利で簡単だったりします!

その理由はフィンテック先進国イギリスには、便利なオンラインバンク(Monzo Bank)があるためです。

このコラムではイギリスで一番有名なオンラインバンクであるMonzo(Monzo Bank)の紹介と口座開設の方法についてご紹介していきます。

フィンテックとは?

まずは冒頭に出てきたフィンテックという言葉を簡単に紹介していきます。このフィンテックとは2020年の少し前あたりから特に流行り始めた言葉なので、耳にした事がある人もいるかもしれませんね!

フィンテックとはFinanceとTechnology(Fin+Tech)の造語です。ものすごくざっくりと解説すると「お金とIT技術が合わさってできた新しい金融サービス」の事を言います。

身近な例で言うと、PayPayのようなQRコード決済や仮想通貨(ビットコイン)、それにクラウドファンディングのようなサービスもフィンテック(お金+IT技術)の一部となります。

 

 

実際、日本でもQRコード決済やキャッシュレス決済などがかなり普及してきましたね!

キャッシュレス決済は小銭なども出さずにパパッと決済ができてとにかく便利なのですが、そうした事ができるようになったのはやはり情報技術(IT)が発達して、私たちの身の回りにインターネットやパソコン、スマホなどが普及したからです。

フィンテックとはそうしたキャッシュレス決済のような「お金とIT技術が結びついて、これまでよりも便利&早い&簡単になったお金に関連するサービス」とイメージして頂くと分かりやすいと思います。

 

イギリスはフィンテック先進国

実は、あまり日本では知られていませんが、イギリスはこうしたフィンテックの先進国だったりします!何よりイギリスは、あの産業革命が世界で最初に起きた国ですし、全世界でもトップレベルの金融都市=ロンドンがある国です。

そのため、イギリスではこうした先進的な金融サービスが他国に先駆けてどんどん作られ、発達してきたというのもなんとなく納得ができますよね。

そうしたフィンテック先進国のイギリスの中でも、現在イギリスで一番人気のモバイルバンキング(スマホだけで完結するオンライン銀行)がMONZO(モンゾ)なんですね。

 

MONZOとは?

 

MONZOとは、実店舗を持たないオンライン銀行の一つで、別名モバイルバンキング(スマホだけで完結する銀行)とも呼ばれます。

MONZO銀行の設立は2015年と銀行としてはまだまだ新しい年数ですが、ユーザーはなんと既に600万人以上(2022年10月公式ウェブサイト表記)になります。

日本のメガバンクである「りそな銀行の個人口座が約1,300万」ですので、設立からたった7年で日本のメガバンク口座の約半分の数まで増えているのは正直ものすごい勢いです。

 

しかし、「新しい銀行はなんだか不安…」、「しかも海外の銀行に自分の大事なお金を預けるのは心配だなぁ…」という方もいるかもしれません。

でもご安心ください!

実は、MONZOはイギリスが国(政府)として「MONZOは正式な銀行だよ」ときちんと登録され、国からも認められている正式な銀行になっています。(日本でも銀行を作るのが決して簡単でないように、イギリスでも銀行を作るというのは国や政府が指定するものすごく厳しい審査や認証を通らないと作れません)

 

さらにイギリス政府の「銀行が倒産した際に預けたお金が保証されるという制度(The Financial Services Compensation Scheme=FSCS)」にもMONZO銀行はしっかり対応しています。

そのため、もし万が一MONZOが倒産した場合でも、1人あたり85,000ポンド(約1,400万)までの預金が保証されます。

さすがに留学生でここまでの大金を預けるような事はないかと思いますので、基本的に個人で使う分には安心して利用できる銀行と言えるでしょう!

 

MONZOの特徴やメリットは?

MONZOは「これまでお金の中心者だった銀行が作らなかった、作れなかった新しいタイプのサービスを提供している」という銀行で、ザッとこんな特徴があります。

 

・全ての業務はインターネット(スマホアプリ)で完結
・実店舗を持たないため運営コストを押さえ、利用料や手数料が安い
・口座開設手数料、維持費用も無料
・口座開設はアプリだけで完了
・住所証明書類の提出が不要
・1週間ほどで口座開設できる
・デビットカードも発行される
・Apple Payなどにも登録できて支払いも便利
・個人間の送金や振込も簡単
・ATMの現金引き出しも月250ポンドまで無料

 

まず、MONZOが口座開設手数料、維持費用が無料という部分が非常に大きく、作っておいて損をする事はありません!

そして、口座開設にあたって「住所証明書類の提出が不要」というのもMONZOの大きな特徴だったりします。

通常イギリスで現地の銀行口座を開設しようという時には、本人確認の一つとして下記のような「住所証明書類」の提出が銀行側から求められるんですね。(銀行口座の開設だけではなく、イギリスで何か手続きをしようと思う時にはこの住所証明書類がたびたび必要になります)

 

> 住所証明書類の例

・イギリスの運転免許証

・電気代の請求書

・ガス代の請求書

・税金の請求書

・イギリスのクレジットカード会社からの取引明細書

・イギリスの銀行の取引明細書

 

しかし、ほとんどの留学生がイギリスの現地銀行口座を作りたいタイミングは「イギリス到着直後」です。

当然そうしたタイミングではイギリスの運転免許証や光熱費や税金の請求書、イギリスのクレジットカードなどを留学生が持っているわけもなく、この住所証明書類を手配するのにものすごく苦労をするのです!

 

> 留学生が銀行で口座開設ができない恐怖のループ

1.イギリスの銀行口座を作るために住所証明書類が必要

2.しかし、到着直後に銀行へ提出できるような住所証明書類は持ってない!

3.銀行口座を作りたくても作れない!(1に戻る)

 

という事になりがちなのです…。

しかし、MONZOであれば、イギリスのきちんとした正式な銀行でありながら、口座開設時に住所証明書類の提出がないため、イギリス到着直後の留学生でもすぐに口座開設ができるのです!

また、MONZOで口座を開設すれば無料でデビットカードが発行されますので、そのカードが届いたら、あらゆるカード決済もできますし、Apple Payなどに登録してキャッシュレス決済をすぐに使う事もできます。

 

そして、MONZOの公式アプリでは買い物履歴をすぐに確認できますし、また決済があったらすぐに詳細がスマホ側で通知が表示されるのでセキュリティ面でも安心です。

もちろんMONZOの銀行口座は他のイギリスにある銀行の口座といっさい変わりはありませんので、しっかりお給料の振込先に指定する事もできます。

上記のように非常に便利なサービスが多いMONZOですが、1点注意しなければいけないのは、「MONZOはスマホアプリで完結する銀行サービス(キャッシュレス決済をメイン)」を特徴としているため現金利用時には少し制限がある事です。

 

具体的には1ヶ月に250ポンドまでは無料で引き出せますが、それ以上は引き出しに3%の手数料が取られてしまうという点です。

しかし、キャッシュレスが進んでいるイギリス社会で現金を引き出して使うという機会はまずありませんので、多額の現金を引き出せなくても特に困る事はないでしょう。

特に、イギリスワーキングホリデー(YMS)で到着直後にすぐ働きたい!という人などにも1週間ほどで口座開設ができるMONZOは私たち日本人にとって強い味方と言えますね。

 

MONZOの口座開設方法

次は、MONZOが気になった方やすぐに口座を作りたい人のために口座開設の方法も解説していきます!

まず口座開設に必要なものは下記の4点ですので、もし必要なものが足りないという人は、まずこの4つを揃えていきましょう。

 

・スマホ
・カード送付先のイギリス住所
・ID(BRP=カード型のビザやパスポート)
・イギリスの携帯電話番号

 

また、イギリス携帯電話の手配がまだの方は下記のコラムが参考になると思います。

 

 

そして、口座開設に必要な4つが揃ったら、あとはこんな風に口座を開設していきます。

 

> 銀行口座開設方法

1.MONZOアプリのダウンロード

2.アプリを開いて個人情報を入力

3.身分証明書の写真をアップロード

4.アプリ上で本人確認

5.カード送付先を指定

 

特にフィンテック感があって先進的なのは4番の本人確認です。なんとスマホの公式アプリで「My name is 名前. I want to open Monzo account.」と言いながら動画を撮ってその動画を元に銀行側で本人確認を行うというものになっています!

これはロボットや本人以外が勝手に口座を作っているわけではないよ、という意味で動画を撮ってそれを銀行側へ提出するのですが、なんとも合理的で新しい本人確認の方法ですよね。

また、アプリでの登録時は当然全て英語になりますが、公式サイトで「アプリでの登録作業は数分」という表示になっているように、非常に簡単です。(ビザ申請のような大量の質問はされませんのでご安心ください。笑)

 

そして、アプリでの登録時には、当然制限時間などもありませんので辞書などを片手にじっくり確認しながら進める事ができます。窓口で銀行員と慣れない英語でやりとりをするのには相当緊張しますが…アプリで聞かれる質問を一つ一つ入力していけば焦る事なく確実に銀行口座が開設できるというのは到着直後の留学生に取ってすごくありがたいですよね!

ちなみに、MONZ銀行の口座種類は「無料アカウント」、「MONZO Plus(月額5ポンド)」、「MONZO Premium(月額15ポンド)」と3つありますが、まず開設するのは無料アカウントで全然大丈夫です。

これはMONZOを使ってから、もっといろいろと活用したい!と思ったら有料アカウントへ途中から切り替える事ができますし、たいていの方は無料アカウントで不便と感じるような事はまずないためです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?私たちはMONZOから当然1円も広告料を頂いていませんが…(苦笑)それでもイギリスの留学生やワーキングホリデーの方には全力でオススメしたいくらい非常に便利で、さらに費用負担もなく留学生にピッタリな銀行口座だと思っています。

その上でも、もしMONZOについて不安や心配があったら、周りの友達や学校の先生、ホームステイファミリーなどに「MONZ bankを作ろうと思うんだけどどう思う?」と聞いてみると良いと思います。

MONZOはイギリスでも有名な銀行になりつつありますので、周りに使っている人やオススメしてくれる人が必ずいるはずです!

 

銀行口座のような面倒な作業や手続きはアプリでササッと済ませて、イギリスの現地生活を1秒でも長く有効活用して楽しんでいきましょう。

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(2件)/全投票数(2件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求