話題の音声型SNS「Clubhouse(クラブハウス)」は英語の勉強に使えるか?実際に試してみた! | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:勉強方法のコツ

話題の音声型SNS「Clubhouse(クラブハウス)」は英語の勉強に使えるか?実際に試してみた!

公開:2021/03/11 著者:伊東 さやか 66 Views

こんにちは!英会話講師のいとうです。最近話題になっている「Clubhouse(クラブハウス)」ってご存知でしょうか?

音声版Twitterのようなもので、声でのみやり取りができるSNSです。

2021年2月現時点ではiOSのみ対応で招待制を採用していますが、今後はTwitterのように誰でも気軽に参加できるようになるとか。(あくまでも噂です!)

 

さて、このClubhouseですが、「英語の勉強に使える!」と話題になっているんですね。

どういうことかと言うと、まず日本語版がリリースされておらず、すべて英語表示である点。さらに世界各国からの利用者(スピーカー)が気軽に参加、英語で会話できる点。

私も気になっておりまして、友人から招待枠を頂けたので実際に試してみました!今回は、「Clubhouseは英語の勉強に使えるか?」を軸に、英会話の練習場として活用したい方に向けてそのコツもお伝えしていきます。

Clubhouse(クラブハウス)の特徴をおさらい

 

「そもそもClubhouseって何?」という方のために、簡単にその特徴をお伝えしておきます。

現在、Androidを使っている方も、今後Android対応になるかもしれませんので、ぜひチェックしておいてくださいね。

詳しい使い方などはすでに多くの記事でまとめられていますので、ここでは大きな特徴をざっくりといきましょう!

 

・招待制、会員制SNS
・音声でのみ発信ができる
・発信者はroomを作る(トピックも決められる)
・roomは非公開、限定公開、公開で選べる
・roomにはモデレーター(進行役)がいる
・モデレーターから許可されれば飛び入りでもスピーカーになれる

 

国内外のタレントさんや人気Youtuberなど、著名人も数多く参加。チャンスがあれば好きなタレントとも話せるのがClubhouseなんですね。

さて、今回注目するのは英会話系のroomです。TwitterやInstagram同様、Clubhouseも世界中に利用者がいます。声での発信となれば、語学系のトピックが多く建つのも不思議ではありませんよね。

Clubhouseで話された内容の公表は禁止されているため、お伝えできない部分もありますが…。

 

英会話カフェや留学先の語学学校のような雰囲気になっているroomも多いのがおすすめできるポイント!

 

「話すのはちょっと緊張するなぁ…。」と思う方もいるかもしれませんが、聞き専でも大丈夫です。

もちろんどんどん発言すれば英語力が鍛えられるのは言うまでもありませんし、機会がある方はまず覗いてみちゃいましょう!

 

英会話系roomに入ってみた!

 

ここからは、実際に私がClubhouseの英会話系roomに入ってみた感想をお伝えしますね。「どんどん発言すれば英語力が鍛えられる。」と言いましたが、私も最初は緊張でまったく発言出来ませんでした…(笑)。

まず、Clubhouseに入会して最初の数日はいろいろなroomに入り、スピーカーにはならずただ聞いていました。じっと聞き続けて分かったのは、本当にさまざまな人がいるということ!英語のレベルはもちろんですが、人種も幅広くいろんな国から参加している人がいるんですね。

アジア、欧米、ヨーロッパ…これだけ幅広い国の人と交流できるのって、留学以外ではあり得なかったのではないでしょうか?特に日本は地方に行くほど外国の方と交流する機会も減りますよね。あったとしても英会話講師など、教える立場にいる人でしょう。

 

Clubhouseというプラットフォームが出来た今、日本にいながら世界中の英語学習者とつながれるようになったんですね。

 

これは日本の英語を学ぶ環境において、かなり大きな変化だと感じます。これまでもWEB上でのランゲージエクスチェンジなどはありましたが、利用しているのは限られた人たちでした。

Clubhouseは無料で利用できるため参加者も気軽で、さらに複数人での交流が叶います。それが大きな違いですね。「これは上手く活用すれば英語の上達にかなり役立つなぁ。」と感じました。しかし、そう感じながらも、「いざ発言しよう!」と思うと緊張してなかなか踏み出せません…。(笑)

知らない人たちと声だけでやり取りするハードルの高さに加え、自分の英語が世界に発信されるなんて…!今日こそ発言しようしようと思っている内に、あっという間に数日過ぎていました。(笑)

 

ようやく発言すると決めてからも、自己紹介を一生懸命練習しました。20年近く英語をやってきてそれなりに自信もあって、今さら自己紹介を練習するとは…。

とにもかくにも、入会して一週間ほどしてようやく、Clubhouseで発言デビューへと至りました!ほんの30秒程度の自己紹介でしたが、ドッキドキ。

しかし、やってみると意外と大した事ないと思えましたし、当たり前ですが聞いているだけよりもずっと楽しさを感じました。改めて、英語はいろんな場に飛び込んでみることが重要だな~と実感しましたね。

 

Clubhouseで英語を上達させるコツ

 

実際にClubhouseの英会話系roomで発言し、なんとなくですが「Clubhouseで英語を上達させるコツ」が見えて来た気がしますので、シェアしますね。

 

・初級者は日本人メインや日本語ありのroomに入る
・中級になったら多国籍roomに入る
・最初の5分は聞くだけ!様子を伺う
・他の人の英語をきちんと聞く
・伝えたいことはまとめてから発言する

 

日本人メイン、もしくは日本語・英語のエクスチェンジをしているroomなら、初級者さんでも理解しやすく、スムーズに入っていけるでしょう。多国籍なroomは比較的英語レベルが高いため、中級レベル以上におすすめ。

実際にスピーカーとして発言するなら、roomに入って最初の5分程度は「どんな話題で進んでいるのか?」をつかみましょう。新しく入室した人たちの自己紹介タイムなら、初発言のタイミングとしてはベスト!タイミングを逃さず発言してみるといいですよ。

さらにこれは日本語でも同じことですが、他の人の発言はしっかり聞きましょう。内容の把握だけではなく、「どのような英語表現が使われているのか?」をチェックしてみてください。「こういう言い回しがあったか!」、「これはこう伝えればシンプルだな。」など、たくさんの気付きがあるはずです。

 

また、自己紹介以外で特定のトピックについて話し合っている時には、自分の考えをまとめてから発言してみることをおすすめします。

 

普通、日常会話ではいちいち考えをまとめている時間はありませんよね?しかし、Clubhouseならそれが出来るんです。

スピーカーをオフにした状態で、伝えたい内容をまとめたり、単語を調べたり、その後に発言すれば自信を持てるのではないでしょうか?

焦る必要はありませんので、あなたのペースで英会話交流を楽しめるプラットフォームですよ!

 

【まとめ】 今すぐ始めて場慣れしていこう!

 

Clubhouseはまだ流行し始めたばかり。会話に参加するには場慣れも必要になるので、躊躇せずに積極的にチャレンジして行きましょう!

「こう使うのが正解!」なんてありませんし、これからどんどん新たな活用方法が出てくるでしょう。

今回、私がお伝えした体験談はあくまでも参考程度に、あなたが楽しめる方法で英会話練習の場として使ってみてくださいね!

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(1件)/全投票数(1件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求