【オーストラリア留学】留学中のスマートフォン事情について | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:現地生活情報

【オーストラリア留学】留学中のスマートフォン事情について

公開:2019/11/11 著者:熊本 千夏 122 Views

海外へ留学を考えている人が考えなければならないことの1つ。それが携帯電話をどうするかです。

一昔前は、現地でプリペイド携帯を購入するのが主流だったみたいですが、最近は使っている人を見ません。

私や私の周りの留学生がどうしてるかご紹介していきます。

現地でSIMカードを購入する

私も含め、多くの人が利用している方法です。オーストラリアにも多くの携帯会社が存在し、日本のようにdocomoやauなどのキャリア携帯会社から「Y! mobile」や「UQモバイル」などの格安SIMのような会社もあります。

オーストラリアのキャリア携帯会社は、Telstra(テルストラ)、Optus(オプタス)、Vodafone(ボーダーフォン)です。やはり3大キャリアと言われるだけあって、私が住んでいるサンシャインコーストでも使っている人は多いです。

私の住んでるエリアでは、山の中へ入るとOptusしか回線が通っておらず、Optus利用者以外の人は圏外になって使えないという事もたまにあります。

 

また、私は格安SIMの携帯会社を利用しているんですが、オーストラリアにもたくさんの格安SIM会社が存在し、私が使っているLebara(レバラ)や2大スーパーマーケットであるColes(コールス)やWoolworths(ウールワース)もそれぞれColes Mobile、Woolworths Mobileとして販売しています。

あくまで私の意見ですが、どの会社を使っていてもそんなに変わりはないです。Wi-Fiがなければオーストラリアの通信速度は日本と比べて少し遅いです。しかし、月額料金は日本より安いです。

プランは様々あり、毎月3GB、国内通話&SMSは無制限で$15(私が使っているプランです)、6か月で約36GB(月6GBずつ)、国内通話&SMSは無制限かつ国際電話$5まで無料で$110という契約もあります。

 

また、データ容量や通話料をチャージして使う方法もあります。

この方法は、チャージした分が無くなると、通信も電話もできなくなるので注意が必要です。また、チャージした分の使用期間ですが、大抵は1か月の期限付きです。

通信会社でプランが違うので自分の要望に合ったプランをいくつかの通信会社で比較して探してみてください。

 

契約方法は、2つです。1つは店舗に赴いて店員さんにすべてやってもらう方法です。英語が話せる方ならこの方法が一番簡単でいいと思います。多少英語に不安があっても、そこまで難しい会話はしませんし、大体の店員さんは優しいですから、こちらがめげない限り何とかして伝えようとしてくれます!

もう1つは、SIMカードをスーパーなどで購入し、自分でアクティベートをする方法です。私はこの方法で契約したんですが、インターネット上で必要事項を入力すればすぐに使えるようになります。

私は断然、前者をおすすめします。「SIMロック解除やアクティベートって何?」とよくわからないっていう人は、ぜひ店舗に行ってやってもらってください。プランを選んで、スマートフォンを渡して、パスポート見せてってすれば全部やってくれます。

 

私の友人の話なのですが、上述の2番目の方法で自分でアクティベートしようとしました。しかし、いつまでたっても接続できなくて、結局店舗に行ってやってもらったんです。

原因はSIMカードが反対に入っていたからなんですが…。(笑)

慣れない作業なので、単純なことにも気が付けないなんてこともあるので、こうした手続きはプロに任せましょう!

 

現地でスマートフォンを購入する

日本でキャリアスマホを使っている方に気を付けていただきたいのが、SIMロック解除です。

日本のスマホを海外で使いたい人は、SIMロック解除する必要があります。これは渡航する前に行っておかなければなりません。

 

SIMロック解除を行っていないと、現地でSIMカードを購入して挿入しても使用できません。

 

そのため、現地でスマートフォンを買って、今まで日本で使っていたスマートフォンと合わせて2台持ちする人や、そのまま新しく買い替える人もいます。

機種によってはすごく安く買えるものもありますし、中古のスマートフォンを販売している店舗もよく見かけます。

私の知人はiPhoneをオーストラリアで買って契約し、2年以上使っています。

 

短期留学の人は機内モードで過ごす

この方法は、短期滞在する人にならおすすめできます。

日本の携帯会社とは契約したまま(もしくは一時停止措置をとる)、海外滞在中はずっと機内モードにしておくことで、海外ローミングにより追加料金が発生することもありません。

電話はできませんが、Wi-Fiがあれば問題なくネットに接続できます。LINEなどの通話機能を使えば会話もできます。

 

実は私の友人がこの方法で、半年オーストラリアで過ごしています。

 

学校と家にWi-Fiがあるので、特に困ることはないそうです。

また、オフラインでも使える地図や辞書アプリを入れているので、街に出ても比較的過ごせるそうです。

しかし、いざという時に電話が使えなかったり、インターネットが使えなかったりしたら怖いですよね。なので、2~3週間以内の短期滞在する人にはおすすめします。

 

【まとめ】 現地の携帯会社との契約が安心

言葉が分からない、様々な人種の人がいる海外で、とても重宝するスマートフォン。

特に英語に自信のない方は、ケチらずに現地の携帯会社と契約してください。

日本より格段に通信料が安いので、そこまで出費しません。

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(2件)/全投票数(2件)
この記事は参考になりましたか?
この記事を書いた人
留学・ワーホリ経験者
熊本 千夏(CHINATSU KUMAMOTO)

鳥取県出身。化学の実験が好きで、高専物質工学科に進学。化学の専門性だけでなく、英語力があれば将来有利になることから、高専卒業後に留学を決意。オーストラリアのサンシャインコースト大学に正規留学。留学先をオーストラリアに選んだ理由は、日本で通っていた英会話スクールの先生がオーストラリアが好きだったことから影響を受けました。(笑)元々4歳の頃から英会話スクールに通っていて、英語は得意科目だったこともあり、高専5年生になってからの約1年間、IELTSを独学で勉強してOverall5.0を取得。

オーストラリアの語学学校で大学進学英語コースを経て、大学本科へ進学。オーストラリアの大学では、化学、特に生物化学を専攻。将来的には、化学者または研究者になるが夢。趣味はハンドボール、バレーボール、音楽を聴くこと、アニメを観ること、百人一首と多趣味。The日本人ですが、洋画を観るのも好きです。これからオーストラリアに留学を考えている人や悩んでいる人のために少しでも役立つように、私の留学生活や現地の最新情報を発信していきます。

こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求