留学や仕事でアメリカに行った女性の見た目や性格が変わってしまうのはなぜ!?その疑問に迫ります | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:その他

留学や仕事でアメリカに行った女性の見た目や性格が変わってしまうのはなぜ!?その疑問に迫ります

公開:2021/08/08 著者:坂元 ちひろ 67 Views

こんにちは、ちひろです。

先日、面白いYouTubeを発見しました。

今回のコラムではそちらの動画をシェアさせてください。

 

その動画は、『なぜ多くの日本人女性はアメリカに行くとかぶれてしまうのか?』というものです。

 

SNSなんかを見ていると、アメリカ生活について発信している人に対して「海外かぶれ」や「アメリカかぶれ」といった批判のコメントが目につきます。

確かに留学や仕事でアメリカに行くと、見た目や性格が変わる人がたくさんいます。ただ、実際に北米に住んだ経験のある側からすると、「見た目や性格を変えざるを得なかった…。」と言わせていただきたい一面もあります。

別に調子に乗っているつもりも日本に住んでいる人を見下しているつもりもないんですよね…。本コラムでご紹介していくYouTubeを観ていただくと、そのことをよく理解していただけると思います。

どんなYouTube動画なの?

今回、取り上げさせてもらうYouTube動画は、『なるみさん』という女性YouTuberが投稿したものです。

彼女は自身のチャンネルでアメリカ生活や国際恋愛について紹介しています。彼女がこれまでに投稿した動画のいくつかに「なぜアメリカに行く日本女子はこうなんだ?」というコメントがたくさん寄せられたそうです。

なるみさんはこれらのコメントを「嫌味だろう」と捉えつつも、大真面目にその理由をYouTube動画内で解説してくれました。その動画が今回シェアさせてもらいたい動画になります。

 

 

彼女の解説はどれも共感できるものばかりでした。

アメリカで生活している人、もしくはかつて住んでいた人にとってはあるあるかもしれません。

以下では、そのひとつひとつの理由をピックアップしてご紹介していきます。

 

理由1: アメリカでは強くないと生きていけない

 

まずは性格面の変化から見ていきましょう。日本では、協調性や空気の読み合いに重きをおく風潮があります。

“出る杭は打たれる”という言葉もある通り、人より目立つと攻撃の対象になったり邪魔をされたりします。

ですので、日本人は他の人と横一線でいる方が安心で安全、という文化に身を置いています。

 

変に目立ったり人から批判されたりしないためには、空気を読んで自分の言動をセーブしていくことが欠かせません。

その際、「どんな行動を取ると相手に嫌われるか?」や「何をすると叩かれるか?」は大体想像がつきますよね。

どの日本人も同じような教育を受けてきたので、価値観が似通っています。価値観が似ていると相手の気持ちもかんたんに推測できます。

 

一方、アメリカはどうでしょうか?アメリカは日本と違って、さまざまな人種が生活しています。白人、黒人、ヒスパニック、もちろんアジア人もいます。

白人には白人の歴史や文化、黒人には黒人のバックグラウンドがあるのです。

するとどうなるかというと、空気を読みたくても読めないんですよね。

 

空気を読むのは、バックグランドが同じ人同士の集まりだからこそ成せる技です。

 

では、アメリカでは空気を読むかわりに何をするのでしょうか?それは、“言語化”です。

彼女が動画内で話しているように、全てのことを言葉で伝えていかないといけないんですよね。

 

「私はこう思う」
「私はそれをされると気分が悪い」

 

こんな風に気持ちを言語化して伝えます。「言わなくても分かるでしょ?」や「言葉にしなくても察して欲しい。」は、アメリカでは一切通用しません。

周りが言語化を当たり前のようにしている中で、ひとり控えめな態度でいるとどうなると思いますか?

残念ながら「こいつは何も言わないな。」と思われると、ナメられたり利用されたりします。

 

このような背景があるので、アメリカに移住した女性は現地のコミュニティで生き残っていくために自然と自己主張の強い人になっていくというわけです。

 

理由2: 美しさの基準が違う

 

次にご紹介するのは、容姿に関するポイントです。日本とアメリカでは美しさや可愛さの基準が違います。

例えば、日本に住んでいる女の子は細くなろうとして必死にダイエットをします。ところが、アメリカでは“細い=病弱”と捉えられてしまうので、憧れの対象にはなりません。

肌の色についても同じことが言えます。美白ケアグッズが数えきれないほど出回っているように、日本では色白が美の象徴になっています。

 

しかし、アメリカでは痩身と同様に病弱に見えてしまいます。

 

ですので、現地ではビーチでの日光浴や日焼けサロンが人気で、どちらかというと日焼けをしたがる人の方が多いです。

日傘をさして歩いているアメリカ人なんて見たことがありません。また、日本で人気の短め前髪もアメリカでは子供っぽい印象を与えます。

特にアジア人の顔は童顔に見えます。前髪が短いと中学生や高校生だと勘違いされてしまうこともしばしばあるんですよね。

 

さらにメイクについても日米間では差が見られます。日本で人気のあるメイクは柔らかさや優しさを表現するものである一方で、アメリカは強さやシャープさを強調するメイクが主流です。

眉毛はしっかり描きますし、アイシャドウやリップも日本人からするとキツい色が好まれます。顔の凹凸をさらにくっきりさせるようなイメージで色を重ねていくのです。

そのようなトレンド環境に身を置いていると、ファッションやメイクが変わっていくのも当然と言えば当然です。

 

日常生活の中でも、職場へ行く時と友達と遊ぶ時のファッション・メイクを意識的に変えている人がいますよね?

それだけでなく、世の中の流行りに併せてテイストを変える人もいます。

日本にいた時とアメリカにいる時とでファッションやメイクが変わるのは、それと同じ感覚です。

 

理由3: 男性が好きになる女性の基準が違う

 

日本とアメリカでは、容姿だけでなく異性にモテるタイプの内面も違います。

日本の場合、男性が結婚したいと思う女性の特徴はこのようになります。

 

1. 価値観があう
2. 性格が優しい
3. 金銭感覚が合う
4. 料理上手
5. 美人・可愛い
6. 家事が得意
7. 性格がしっかりしている
7. 会話が弾む
8. 性格が可愛い・甘え上手
9. 包容力がある

 

特に意外な項目はないですよね?雑誌やネットの特集でよく見る内容です。モテる日本人女性の特徴は、未だに昔ながらの日本文化の名残が残っているように思います。

当時と比べると女性でも意見を主張しやすくなってはいるでしょうが、家庭的で控えめな女性は根強い人気があります。

一方、アメリカはどうかというと、こうなります。

 

1. お互いを愛し合える
2. 頼れる性格
3. 精神的に自立している
4. 教養があり頭が良い
5. 根が良い
6. 社交的である
7. 健康的である
8. 家庭的である
9. 綺麗
10. 野心家

 

このように、日本とアメリカでは、異性から見て良いと判断されるポイントが全く違います。

 

女性が男性に求める性格のランキングのようにも見えませんか?

アメリカでの女性のモテ要素には、どちらかというと芯の強さや社会でバリバリやっていけるような気質が含まれているように思います。

こうして比較してみると、アメリカに行った女性が強くなる現象がより理解できるようになったのではないでしょうか。

 

アメリカに行った日本人女性が変わるのは現地の環境に適応しているから!

 

如何でしたか?

なるみさんのYouTubeを観ると、アメリカに行った日本人女性の見た目や性格は確かに変わる可能性が高いことが分かります。

けれども、それを「海外かぶれ」や「アメリカかぶれ」の一言で片付けるのは語弊があります。

 

アメリカに住んでいる日本人は、現地の環境に適応するために自分自身を変化させていると言う方が正しい場合もあるのです。

 

逆もしかりで、日本に移住したアメリカ人が日本人らしいファッションやメイク、性格になっていくこともありえます。

元々日本に来ている外国人は、日本が好きで日本に住んでいるので、日本人らしい外見や内面になっていく可能性は高いと言えます。

同時にアメリカに行く日本人は、アメリカが好きで定住しているケースが多いので、アメリカナイズされる傾向は強まります。

 

なるみさんも動画内でお話しされている通り、日本とアメリカを比べてどちらが良くてどちらが悪いという問題ではありません。

日本には日本の良さ、アメリカにはアメリカの良さが存在しています。アメリカで生活している日本人女性を批判するのではなく、彼女たちの背景にあるものも含めて受け入れていけるといいですよね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(1件)/全投票数(1件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求